日比谷平左衛門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日比谷平佐衛門

日比谷 平左衛門(ひびや へいざえもん、弘化5年2月21日1848年3月25日) - 大正10年(1921年1月9日)は、明治期の紡績実業家。東京富士瓦斯紡績日清紡績など紡績業に深く関わり、東京商業会議所副会頭を務めた。

経歴[編集]

越後国蒲原郡三条町の旅宿営業者・大島栄造の3男として生まれる。万延元年(1860年)より江戸日本橋堀留の綿糸棉花問屋松本屋斎藤弥助のもとで奉公し、のち日比谷家の養子となる。明治11年(1878年)に独立して浅草区茅町に綿糸染糸店を開くが、松本屋廃業によりそれを受け継ぎ、事務所を堀留に移して 綿糸・綿花を扱う卸商・日比谷商店を設立[1]福沢諭吉慶應義塾)に学び、絹糸業を営む一方、紡績の将来性に着目し東京富士瓦斯紡績を設立し専務取締役。明治34年(1901年)頃、森村市左衛門の懇意により、武藤山治和田豊治佐久間福太郎と共に、日清紡績鐘淵紡績の設立に関わり、「日本紡績界の巨人」といわれるようになった。大正8年(1920年)には埼玉県の所沢銀行を買収して日比谷銀行(その後野村銀行に買収され、現在はりそなホールディングス)と改称、綿業相手の金融を手がけると共に中国にも支店を持った。その他にも第一生命保険九州水力電気などの設立・経営に携わる。また、大正5年(1916年)に慶應義塾大学の医学科振興のため寄附を行い、学事の振興にもつとめた。

脚注[編集]

  1. ^ 『会員追悼録』p30日本工業倶楽部, 1925

参考文献[編集]

関連人物[編集]