藤野善蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
藤野善蔵

藤野 善蔵(ふじの ぜんぞう、1846年弘化3年) - 1885年明治18年))は、日本武士越後長岡藩士)、教育者慶應義塾塾長を歴任した。

略歴[編集]

越後長岡藩上級藩士(100石)出身で小林虎三郎河井継之助の弟子である。明治維新前に江戸に出て、箕作塾及び開成所に学び、のち福沢諭吉を慕って1869年(明治2年)5月19日に、慶應義塾に入学。1873年 - 1874年(明治6 - 7年)頃に塾長を務めた(1876年(明治9年)に東京師範学校に迎えられたころまで在任していたとみられる)。東京師範学校中学師範科(後の東京高等師範学校東京教育大学、現在の筑波大学)にて教鞭をとり、三菱商業学校の校長になったこともある。

郷里である長岡藩の教育新興に勤め、三島億二郎の提案で「ランプの会[1]」の集まりに参加し、長岡洋学校を主催する[2]

脚注[編集]

関連項目[編集]