小幡甚三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小幡 甚三郎(おばた じんざぶろう、弘化2年12月5日1846年1月2日) - 明治6年(1873年1月29日)は、幕末・明治初期の教育者、中津藩士。兄は小幡篤次郎

経歴[編集]

中津藩の家臣団である上級藩士の小幡氏。小幡篤蔵の3男として豊前国に生まれ、藩校・進脩館で兄と共に塾頭並をつとめる。

文久4年(1864年)に江戸より帰国した福澤諭吉に伴って江戸へ出て、鉄砲洲中津藩邸にあった慶應義塾蘭学を学び、非凡の才を認められて、開成所教授手伝並出役となる。明治4年(1871年)芝新銭座から三田に移転するにともなって、慶應義塾の教授法の整備、会計事務などに尽力した。

明治3年(1870年)に文部省に入り『西洋学校軌範』を記して、明治政府が明治5年(1872年)に学制を整備するにあたってこの学校制度案が採用された。次いで藩主・奥平昌邁に随行して米国に渡ったが、急病で客死した。

著書[編集]

  • 『英国軍艦刑法』
  • 『西洋学校軌範』
  • 『洋兵明艦』
  • 『新砲操練』

参考文献[編集]

  • 日蘭学会 『洋学史事典』 雄松堂〈叢書〉、1984年