森下岩楠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

森下 岩楠(もりした いわくす、1852年2月19日嘉永5年1月30日) - 1917年大正6年)3月28日)は、明治期の官僚、教育者、実業家、ジャーナリスト。

経歴[編集]

灯籠.jpg

紀伊国(現・和歌山県)生まれ。1870年(明治3年)慶應義塾を卒業後、三菱商業学校を創立。

大蔵省書記官となるが、明治十四年の政変で辞職。時事新報に入社。北海道庁の後援で帝国水産中村道太の米国会社、帝国生命保険に勤める。1896年(明治29年)、東京興信所の所長に就任。

参考文献[編集]