藤原銀次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
藤原 銀次郎
ふじわら ぎんじろう/ふじはら ぎんじろう
FUJIWARA Ginjiro.jpg
生年月日 1869年7月25日
明治2年6月17日
出生地 日本の旗 日本 信濃国水内郡
没年月日 (1960-03-17) 1960年3月17日(90歳没)
出身校 慶應義塾正科卒業
前職 王子製紙社長
産業設備営団総裁
所属政党 研究会 (貴族院)
称号 正三位
勲一等旭日大綬章

日本の旗 貴族院議員
選挙区 貴族院勅選議員
在任期間 1929年2月19日 - 1946年4月1日[1]

日本の旗 第19代商工大臣
内閣 米内内閣
在任期間 1940年1月16日 - 1940年7月22日

内閣 東條内閣
在任期間 1943年11月17日 - 1944年7月22日

日本の旗 第2代軍需大臣
内閣 小磯内閣
在任期間 1944年7月22日 - 1944年12月19日

在任期間 1943年10月18日 - 1944年10月28日

その他の職歴
日本の旗 海軍軍政顧問
(1942年 - )
テンプレートを表示

藤原 銀次郎(ふじわら ぎんじろう/ふじはら ぎんじろう[2]明治2年6月17日1869年7月25日〉 - 昭和35年〈1960年3月17日)は、日本実業家政治家東京府平民[3]。戦前の三井財閥の中心人物の一人で、富岡製糸場支配人から王子製紙(初代)社長を務め「製紙王」といわれた。その後貴族院議員に勅選された。米内内閣商工大臣東條内閣国務大臣小磯内閣軍需大臣を歴任した。

経歴[編集]

明治2年6月17日(1869年7月25日)、信濃国水内郡平柴村[4]に藤原茂兵衛の三男として生まれる。父茂兵衛は農業のかたわら、問屋を営み村一番の財産家といわれた。

16歳のとき医者になることを条件に上京したが、医学の道には進まず慶應義塾に入る。慶應義塾正科卒業後、先輩の紹介で、松江日報に入社、主筆となる。

松江新報が経営不振に陥り解散寸前となったため、藤原は申し出て会社を引き受け社長兼主筆となるが、新聞用紙の調達に苦心し、結局経営に行き詰まり新聞記者を辞めて帰京した。

1895年(明治28年)、同郷で慶應義塾の先輩に当たる鈴木梅四郎に勧められて三井銀行に入社する。同期には後に蔵相となる池田成彬がいる。大津支店を皮切りに、東京深川出張所長となり営業成績を上げる。1897年(明治30年)、三井が経営する富岡製糸場支配人となる。支配人としては、工員の賃金を出来高払い制にして工員間の不満解消に努めた。

1898年(明治31年)、王子製紙で経営陣の対立からストライキが起こると、臨時支配人に就任。富士製紙から熟練工を引き抜きや古参社員の重視などでストライキを収めた。1899年(明治32年)、三井物産に移り同社の上海支店次長、同支店長、木材部長などを務める。1911年(明治44年)、王子製紙専務に就任する。当時の王子製紙は経営不振で赤字続きであった。藤原は物産時代の部下であった高嶋菊次郎足立正などを登用し、さらに社内の人材発掘に努めた。欧米の機械製造会社と特別契約を結び機械の購入の代替として王子製紙の海外研修生に対する見学・視察を認めさせた。また苫小牧の新工場建設を進めた。この時には三井銀行から資金を一切調達せず、紙問屋に対して王子の実情を訴え、手形決済を早くすることで資金を得、苫小牧工場の増設と60%の増資を実現した。藤原は社員教育にも力を入れ、工場の火災予防を推進した。

1929年(昭和4年)2月19日、貴族院勅選議員に勅任される[5]。1933年(昭和8年)には王子製紙・富士製紙・樺太工業の3社合併を実現させ、資本金1億5000万円、日本国内の市場占有率(シェア)8割以上を持つ巨大製紙企業を出現せしめた。藤原は新生王子製紙の社長に就任し「製紙王」の異名を取るようになる。

1938年(昭和13年)、高嶋菊次郎に社長職を譲り会長となる。同年私財800万円を投じて、人材育成を目指して横浜藤原工業大学を設立した。開校式は藤原の70歳の誕生日にあたる1939年(昭和14年)6月17日だった。 学長は慶應義塾大学の学長も兼ねて小泉信三が就任。1944年(昭和19年)、藤原は規模拡大を求める小泉の申し入れを受けて両大学の合併が決定[6]慶應義塾大学工学部となった。

1940年(昭和15年)、米内光政内閣の商工大臣に就任する。1941年(昭和16年)12月26日、商工省から産業設備営団総裁への就任発令[7]。 1942年(昭和17年)、海軍軍政顧問、内閣顧問を経て、1943年(昭和18年)、東條英機内閣の国務大臣に就任する。1944年(昭和19年)、東條内閣が倒れ小磯國昭内閣が発足すると軍需大臣に転じる。

慶應義塾大学矢上キャンパスにある藤原の銅像

1945年(昭和20年)の終戦後、東條・小磯両内閣で閣僚を務めた経歴から米国戦略爆撃調査団が事情聴取を行った[8]ほか、同年12月2日には、連合国軍最高司令官総司令部が逮捕命令を出した(第三次逮捕者59名中の1人)[9]A級戦犯容疑で巣鴨拘置所に収監されるが、間もなく不起訴となり出所している。

その後、公職追放となり[10]、1951年(昭和26年)に追放解除[11]された後は戦争受刑者世話会理事長として、1956年(昭和31年)7月21日付で法務大臣牧野良三に宛てて巣鴨プリズン処刑台跡地(現:サンシャイン60脇の東池袋中央公園)の永久保存を請願した。

1959年(昭和34年)、数え90歳を記念として藤原科学財団を設立し、同財団に1億円を寄付し藤原賞を設ける[12]

1960年(昭和35年)3月17日、脳軟化症にともなう合併症のため死去。90歳[12]。叙正三位、叙勲一等旭日大綬章

公団芝白金団地

東京府芝区白金今里町(現、東京都港区白金台3丁目12−1)に広大な邸宅を構えていたが、逝去後まもなく住宅公団に一部分が売却され、跡地には1963年に公団芝白金団地が建設され、さらに残りの土地も売却され今日に至る[13]

社会貢献[編集]

戦前の財界には日本全国に篤志家がいたが、藤原はそのうちでも最も代表的な人物として今日でも大学の社会関連の講義や経営者団体などのセミナーなどで紹介されている。藤原工業大学や共立女子大学、地方の大学や官立高等工業学校にも多額の寄付を行っている。森林科学の知見をスウェーデンから学び、森林保護・植林活動の重要性も説いている。

その一方で、生活は極めて質素だったといわれている。

栄典[編集]

家族・親族[編集]

藤原家[編集]

信濃国水内郡平柴村(現在の長野市平柴)、東京市麻布区[3](現東京都港区))
  • 父・茂兵衛
  • 妻・ロク[3](田村哲三叔母[3]
明治7年(1874年)3月生[3] - 没

著作[編集]

図書[編集]

  • 『闘争的組合と協調的組合』藤原銀次郎 述。NDLJP:1915454 
  • 『共同卸賣組合に就て』藤原銀次郎、1922年。NDLJP:  - 1922年(大正11年)9月21日、東京府商工奬勵館に於ける演説概要。
  • 『欧米の製紙界』渡部道太郎、1922年12月15日。NDLJP:970393 
  • 『労働問題帰趣』博文館、1923年。NDLJP:1902844 
  • 『産業上から見た職業指導』藤原銀次郎、1926年1月17日。NDLJP:920559 
  • 『勞働組合法案修正意見』藤原銀次郎 述、藤原銀次郎、1927年。 
  • Zui-ki-tei the cottage of auspicious light. Ginjiro Fujihara. Ginjiro Fujihara. (1935). NDLJP:1901924 
  • 『工業日本精神』(訂18版)日本評論社、1935年。NDLJP:1233096 
  • 『産業日本の進路』今日の問題社、1936年1月30日。NDLJP:1094283 
  • 『事業学・人間学』今日の問題社、1937年。NDLJP:1219964 
    • 『事業学・人間学』(普及版)今日の問題社、1938年。NDLJP:1219963 
  • 『[金融研究会]講演集』 第16編、金融研究会、1940年。NDLJP:1239140 
  • 『実業人の気持』実業之日本社、1940年。NDLJP:1266600 
  • 『忙閑三年』東洋経済新報社、1942年3月23日。NDLJP:1123320 
  • 下田将美 編 『藤原銀次郎回顧八十年』藤原銀次郎 述、大日本雄弁会講談社、1949年。NDLJP:1161195 
  • 石山賢吉 記 編 『思い出の人々』藤原銀次郎 述、ダイヤモンド社、1950年。NDLJP:1161914 
  • 『私の経験と考へ方』高風館、1951年。 
    • 『私の経験と考え方 人をつくる経営法』講談社〈講談社学術文庫〉、1984年7月。ISBN 4-06-158646-7  - 付:藤原銀次郎氏関係主要文献一覧。
  • 『苦楽断片 完成への道』藤原銀次郎 述、高風館、1952年。NDLJP:2935454 
  • 『私の事業観人生観』四季社、1952年。NDLJP:2934744 
  • 『私の処世観』要書房、1954年。NDLJP:2935494 
  • 『福澤先生の言葉』実業之日本社、1955年。NDLJP:2935514 
  • 『徳の人・智の人・勇の人』実業之日本社、1956年。NDLJP:2966339 
  • 寺沢栄一 『仕事のみち暮しのみち』藤原銀次郎 述、実業之日本社、1957年。NDLJP:2935592 
  • 『私のお茶』講談社、1958年。NDLJP:2486467 
  • 商工財務研究会 編 『日本の森林』 第99輯、商工財務研究会〈アルプス・シリーズ〉、1958年5月。 
  • 『世渡り九十年』実業之日本社、1960年。NDLJP:2988272 

共著[編集]

  • 国華倶楽部 編「歐米の禮節と我茶道」 『国華倶楽部講話集』 第2輯、国華倶楽部、1923年、23-40頁。NDLJP:970403 
  • 「労働組合法案に就て」 『近藤記念海事財団講演』 第3輯、近藤記念海事財団、1926年4月30日、11-34頁。NDLJP:984089/11 
  • 『労働組合法案管見』1926年。NDLJP:1908366  - 合綴:「労働組合法制定に関する意見」(藤原銀次郎 述、昭和4、52p)、「外国立法例より観たる労働組合法制」(膳桂之助 述、昭和5、21p)。
  • 日本評論社 編「紙」 『社会経済体系』 第10、日本評論社、1927年。 
  • 日本評論社 編「製紙」 『現代産業叢書』 第2巻 金融保険編、日本評論社、1929年。NDLJP:1716722 
  • 『自由経済か統制経済か 経済主義二大動脈の暴露』藤原銀次郎・町田忠治 論争、大希荘、1935年。NDLJP:1033966 
  • 北岡寿逸 共著 『退職手当積立金法案要綱に関する意見 失業対策調査会小委員会席上における藤原氏の陳述について』社会思想対策調査会、1936年。NDLJP:1092665  - 社会思想対策調査会調査。
  • 横浜貿易協会 編「元亀天正時代の貿易史を顧みて」 『貿易夏季大学講義集』 昭和16年度、横浜貿易協会、1942年8月15日、1-22頁。NDLJP:1142775/7 
  • 『労資問題の将来』末弘厳太郎・藤原銀次郎 対談、大日本雄弁会講談社、1952年。NDLJP:3014746  - 附:「国鉄の再建に就いて」(藤原銀次郎)。
  • 藤原銀次郎 他 『処世の技術50カ条』竜南書房〈生活技術叢書〉、1957年。NDLJP:2935593 
  • 藤原銀次郎 等「トップは語る」 『新ビジネスマン講座』 第4(エリートへの条件)、筑摩書房、1963年。NDLJP:3012889 
  • 岡崎省吾大沢康雄 編「日本の森林」 『アルプス叢林』 第2巻、アルプス、1964年12月。 
  • 中川敬一郎由井常彦 編集・解説 編「藤原銀次郎編」 『財界人思想全集 経営哲学・経営理念 昭和編』 第2、ダイヤモンド社、1970年。 
  • 間宏 編・解説 編「藤原銀次郎編」 『財界人思想全集 財界人の労働観』 第5、ダイヤモンド社、1970年。 
  • 金融経済研究所 編「中小工業の金融に就て」 『金融研究会講演集』 3巻、藤原銀次郎 講述、東洋経済新報社〈金融経済研究所叢書 別冊〉、1973年。  - 複刻版。

編著[編集]

翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第5763号、昭和21年4月2日。
  2. ^ Ginjiro Fujiharaとの記載がある。(Fujihara 1935)
  3. ^ a b c d e 『人事興信録 7版』(大正14年)ふ一四
  4. ^ 善光寺寺社領。1876年から安茂里村、現在の長野市平柴
  5. ^ 『貴族院要覧(丙)』昭和21年12月増訂、貴族院事務局、1947年、38頁。
  6. ^ 慶応大学と合併、工学部に 昭和19年10月24日 毎日新聞(東京)『昭和ニュース辞典第8巻 昭和17年/昭和20年』p715 毎日コミュニケーションズ刊 1994年
  7. ^ 総裁に藤原銀次郎(昭和16年12月27日 中外商業)『昭和ニュース辞典第7巻 昭和14年-昭和16年』p226 昭和ニュース事典編纂委員会 毎日コミュニケーションズ刊 1994年
  8. ^ 米戦略爆撃調査団、近衛・木戸らを招致(昭和20年11月22日 朝日新聞)『昭和ニュース辞典第8巻 昭和17年/昭和20年』p340
  9. ^ 梨本宮・平沼・平田ら五十九人に逮捕命令(昭和20年12月4日 毎日新聞(東京))『昭和ニュース辞典第8巻 昭和17年/昭和20年』p341
  10. ^ 『朝日新聞』1946年2月10日一面。
  11. ^ 『朝日新聞』1951年8月7日二面。
  12. ^ a b 藤原(2008)、239頁の著者紹介
  13. ^ 「藤原銀次郎と理工学部」『三田評論』2010年3月号
  14. ^ 『官報』号外、「授爵・叙任及辞令」1928年11月10日。

関連文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代
東條英機
日本の旗 軍需大臣
第2代:1944
次代
吉田茂
先代
伍堂卓雄
日本の旗 商工大臣
第20代:1940
次代
小林一三
ビジネス
先代
新設
王子製紙社長
1920年 - 1938年
次代
高嶋菊次郎
先代
三井得右衛門(三井高信)
王子製紙会長
1938年 - 1940年
次代
井上憲一