永岡桂子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗衆議院議員 永岡 桂子
生年月日 1953年12月8日(61歳)
出身地 東京都渋谷区
出身校 学習院大学
学位・資格 法学士
世襲 夫・永岡洋治(元衆議院議員)
選出選挙区 比例北関東ブロック茨城7区
当選回数 4回
所属党派 自由民主党麻生派
会館部屋番号 衆議院第1議員会館714号室
ウェブサイト 永岡桂子ホームページ
テンプレートを表示

永岡 桂子(ながおか けいこ、1953年12月8日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(4期)、厚生労働副大臣第2次安倍改造内閣第3次安倍内閣)。夫は自殺した元衆議院議員の永岡洋治

略歴[編集]

東京都渋谷区出身。父は種苗会社社長である。学習院女子中等科学習院女子高等科を経て、1976年3月学習院大学法学部を卒業。1978年1月永岡洋治と結婚。

2005年8月1日郵政国会衆議院本会議郵政法案に賛成票を投じた夫・洋治が自殺したため、夫の跡を継いで、直後の第44回衆議院議員総選挙に、急遽茨城7区から自民党公認で出馬。無所属の元職・中村喜四郎に敗れるも、比例北関東ブロックで復活し、初当選。

2006年9月発足の安倍内閣では、農林水産大臣政務官に就任。2007年の自民党総裁選挙では、麻生太郎を支持[要出典]。その後、麻生派に入会。

2009年第45回衆議院議員総選挙では再び中村に敗れたが、比例復活で2選。

2010年に編成された自由民主党シャドウ・キャビネットでは、消費者食品安全に就任。2011年福島第一原子力発電所事故が発生して、北関東産の野菜に対する風評被害が広がると、自民党本部で東北関東の野菜を食べる会を開催するなど、風評被害を抑えることに努めた[1]2012年第46回衆議院議員総選挙では三たび中村に敗れるも、比例復活で3選。

2014年9月3日第2次安倍改造内閣厚生労働副大臣に就任。同年12月の第47回衆議院議員総選挙では四たび中村に敗れるも、比例復活で4選。

政策[編集]

不祥事[編集]

  • 2008年4月30日、ガソリン国会で国会が混乱する中で、民主党の若手議員の服を破ったなどとして、同年5月2日に民主党から懲罰動議を出された[6]
  • 2009年、第45回衆議院議員総選挙において、選挙運動の報酬として2人に各2万円渡したことが発覚した[7]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “「野菜は安全」とアピール=自民”. 時事通信社. (2011年3月30日). http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2011033000823 2011年3月31日閲覧。 [リンク切れ]
  2. ^ 「<自民党>婚外子や成人の年齢めぐる法改正に保守派猛反発」毎日新聞 2013年11月5日
  3. ^ 「婚外子相続差別は違憲 最高裁大法廷」日本経済新聞 2013年9月4日
  4. ^ a b c 毎日新聞 2012衆院選 候補者アンケート
  5. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年
  6. ^ 国会混乱めぐり与野党双方が懲罰動議提出
  7. ^ しんぶん赤旗、2009年9月16日
  8. ^ 「安倍政権中枢に カジノ議連メンバーずらり」、しんぶん赤旗 2014年9月9日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
小斉平敏文金子恭之
日本の旗 農林水産大臣政務官
福井照と共同

2006年 - 2007年
次代:
谷川弥一澤雄二