大分県立大分上野丘高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大分県立大分上野丘高等学校
Uenogaoka High School Entrance.JPG
入口
過去の名称 大分県立大分第一高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 大分県の旗 大分県
併合学校 大分県立大分中学校
大分県立第一高等女学校
大分県立第二高等女学校
大分県立碩南中学校
校訓 実力と気品とたくましさ
設立年月日 1885年
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 3学期制
高校コード 44112A
所在地 870-0835
大分県大分市上野丘二丁目10番1号
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

大分県立大分上野丘高等学校(おおいたけんりつ おおいたうえのがおかこうとうがっこう)は、大分県大分市上野丘二丁目にある県立高等学校。「上野ヶ丘」と間違えられることがあるが、正式な校名には「ヶ」の字は入らない。通称は「上野」(うえの)、「上高」(うえこう)。

概要[編集]

大分県下で最も長い歴史を持つ高校として知られる。2016年度(平成28年度)大学合格者数(浪人含む)は、国立大学が、九州大学53名、大分大学38名、広島大学23名、大阪大学22名、熊本大学22名、東京大学11名、私立大学が立命館大学30名、福岡大学29名、西南学院大学22名、早稲田大学20名、明治大学17名、慶応大学14名、同志社大学14名であった[1]。九州や西日本の大学の合格者が多いが、首都圏の名門大学にも一定数の合格者を出している。

沿革[編集]

  • 1885年 - 大分県立大分中学校開校。
  • 1900年 - 第一高等女学校開校。
  • 1930年 - 第二高等女学校開校。
  • 1941年 - 碩南中学校開校。
  • 1948年4月1日 - 学制改革により、大分中学校、第一高等女学校、第二高等女学校、碩南中学校の4校を廃止し、新たに大分県立大分第一高等学校を設置。
  • 1951年4月1日 - 高校再編成により、校名を大分県立大分上野丘高等学校と改称。
  • 1973年4月10日 - 大分市内普通科3校による合同選抜(総合選抜)入学開始。
  • 1983年4月1日 - 大分市内普通科4校による合同選抜(総合選抜)入学開始。
  • 1985年10月6日 - 創立100周年記念式典挙行。
  • 1990年4月1日 - 大分市内普通科2校による合同選抜(総合選抜)入学開始。
  • 1995年3月8日 - 第3通学区における単独選抜入試実施。
  • 1995年10月4日 - 創立110周年記念式典挙行。
  • 2005年10月7日 - 創立120周年記念式典挙行。

教育[編集]

教育課程[編集]

2年次では文系、理系にコース分けされている。 3年次では入試科目に応じて、文系では地歴1科目型、2科目型、国・地歴・英3教科重視型の3コースが設置されており、理系では理科2科目型、2次4教科型、理科3科目型の3コースが設置されている。

朝学習[編集]

2006年度(平成18年度)からは「朝学習」が始まり、生徒は7時40分に登校し、7時45分から8時25分の間の40分間授業が行われるようになった。 内容としては、問題演習またはテストが原則となっている。

未履修問題[編集]

2006年(平成18年)10月26日に、必修科目とされている地理と歴史を大学受験のために履修させていないこと(いわゆる未履修問題)が明らかになった。学校側は謝罪し、放課後や冬休みに補習が行われた。

学校行事[編集]

  • 4月 入学式
  • 6月 マリンカルチャー研修(1年)
  • 8月 東大・九大オープンキャンパス(2年)- 希望者のみ参加
  • 9月 丘友祭 - 上野丘の一大行事。文化祭と体育大会を合同で行う。
  • 1月 修学旅行(2年)2017年は北海道
  • 1月 百人一首大会
  • 2月 3年生激励会
  • 3月 卒業式

丘友祭[編集]

毎年9月に3日間をかけて行われる上高の大イベントである。前半2日が文化祭、後半1日が体育大会である。

文化祭[編集]

1、2年生の各クラス、部・同好会がステージ・中庭発表または展示などの出し物をする。ただし、出店などは禁止されている。他に演奏、中庭祭、クラシックコンサート、生徒会企画・展示等が行われる。

平成18・19年度は校舎の耐震補強工事のため、中庭祭は名称・場所を変更して行われた。

体育大会[編集]

一般的な競技が中心である。練習も入退場の練習が2回しか行われない。また、練習が確保できない競技も多い。例年13時頃に終わることも多いが、15時ごろまで行われることもある。

その他の学校行事[編集]

クラスマッチ[編集]

毎学期の期末テスト終了後に開かれるスポーツ大会である。学年別で、丸1日かけて行われる。競技はバスケットボール、サッカー、バレーボール、ソフトボールの4種目になることがほとんどである。

上野の森クリーンアップ大作戦[編集]

上野丘高校周辺の清掃活動を毎年1、2回行っている。

部活動・生徒会[編集]

部活動[編集]

部活動は盛んであり、文化部を中心にさまざまな部門で表彰を受ける生徒が多い。野球部は、1948年(昭和23年)および1949年(昭和24年)のと、1958年(昭和33年)のの3度にわたり甲子園に出場している[2]。また2009年(平成21年)の春に21世紀枠で選出され、60年ぶりのセンバツ出場が決定した。

生徒会[編集]

生徒会は執行部を中心に、生活環境・文化・体育・保健・福祉・広報・図書がある。

また、執行部・専門委員会とは別に、文化祭特別実行会(前期のみ)・体育大会実行委員会(前期のみ)・行事特別実行委員会(後期のみ)・クラスマッチ実行委員会(通年)がある。

服装・所持品[編集]

男子の制服は典型的な学ラン。女子の冬服は白ソックスにセーラー服。夏服は独特の水色をしたセーラー服である。2006年度(平成18年度)からは基本的に服装検査は実施されないこととなったが、学期の初めと終わり、衣替えの時期は実施されている。

施設[編集]

2009年度までは日曜日には通信制の大分県立碩信高等学校の通学日の校舎として使用されていた。そのため、基本的に学校行事は行われなかった。通信制の授業に影響がない範囲で模試が行われることはあったが、教室数の関係から全学年一斉の模試が行われることはなかった。2010年度現在も日曜日には全学年一斉の模試は行われていない。

中庭が美しく、昼休みに各部・同好会によるイベントがよく行われる。ここ数年は、耐震補強工事が進められているため、中庭が使用できないことも多い。なお、各教室には冷暖房が完備されている。

交通[編集]

著名な卒業生[編集]

政治[編集]

経済界[編集]

文化[編集]

アナウンサー[編集]

スポーツ[編集]

学問[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 平成28年度大学入試 卒業生の進路(平成28年3月集計) (PDF) 大分県立大分上野丘高等学校
  2. ^ 第81回センバツ高校野球:21世紀枠候補・大分上野丘、甲子園へ期待膨らむ - 毎日.jp(毎日新聞)、2008年12月24日、同日閲覧
  3. ^ Viento 〜おおいたの風〜 2005 Winter Vol.7
  4. ^ 団塊世代ポータルサイト - 3人目の大分出身日銀総裁・一万田尚登―人材輩出県大分(4) - 平成19年度バックナンバー > 辻野教授の大分学 - 連載コーナー
  5. ^ えとうせいいち公式サイト:プロフィール
  6. ^ 第3回東国東地域町村合併協議会 慣行の取扱い(協定項目第19号) 名誉町村民略歴 姫島村 西村英一
  7. ^ a b 村岡和彦『われら同級生たち―橋本龍太郎から桂三枝まで 有名人21人の意外な人脈と人間群像』(日本文芸社)
  8. ^ プロフィール|あなみ陽一 オフィシャル ホームページへようこそ!
  9. ^ 「【特別寄稿】故郷への思い NHKニュースウォッチ9 田口 五朗 28期」上野丘高校同窓会報2009年
  10. ^ 「7.「トーク&トーク大分・シネマフォーラム Vol.2」の開催(継続)」大分市ホームページ平成20年1月5日
  11. ^ 君から始まる春:第80回記念センバツ 赤瀬川隼さん - 毎日jp(毎日新聞)
  12. ^ こんにちは市長室です 平成19年11月14日(水)石丸謙二郎さんとの対談を収録 大分市
  13. ^ 磯崎建築 第1回目 大分市
  14. ^ OBSアナ_石川正史
  15. ^ 大分上野丘高 九石ドームで大同窓会 大分合同新聞、2008年8月16日
  16. ^ 久留島武彦 ( くるしまたけひこ) おとぎの殿さまおじさん
  17. ^ 林房雄「繭」 / 千年書房・九州の100冊 / 西日本新聞
  18. ^ 画業たどる129点 福田平八郎展始まる 大分合同新聞
  19. ^ ふるさと再発見 吉丸一昌 臼杵市
  20. ^ 加藤恭子アナ|KBC九州朝日放送
  21. ^ 廣瀬智美 与田氏と“バッテリー”…「サンデースポーツ」キャスター抜てき
  22. ^ 葛城 隆雄-ドラゴンズ50音順人名事典-ドラおた
  23. ^ 進路講演会のお知らせ
  24. ^ 東京大学工学系研究科化学生命工学専攻相田研究室
  25. ^ 植木理恵氏交流会 大分県立大分上野丘高等学校、2012年8月29日
  26. ^ 文学部史学科 教授/臼杵 陽 日本女子大学文学部史学科

関連項目[編集]

外部リンク[編集]