田口五朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
たぐち ごろう
田口 五朗
生誕 (1958-01-05) 1958年1月5日(61歳)
日本の旗 日本 大分県
出身校 一橋大学
職業 NHKグローバルメディアサービス取締役

田口 五朗(たぐち ごろう、1958年1月5日 - )は、NHK職員で、科学文化部長、『ニュースウオッチ9』アンカー、編成センター長、NHK福岡放送局長などを歴任。

人物・経歴[編集]

大分県生まれ。大分県立大分上野丘高等学校を経て一橋大学卒業。大学卒業後の1980年4月、NHKに記者として入局。初任地は高知で、その後は長崎本部報道局に勤務した。この間、日航ジャンボ機事故東海村臨界事故といった航空原子力事故関連の取材を行い、『日本の、これから』の立上げにも参加した。

2008年3月31日、報道局科学文化部長の肩書きのままで、肺の病気で療養していた解説委員の柳澤秀夫、その代理を務めていた藤澤秀敏両名の正式な後任として『ニュースウオッチ9』のアンカー(メインコメンテーター)・編集長に就任した。2年間の任期中、北海道洞爺湖サミット2008年アメリカ合衆国大統領選挙の取材・報告を現地から行った。科学文化部長職については番組専念のため期間中他の者に替わり、2010年度改編で大越健介にアンカーを譲った後も、暫く編集長として番組にかかわった。

2010年6月付の幹部職異動で報道の現場を離れ、編成局編成センター長兼NHKグローバルメディアサービス取締役。2012年6月12日付異動でNHK福岡放送局長となり、九州交響楽団副理事長、福岡ケーブルビジョン理事、福岡アジア文化賞委員会委員、福岡県防災会議委員、九州地方整備局九州風景街道推進会議委員等を兼務[1]。2015年報道局付、NHKグローバルメディアサービス取締役・企画事業担当[2]

趣味は、山歩きゴルフオートバイ

出演番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 九響の概要九州交響楽団
  2. ^ [1]

外部リンク[編集]

先代:
藤澤秀敏
ニュースウオッチ9
3代目男性メインキャスター
田口五朗
2008年3月 - 2010年3月
次代:
大越健介