城本勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

城本 勝(しろもと まさる、1957年 - )は、日本ジャーナリスト日本国際放送代表取締役社長。NHK解説委員室解説副委員長やNHK福岡放送局長を歴任。解説委員としての担当分野は政治

人物[編集]

熊本県熊本市出身。熊本県立熊本高等学校を経て一橋大学社会学部を卒業後、1982年NHKに入局し、地元九州・福岡局の記者としてキャリアをスタートさせる。大学及び入局同期に菅康弘がいる[1][2]

東京転勤後は報道局政治部記者として経世会民主党などを担当。広島局選挙担当デスク、本部報道局政治部副部長などを務めた。

2003年から政治担当の解説委員となり、『日曜討論』や『時論・公論』など、解説委員室制作の番組に出演[3]。一時報道局報道主幹となり、2012年に解説委員復帰後は副委員長に就任。日本自治学会常任理事・企画委員長なども務めた[4]

2015年6月の幹部人事で元『ニュースウオッチ9』アンカー・田口五朗(大分県人)の後任として初任地でもある福岡局の局長となった。なお田口とはほぼ同世代である。2018年日本国際放送代表取締役社長[5]

過去の担当番組[編集]

著作[編集]

  • 「道路特定財源問題が揺るがす政治構造と分権改革」,東京市政調査会編『都市問題』2008年6月号

脚注[編集]