ニュースウオッチ9

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ニュースウオッチ9
News Watch 9
ジャンル 帯番組 / 報道番組
放送時間 平日21:00 - 22:00(60分)
放送期間 2006年4月3日 - 現在
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本放送協会(NHK)
出演者 河野憲治
鈴木奈穂子
佐々木彩
斉田季実治気象予報士
ほか
音声 2か国語放送
字幕 リアルタイム字幕放送
外部リンク 公式サイト

特記事項:
総合テレビ以外では、NHKワールド・プレミアムでもノンスクランブルで放送されている。
テンプレートを表示

ニュースウオッチ9』(読み:ニュースウォッチナイン、英語:News Watch 9)は、NHK総合テレビジョン月曜日から金曜日の21時台(JST)に生放送されている報道番組。略称は“NW9”。

概要[編集]

NHKニュース10』が2000年3月からスタートしたことに伴い『NHKニュース9』の放送時間はそれまでの30分から15分に縮小しストレートニュースの形式になったがその『ニュース10』が終了することになり、6年ぶりの平日21時台の大型報道番組として2006年4月3日からスタートした。21時台の1時間の報道番組としては、1993年3月で終了した『NHKニュース21』以来13年ぶりとなる。

当初のキャッチコピーは「ただいま、夜9時、ニュースです。」。これは、13年ぶりに1時間枠の報道番組が復活したことと、21時台の帰宅の時間に合わせてニュースを放送する、という意味となっている。

なお、2006年3月までNHKワールドTVNHK衛星第1テレビジョンで放送されていた『NHK NEWSWATCH』とは全くの別番組である。また、かつてテレビ東京TXN系列で放送されていた『ニュースウォッチ』との関係も当然ながら全くない。

番組開始にあたり、『ニュース10』の流れを引き継いで次の4つを重点に置き、その日一日の日本世界で起こった様々な出来事を的確に伝えていく事を目指している。

  1. 視聴者が納得できるニュース
  2. 本音で伝えていくニュース
  3. 国際的視野のあるニュース
  4. キャンペーンニュース

リアルタイム字幕放送を実施している。また副音声では、『NHKニュース7』と同様に英語同時通訳による2か国語放送も実施している(地上デジタル放送、NHKワールド・プレミアムともモノラル二重音声)。

海外向けのNHKワールドでも同時放送されているが、2006 FIFAワールドカップ期間中は放送権の都合により競技映像の放送が禁じられているためこの部分をカットした上で日本国内より2時間遅れでの放送となっていた(2010年の大会期間中は日本が出場する試合の当日と翌日のみ1時間遅れの時差放送となるほかは通常通り国内同時放送となる)。また、2008年の北京オリンピック期間中は国内放送・国際放送を問わず番組自体そのものが休止された。

2012年ロンドンオリンピック期間中は8月9日のみ休止するほかは通常通りの時間で放送(NHKワールド・プレミアムでは22:00-22:30の時差放送)されるが、7月31日、8月1日・3日・6日は総合テレビでは21:45に短縮(NHKワールド・プレミアムでは22:00-22:25に時差放送)され、8月7日は20:50に開始時刻を繰り上げ、2006年4月の番組開始以来初めての開始時刻繰上げとなった。NHKワールド・プレミアムの時差放送向け独自のオープニングでは上空から撮影した東京スカイツリーの夜景の映像が使用された。

NHKワールドTVは完全英語放送化による大規模な番組改編により2009年1月30日で放送を打ち切り、NHKワールド・プレミアムで引き続きノンスクランブル放送されている。

2008年4月改編でキャスターの変更、および番組のキャッチコピーが「よる9時の本音。」に変更された。その後、2010年度の改編・キャスター変更時には「あすに、つながる。」というキャッチコピーに、さらに2011年5月23日からは、大幅な番組リニューアル・タイトルロゴの変更とともに、キャッチコピーも「そのニュース、核心はどこだ。」に変更された。

2010年7月5日以後NTSC(アナログ放送、NHKワールド・プレミアム)もレターボックス16:9での生放送となる(7月2日までは4:3コンバート)。

2011年度、キャスターほぼ一新に合わせ番組開始以来初のロゴ変更とキャッチコピー変更、そしてスタジオセットのリニューアルを実施する予定だったが、東北地方太平洋沖地震東日本大震災)により3月12日から暫く土曜も放送を行ったことなどもあり、リニューアルは2ヶ月以上先送りの5月23日月曜日からとなった。

NHKのテレビ放送におけるワイドニュース番組では唯一、平日・祝日制度を採用していないため年末年始以外は平日と重なる祝日であっても通常通り放送されている。

表記と発音[編集]

タイトルロゴは幾度か変更しているがいずれも表記は英文であり、番組内および本番組の公式サイトではタイトルロゴを使用している。カタカナ表記はNHK公式サイト内の番組表や新聞・テレビ雑誌のラテ欄などで用いられる。

NHKは“Watch”のカナ転写を「ウッチ」としているが[1]、出演者たちは常に「ウォッチ」と発音しており、企業のキヤノンキユーピーのように表記と実際の読み方が一致しないが、「ウオ〔uo〕」と「ウォ〔wo〕」は明確に異なる発音である。

原稿持込禁止の番組[編集]

以前からニュース番組は勿論のことトーク番組にさえ朗読的な原稿が準備されていたNHKではあるが、本番組においては初期に「スタジオ内に原稿を持ち込むことは禁止する」というルールを設けた(新たにニュースが入った場合などある程度の原稿は持ち込むことはある)。これはキャスターは当然のこと、記者でさえ原稿を持ち込みを禁じた。プロンプター(原稿をカメラ内部から映し出すことができる装置)を使用せず、自然な言葉でライブ感ある番組を作ることが狙いであった。レギュラーコメンテーターを置いていない番組構成である。

スポーツコーナーではプロンプターを使用しているが、NHKアナウンサーにとって原稿の用意がなくフリートークもしくは自分の表現で伝えることは特に報道の場合、抵抗感があるといわれている。このことは番組blog内の日記からも見て取れる。ナレーターも、初見の原稿を読むことも少なくない。そのため報道番組で実績のあるベテランアナウンサー・福井慎二が起用された(プロデューサー・石井談)。

視聴率[編集]

開始当初から2008年度までは平均12%と安定していた。

しかし、2009年度以降になり、10%台を切る日が多く、特に、2009年9月23日の視聴率は6.9%、2009年10月1日の視聴率は7.4%に落ち込んだ。さらに、2009年12月21日の週、2010年3月22日の週、そして2010年11月8日からの2週間に放送された当番組の視聴率は全て10%を下回ってしまった。また、2010年3月16日と2010年5月5日の視聴率はそれぞれ6.3%と7.4%に落ち込んだ。

番組キャッチコピー[編集]

  • 2006年4月3日 - 2008年3月28日:「ただいま、夜9時、ニュースです。」
  • 2008年3月31日 - 2010年3月26日:「よる9時の本音。」
  • 2010年3月29日 - 2011年5月20日:「あすに、つながる。」
  • 2011年5月23日 - 2016年3月25日:「そのニュース、核心はどこだ。」
  • 2016年3月28日 - 現在 :「きょうがわかる、明日が見える。」

出演者[編集]

現在の出演者[編集]

出演者 年度 担当 備考
河野憲治 2015 - 現在 メインキャスター 報道局政治部記者
鈴木奈穂子 2015 - 現在 メインキャスター  
佐々木彩 2015 - 現在 スポーツ  
2013 - 2014 フィールドリポーター  
斉田季実治 2016 - 現在 気象情報 気象予報士
伊藤海彦 2016 - 現在 フィールドリポーター[2]  
三條雅幸 2015 - 現在  
田中泉 2015 - 現在  
肩書き(職業)が記されていない者はNHKアナウンサー
ナレーション
  • 小見誠広(2016年3月28日より)
  • 岩井理江(フリーアナウンサー)
  • 墨屋那津子(2016年3月28日より、フリーアナウンサー 元NHKアナウンサー)
  • 八塚浩(同上、スポーツ[3]
  • 竹下良則(同上、スポーツ)
ニュースリーダー
その他
  • 豊崎愛生(声優) - 気象情報で「春ちゃん」の声を担当。
※なお、台風や大雨など大荒れの天気となった日、翌日に荒天が予想される際には出演しない場合がある。
各ポジションの役割
ポジション 役割
男性メインキャスター 主に解説担当。大越はニュース原稿の本文も読んだ。中継による取材報告の場合は概ね最初に放送される。また、記者との掛け合いも行う。
女性メインキャスター ニュース原稿を読み、番組の進行を行う。
スポーツキャスター 女性キャスターが不在の時はその代理を務めることがある。その場合スポーツニュース担当は代役を置く。2009年度までは単独での進行だったが、2010年度からキャスター2人を交えた3人でスポーツニュースを伝える体裁。
気象キャスター 気象予報士が務める。
リポーター ほとんどがVTRのみの出演。ごくまれにスタジオで報告を行うこともある。女性リポーターは、女性キャスターが不在の時はスポーツキャスター同様その代理を務めることがある。
ナレーター 顔は出さない。スポーツ担当者は、スポーツ以外の一般ニュースでもナレーションを務めることが時折ある。
ニュースリーダー 前述のナレーターとは異なり、気象情報の前のフラッシュニュースの影読みを担当。2016年度は顔出し出演。

2017年度の出演者[編集]

メインキャスター

※いずれも『ニュースチェック11』からの異動。

スポーツキャスター

リポーター

過去の出演者[編集]

肩書き(職業)が記されていない者は、出演当時の者を含めて全員NHKアナウンサー。

期間 メインキャスター スポーツ 気象 フィールドリポーター
男性 女性 男性 女性
2006.4.3 2007.10.31 栁澤秀夫 伊東敏恵 青山祐子 平井信行 堀潤 安部みちこ
2007.11.1 2007.11.16 (不在)
2007.11.19 2008.3.28 藤澤秀敏
2008.3.31 2009.3.27 田口五朗 青山祐子 一柳亜矢子 荒木美和
2009.3.30 2010.3.26 高井正智 堀潤 田代杏子
2010.3.29 2011.4.1 大越健介 小澤康喬
2011.4.4 2012.3.30 井上あさひ 廣瀬智美 井田寛子 松村正代
2012.4.2 2013.3.29 井上裕貴
2013.4.1 2014.3.28 松田利仁亜 佐々木彩
2014.3.31 2015.3.27 児林大介
2015.3.30 2016.3.25 河野憲治 鈴木奈穂子 佐々木彩 三條雅幸 田中泉
2016.3.28 2017.03.31 斉田季実治 伊藤海彦
2017.4.3 予定 有馬嘉男 桑子真帆 一橋忠之 栗原望 保里小百合
※栁澤・藤澤はNHK解説委員、田口・大越はNHK報道記者、気象キャスターは全員気象予報士。
※栁澤は肺癌により降板・療養。栁澤降板から藤澤就任までは、伊東が単独で進行もしくは報道局各部の部長が週替わりで代理を務めた。
※安部・荒木両名については「フィールドリポーター」としての位置づけがなされており、基本的にスタジオ出演はせず。田代以降内容によりスタジオ出演の機会も増えた。
※夏季休暇などで上記担当者が出演できない場合はほかの出演者が代理で担当、もしくは地方局のアナウンサーがリリーフ出演。
※2011年4月からの女性出演者のうち、井上・廣瀬・松村、さらに2015年4月からメインキャスターの鈴木は2004年入局の同期アナウンサーでもある。
※平井は『首都圏ネットワーク』内の気象情報(18:52)を兼務。
ナレーション
  • 福井慎二(2006.4.3 - 2008.6.13<1度目> 2011.6.27 - 2016.3.25<2度目>)
    • ニュースリーダーも兼任
  • 和田源二(2008.6.16 - 2011.6.24)
  • 阪田陽子(2009.3.30 - 2016.3.25)
ニュースリーダー
※2006年度は午前1時からの放送日付上の最終版ニュースを担当する宿直アナ(原則男性)が担当。
※野村から藤井まで『きょうのニュース&スポーツ』を兼務。
※出山・坂本は22:50 - 22:55の関東甲信越ローカルニュースを兼務(2012年度以降は金曜を除いて福井が担当)。
※出山は『NHKニュース(午前0時)』、坂本は『NHKニュース24』、真下から小見まで『NEWS WEB』、森田は『ニュースチェック11』を兼務。

演出[編集]

番組のオープニング・エンディング[編集]

開始当初は様々な人間の「目」を映し出したあとタイトルコールがされる専用のオープニング映像とオープニングテーマ曲(10秒)が存在したが、わずか2か月ほど(2006年6月上旬まで)で廃止された。2011年5月20日までは、21時になるとすぐトップニュースのVTRが流れはじめ、タイトルロゴは画面の右下に表記されるだけが基本スタイルであった。[5]
2011年5月23日からは、画面中央にタイトルロゴが表示され、2012年3月30日までは常時タイトルロゴが画面左下に表示されていたが、2015年3月30日から新たなオープニング映像とオープニングテーマ曲が復活した。重要なニュースがある場合は省略される。

田口・青山体制になってからは、当日の放送で初めてスタジオ映像に切り替わったときに2人が声を合わせて挨拶(「こんばんは」)することも基本スタイルとなっている(重要性の高いニュースがある場合は21:00の開始後、そのまま挨拶に入ることがある)。また挨拶後、田口がVTRで伝えたニュースについて(内容に改めて触れることなく、すぐに)コメントをはじめることも基本スタイルになっている。

エンディングは各地の映像で終了することが基本スタイルで、専用のBGMが流れる。NHKの番組(地上波放送)ではエンディングに「制作著作 NHK」のクレジットが表記されることが慣例であるが、この番組では2015年3月27日まで表記されていなかった[6]。一方で2008年度放送分からは番組ウェブサイトURIが表示されている(同様の例は『ゆうどきネットワーク』にもある。こちらは「終」でなく、「SEE YOU」と表示される)。

2010年度からはエンディングトークの最中に番組ウェブサイトURIが表示され、最後はその日のニュース映像を流し、最後に「そのニュース、核心はどこだ。News Watch 9 終」[7](2010年度は「あすに、つながる。 News Watch 9 終」)という表記で終了していた。2015年度は上述の通り「NW9 終 制作著作 NHK」と表記が変わった(この時、出演者が「明日が良い一日になりますように」、年内最後は「来年が良い一年になりますように」と一言述べるのが基本スタイルとなっている)。

2016年度からは本番組の後に「クローズアップ現代+」が開始することに伴いエンディングが簡潔になると同時に、月曜から木曜に関しては再び「NW9 終 製作著作 NHK」が表示されなくなった(金曜はこれまで通り表示。左上に番組のロゴとTwitterアカウント、右上にこの後の「クローズアップ現代+」の予告(月曜 - 木曜)、画面下部にマーケット情報が表示される)。

なお、効果音(ジングル)は基本的に次の場合のみに流される。

  • 「このあとは」 - 1~数項目のニュースを伝えた後、この後伝えるニュースの項目を表示する(場面転換)とき
  • スポーツニュースのオープニング
  • フラッシュニュースの冒頭
  • 天気予報のBGM - 全国の予報を伝えるときにBGMが流れる
  • エンディング

タイトルロゴ[編集]

BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。
初代:2006年4月3日 - 2011年5月20日
  • 左側に「News」「Watch」、右側にの「9」。
  • 「9」は赤・■黒・灰色で書かれた物が重なった手書き風のデザインとなっている。
2代目:2011年5月23日 - 2015年3月27日
  • すべてゴシック体で「news」「Watch」「9」。
  • 「9」(白)は丸みを帯びた正方形に収められており、配色は左側と「9」の空白部分は濃いオレンジ、右側は■黒である。
  • ロゴ左端には濃いオレンジ色をした丸みを帯びた長方形が付く。
  • 長方形と正方形右側の下半分、正方形左側の上半分には幾つかの薄い円が描かれている。
  • リニューアルと同時に、2012年3月30日までは、タイトルロゴが映像の左隅下に常時入るようになっていた(デザインは若干異なっていた)。
3代目:2015年3月30日 - 現在

スタジオセット[編集]

  • 初代:2006年4月3日 - 2007年3月30日
NC-AフロアおよびNC-Bフロア間を仕切る形で壁や柱を設置され明るめなセット。柱の電飾はランダムで変色していた。3代目までスポーツキャスターは立って伝えていた。
  • 2代目:2007年4月2日 - 2008年3月28日
先代のセットを一部改装。柱の電飾が白、壁はオレンジに変更。初代に比べて若干暗めになった。
  • 3代目:2008年3月31日 - 2010年3月26日
スタジオの広さを最大限に生かしたセットに大規模改装。『おはよう日本』のスタジオセットや同番組5時台のキャスターテーブルもセットの一部として使われた。田口→大越・青山のキャスター席後方にタイトルロゴのCG映像が映し出される。2代目に比べて暗めである。また、気象情報のモニター画面の左右の壁は、この2年間で3回、改装を行っていた。
  • 4代目:2010年3月29日 - 2011年5月20日
先代のセットを一部改築。3代目よりも若干明るくなった。これ以降、スポーツキャスターはキャスター席から伝えるようになった。また、初代から4代目までのスタジオセットとキャスター席は『サンデースポーツ』と共用していた(2008年度除く)。
  • 5代目:2011年5月23日 - 2013年3月29日
大規模改装。大越・井上のキャスター席後方(400インチの大型モニター前)にロゴマークの「9」を模したアナログ時計付きの木のセット(祝日の放送日は、この場所に華道家の前野博紀氏による花が代わりに設置される)や「news Watch 9」のロゴマークが書かれた柱のセットが設置されており、かつての『ニュースセンター9時』のスタジオセットを彷彿とさせている。また、キャスター席は『おはよう日本』、『お元気ですか日本列島』、『サタデースポーツ』、『サンデースポーツ』と共用している。
  • 6代目:2013年4月1日 - 2014年3月28日
スタジオの位置は初代と同じで白壁と白壁の中央にオレンジの太い「9」の横線入っており明るく、コンパクトなセットになった。5代目のスタジオセットが大幅にリニューアル、壁モニターの追加により4代目までセットされていたフロア間を仕切る形式は廃止となった。また、スタジオは『NEWS WEB』と共用している。
  • 7代目:2014年3月31日 - 2015年3月27日
先代のセットを一部改装。オレンジ色だった「9」は白になり、灯りの「9」のみオレンジ色になり、白色とオレンジ色のクリアが特徴なセット。6代目よりやや明るめである。
  • 8代目:2015年3月30日 - 2016年3月25日
黄色と白、紫色を多用したセット。
  • 9代目:2016年3月28日 -
赤を多用したセット。大型のモニターが新設され、一部のニュースなどはこの大型モニターを使用している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2011年5月20日まで、この番組の前座のローカルニュースの最後に出るテロップでは「つづいてニュースウォッチ9」と表記していた(後にラテン文字表記になった)。
  2. ^ 夏季休暇などで不在の場合は、各地方局のアナウンサーが上京して代行する。
  3. ^ スポーツコーナーのナレーションは、プロ野球速報では2名が連日担当するが、その場合リーグ別(交流戦期間中は3試合づつ)に担当日を入れ替える。2011年度まではその後の最終版ニュースのスポーツコーナー(週前半・月-水は八塚、後半・木-金は竹下)でもナレーションをしていた。
  4. ^ a b “NHK桑子アナ「ニュース9」武田アナは「クロ現」”. 日刊スポーツ. (2017年1月31日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1772306.html 2017年1月31日閲覧。 
  5. ^ 実質上、アバンタイトルとオープニングを兼ねたもので、オープニング映像は「きょうのキャッチV(2010年まで)→ピックアップというタイトルで、HPでも見ることができる。
  6. ^ ただし、ロンドンオリンピック期間中におけるNHKワールド・プレミアムの時差放送では放送センター屋上カメラからとらえた東京都内の夜景映像と画面右下に「終(改行)NHK」と表示するのみのシンプルなものとなった。
  7. ^ 2012年最後の放送(12月28日)では「1年間ありがとうございました よいお年を News Watch 9 終」、2013年最後の放送(12月27日)では「よいお年を News Watch 9 終」、2014年最後の放送(12月26日)では「News Watch 9 終」、2015年最後の放送(12月25日)では「よいお年を NW9 終 制作著作 NHK」、2016年最後の放送(12月28日)では「NW9 終 制作著作 NHK」に変更。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

NHK総合 平日夜の大型ニュース枠
前番組 番組名 次番組
NHKニュース10
※22:00 - 22:55
ニュースウオッチ9
※21:00 - 22:00
-----
NHK総合 平日21:00 - 21:15枠
ニュースウオッチ9
-----
NHK総合 平日21:15 - 21:58枠
月:きよしとこの夜
【木曜22:45枠に移動】
火:プロフェッショナル 仕事の流儀
【木曜22:00枠に移動】
水:その時歴史が動いた
【45分繰り下げて継続】
木:難問解決!ご近所の底力
【月曜22:00枠に移動】
プレミアム10枠)
金:金曜時代劇
ニュースウオッチ9
-----
NHK総合 平日21:58 - 22:00枠
気象情報
【本番組に吸収・内包】
ニュースウオッチ9
-----