NHKグローバルメディアサービス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社NHKグローバルメディアサービス
NHK GLOBAL MEDIA NETWORK Inc.
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 Gメディア
G-Media NHK
本社所在地 150-0047
東京都渋谷区神山町9番2号
設立 1989年(平成元年)9月1日
業種 情報・通信業
法人番号 5011001003977
事業内容 NHKの委託による情報の収集・交換および番組制作など
代表者 代表取締役社長 石田研一
資本金 4億3,500万円
発行済株式総数 6540株(株主数11名)
売上高 212.3億円(2012年度)
営業利益 12.3億円(2012年度)
純利益 8.4億円(2012年度)
純資産 91.0億円(2012年度)
総資産 124.1億円(2012年度)
従業員数 369人(2013年3月31日現在)
決算期 3月末
主要株主 日本放送協会(66.5%)
株式会社NHKエンタープライズ(8.3%)
株式会社NHK出版(5.2%)
株式会社NHKメディアテクノロジー(4.5%)
株式会社みずほコーポレート銀行(3.7%)
みずほ総合研究所株式会社(3.4%)
ほか5社
外部リンク http://www.nhk-g.co.jp/
特記事項:NHK情報ネットワーク日本文字放送の合併により設立
テンプレートを表示

株式会社NHKグローバルメディアサービス(エヌエイチケイグローバルメディアサービス)は、NHK子会社で、主に報道、スポーツ番組のソフト制作などに携わる企業。略称は「Gメディア」[1]や「G-Media NHK」。

概要[編集]

一連の不祥事を受けたNHK改革により、2009年4月1日付で、NHK情報ネットワークを実質的な存続会社として旧日本文字放送と合併し、社名を改めて発足した。

基本的には、合併前の両社が行っていた業務を引き継いでいるが、旧日本文字放送は、テレビ放送の完全デジタル化によりアナログ文字データ放送が終了したため、デジタル放送におけるデータ放送の番組制作業務が合併前の仕事となっていた。

企業体質[編集]

NHK関連会社の多くに出資している。またNHKからの出向者や転籍・嘱託社員が多い。同社の第26期事業報告[2]によると、平成24年度期末時点の正規従業員369人(他団体への出向者7人を除く)中、NHKからの出向者は76人、転籍・嘱託社員は125人であり、正規従業員の平均年齢も48歳2か月となっている。

常勤取締役はNHKの元理事や元幹部が就任しており、非常勤取締役もNHKもしくはグループ企業の現職である。

経営財務状況[編集]

同社の「第26期計算書類」[3]によれば、総資産約124億1千万円のうち約79億9千万円が利益剰余金となっている。利益剰余金は現金及び預金が約47億2千万円、(短期)有価証券が約8億円、投資その他資産が約33億9千万円などの形で保有されている。流動比率(流動資産/流動負債×100)も319%と高く、無借金経営が行われている。

また、資本金4億3千5百万円に対して、2012年に資本金の約129%にあたる約5億5千9百万円が配当に当てられている。

主たる事業[編集]

NHKの資産を生かした有料コンテンツの提供と、番組制作支援業務が主となっている。

コンテンツ提供

  • 携帯電話向けサービス「NHKニュース&スポーツ」「NHKメロディ」「NHK SOUND」などの運営
    • 過去には海外向けテレビ番組配信・在外邦人向けテレビ国際放送「NHKワールド・プレミアム」の運営を行っていたが、2010年4月1日に日本国際放送へ運営が移管された。なお、ホームページは運営移管後も9月30日までG-Media内のサイトのままで残っていた。
  • デジタルサイネージへのNHKニュースの提供
  • 手話ニュースの動画配信
  • DVD・雑誌・書籍の制作
  • NHKネットラジオ らじる★らじるのウェブサイト・アプリの制作

番組制作支援

その他業務

  • 通訳・翻訳
  • スポーツ関連のソフト購入・権利管理、海外向け映像制作・販売、映像コンテンツ制作、映像・情報配信システムの制作

主な制作番組[編集]

基本的にNHK情報ネットワーク制作の番組をそのまま引き継いでいる。主にNHKの衛星放送(BS1BSプレミアム)で放送される番組を制作している。

2009年まではスカパー!スカチャンJ SPORTS)向け中継鹿島アントラーズ主催試合の受託制作を行ったが、民放向けの配信のため、実況はNHKのアナウンサーは使用せず、フリーアナウンサーが出演した。
このほか、NHKスペシャルハイビジョン特集クローズアップ現代の制作にも携わることがある。
番組そのものではないが、それに連動した雑誌「NHK G-Media 大相撲ジャーナル」(2013年6月創刊)の編集を担当している。

アナウンサー[編集]

旧情報ネットワークにNHK本体から出向(所属上はNHK放送センター付)していたアナウンサー(所属するアナウンサーは全員スポーツ番組専門であるが、不定期でテレビ・ラジオのニュースも担当している[4] )は、この会社に出向する形となった。

出向者の氏名についてはNHK放送センター#NHKグローバルメディアサービス出向 を参照。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ NHK年鑑2014『NHK年鑑』を利用される方に (PDF)”. NHK放送文化研究所 (2014年11月14日). 2014年12月15日閲覧。
  2. ^ 第26期事業報告(自 平成24年4月1日 至 平成25年3月31日) (PDF) - 株式会社NHKグローバルメディアサービス
  3. ^ 第26期計算書類(自 平成24年4月1日 至 平成25年3月31日) (PDF) - 株式会社NHKグローバルメディアサービス
  4. ^ 2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震東日本大震災)では所属するアナウンサーの全員が安否情報(避難者名簿の紹介を含む)の担当に充てられた。


外部リンク[編集]