NHKいわき支局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
NHKいわき支局外観

NHKいわき支局(エヌエイチケイいわきしきょく)は、福島県浜通り地域を管轄するNHK福島放送局の支局。

概要[編集]

1941年開局。昭和時代は長らく「平(たいら)放送局」「いわき放送局」であったが、第1次オイルショックを機にアナウンサーが引き揚げられ、1988年7月実施の機構改革により福島局の支局に格下げされた。

支局の組織としては、放送部配下の「いわき報道室」、営業部配下の「いわき営業室」並びに企画総務や技術の担当部署からなる。ただし、営業に関しては福島局直轄ではなく、郡山支局の(郡山)営業室を間に挟む形となっていた[1]が、2016年7月15日に、郡山営業分室の業務が終了し、福島局に業務集約[2]された。空いたスペースを利用して、グループ企業であるNHKカルチャーの常設教室が開設されている。

東日本大震災の余震発生時、報道室が停電となる様子の映像が全国に配信された。

所在地[編集]

チャンネル・周波数[編集]

以下「いわき中継局」のデータ。

テレビ(デジタル)
総合 16ch、教育 13ch
ラジオ
  • 第1放送 1341kHz 1kW(以前は「JOHQ」というコールサインが付与されていた)
  • 第2放送 1539kHz 100W(以前は「JOHZ」というコールサインが付与されていた)
  • FM放送 86.1MHz(小名浜や勿来では夜間混信がありやや聞きづらい)
廃止された局
いずれも廃止(停波)は震災の影響により2012年3月31日23時59分。
  • アナログ総合テレビ 4ch
  • アナログ教育テレビ 10ch

脚注[編集]

  1. ^ いわき市のサイトにおける説明の例
  2. ^ “NHK郡山支局からのお知らせ” (PDF) (プレスリリース), NHK福島放送局・郡山支局, (2016年6月15日), http://www.nhk.or.jp/fukushima/pdf/koriyama-oshirase.pdf 2017年5月5日閲覧。