NHKメディアテクノロジー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社NHK メディア テクノロジー
NHK Media Technology, Inc.
種類 株式会社
略称 NHK-MT
本社所在地 日本の旗 日本
150-0047
東京都渋谷区神山町4番14号 第三共同ビル
設立 1984年10月9日
(NHKテクニカルサービス)※1
業種 情報通信業(放送・情報処理)
法人番号 7011001003975
事業内容
  1. 委託による放送番組の送出・制作に係わる技術業務
  2. 放送番組等の制作技術に係わる研究開発の業務
  3. 制作技術に係わる映像・音声・照明機器、装置および中継車、MAルーム、編集室、映写室の賃貸の業務
  4. 制作技術に係わる映像・音声・照明機器、資材、装置の企画、設計、制作・施工および販売の業務
  5. 情報システムのコンサルティング・企画・設計・開発・運用・保守・教育
  6. 情報システム機器の導入計画・設計・構築・販売
  7. Webアプリケーションの設計・開発・運用
  8. セキュリティおよびネットワークシステムの設計・構築・運用
  9. インターネットアプリケーションサービスの開発・提供
代表者 代表取締役社長 松本睦雄
資本金 3億8,000万円(日本放送協会出資 2億6,698万円)
売上高 355億円(2017年度)
従業員数 1,229名(2018年3月31日現在)
支店舗数 44拠点(各NHK拠点など)
決算期 毎年3月31日
主要株主 日本放送協会 70.54%
NHKエンタープライズ 6.56%
NHKアイテック 4.93%
NHKグローバルメディアサービス 4.08%
関係する人物 上田 良一 (第22代日本放送協会 会長)
外部リンク http://www.nhk-mt.co.jp/
特記事項:データはWebサイトの会社概要第30期事業報告(PDF)による。※1NHKテクニカルサービスとNHKコンピューターサービスが合併し2008年4月1日に「NHKメディアテクノロジー」が発足。
テンプレートを表示

株式会社NHK メディア テクノロジー(エヌエイチケイ メディア テクノロジー)(通称:NHK-MT)は日本放送協会(NHK)の機能子会社で、放送技術を企画開発する技術プロダクション機能と、ユーザー系システムインテグレーター「SIer/SI」としての機能の2面を持つNHKグループの中核技術企業である。

グループ内での役割は「NHKを高度な技術で支え、継続的に番組を制作・送出すること」である。技術分担会社では総合技術会社NHKアイテックと同社NHK‐MTの2社が存在するが、NHKアイテックは送受信技術(放送所や各種放送機材などハードウェアの構築保守)の担当であり、NHKメディアテクノロジーは主に情報システムや番組制作・送出などのソフト・コンテンツ面(後述の業務)を担当している。主要事業は、「委託による放送番組の送出・制作に係わる技術業務」並びに「情報システムのコンサルティング・企画・設計・開発・運用・保守・教育」を主要事業とする[1]企業である。

経営理念[編集]

高度な専門技術力で文化の創造と社会の発展に貢献します

変革[編集]

日本放送協会の技術会社であったNHKテクニカルサービス(1984年設立)とNHKコンピューターサービス(1985年設立)が2008年に統合して発足した。NHKテクニカルサービス(NTS)とNHKコンピューターサービス(NCS)はそれぞれ「番組制作・送出」「放送システムの開発・運用・保守」などを担う機能分担子会社であった。統合の目的は、放送と通信の融合技術である「メディア技術」の開発であった。組織統合の際に、NTSは「放送技術本部」NCSは「情報システム本部」とされ、NTSの支社・事業所は「地域センター」として置かれることとなった。また、目的となっていた「メディア技術」についてはデータ放送やNHK Hybridcast(ハイブリットキャスト)などを開発する「アドバンスドメディアセンター」として部門化されている。なお「アドバンスドメディアセンター」では放送技術と情報システム技術を持った社員が混在しており、新技術の開発やサービス開発に精力を注いでいる。

NHKアイテックと統合について[編集]

2019年4月1日付で、NHK関連団体の技術子会社「NHKアイテック」と統合され、新会社(グループ内唯一の総合技術会社)として生まれ変わることが決定している。主要事業は従来の「放送技術」「情報システム技術」「メディア技術」に追加する形で「送受信技術」も加わる予定。

業務[編集]

高精細コンテンツ4K・8K番組制作業務・番組送出・運行対応・オリンピック国際信号対応のほか、3Dを含む情報システムの設計・開発やメディア変換から、パッケージ製品の販売までを行っている。

担当番組[編集]

2018年度現在

総合[編集]

  • あさイチ
  • イッピン
  • うまいッ!
  • ウワサの保護者会
  • NHK紅白歌合戦
  • NHKスペシャル
  • おやすみ日本 眠いいね!
  • ガッテン!
  • クローズアップ現代+
  • グッと!スポーツ
  • ごごナマ
  • 視点・論点
  • シブヤノオト
  • 旬感☆ゴトーチ!
  • 正月時代劇
  • 世界はほしいモノにあふれてる
  • SONGS
  • 大河ドラマ
  • チコちゃんに叱られる!
  • 鶴瓶の家族に乾杯
  • 所さん!大変ですよ
  • ドキュメント72時間
  • 土曜ドラマ
  • 土曜時代ドラマ
  • ドラマ10
  • どーも、NHK
  • NAOMIの部屋
  • ネーミングバラエティー 日本人のおなまえっ!
  • バラエティー生活笑百科
  • BSコンシェルジュ
  • ファミリーヒストリー
  • LIFE!
  • 連続テレビ小説

Eテレ[編集]

  • あしたも晴れ!人生レシピ
  • Rの法則(2018年4月24日放送終了)
  • いないいないばぁ!
  • ETV特集
  • えいごであそぼ with Orton
  • NHK短歌
  • NHK俳句
  • おかあさんといっしょ
  • オドモTV
  • おはなしのくに
  • 香川照之の昆虫すごいぜ!
  • きょうの健康
  • きょうの料理
  • グレーテルのかまど
  • ゴー!ゴー!キッチン戦隊クックルン
  • サイエンスZERO
  • シャキーン!
  • #ジューダイ
  • すイエんサー
  • すくすく子育て
  • 世界へ発信!SNS英語術
  • 世界の哲学者に人生相談
  • 先人たちの底力 知恵泉
  • 天才てれびくんYOU
  • 日曜美術館
  • 日本の話芸
  • ねほりんぱほりん
  • ハートネットTV
  • ビットワールド
  • 美の壺
  • ららら♪クラシック
  • ろんぶ〜ん
  • わらたまドッカ〜ン
  • その他、各語学番組、教育番組 ほか

BS1[編集]

  • スポーツイノベーション
  • 熱血解剖!Bリーグ
  • ワールドスポーツMLB

BSプレミアム[編集]

  • アナザーストーリーズ 運命の分岐点
  • 英雄たちの選択
  • AKB48 SHOW
  • おとうさんといっしょ
  • きらり!えん旅
  • クラシック倶楽部
  • The Covers
  • ザ少年倶楽部
  • 新・BS日本のうた
  • 世界ふれあい街歩き
  • みんなDEどーもくん!
  • ワイルドライフ

NHKワールド[編集]

  • J-MELO

中継業務[編集]

  • スポーツ中継全般(大相撲、女子オープンゴルフ、プロ野球、競馬、Jリーグ、Vリーグ、Bリーグ ほか)
  • 宝くじ中継
  • おでかけライブ

ラジオ第1[編集]

  • NHKマイあさラジオ
  • A.B.C.-Z 今夜はJ'S倶楽部
  • サンドウィッチマンの天使のつくり笑い
  • 日曜バラエティー
  • ラジオコメディー『シワ・ハウス』
  • ラジオ深夜便
  • ラジオ文芸館

ラジオ第2[編集]

  • 音で訪ねる ニッポン時空旅
  • 古典講読
  • ボキャブライダー
  • 朗読
  • 各講座番組

NHK-FM[編集]

  • アニソン・アカデミー
  • FM能楽堂
  • AKB48の“私たちの物語”
  • 音の風景
  • カブキチューン
  • 今日は一日○○三昧
  • グッチ裕三の日曜ヒルは言舌半分
  • サウンドクリエーターズ・ファイル
  • サカナクション・山口一郎 Night Fishing Radio
  • ベスト オブ クラシック
  • ミュージックライン
  • miwaのミューズノート
  • MISIA 星空のラジオ
  • ゆうがたパラダイス
  • 吉木りさのタミウタ
  • 夜のプレイリスト
  • ラジオマンジャック

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 会社概要|NHKメディアテクノロジー”. NHKメディアテクノロジー. 2014年12月31日閲覧。

外部リンク[編集]