NHK富山放送局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
NHK富山放送局
NHK logo 2020.svg
NHK Toyama01st3200.jpg
NHK富山放送局
所在地 930-8502
総合テレビ
開局日 1958年10月15日
放送対象地域 富山県
コールサイン JOIG-DTV
親局 富山 27ch (キーID 3)
Eテレ
放送対象地域 全国放送
名古屋放送局管轄)
コールサイン JOIC-DTV
親局 富山 24ch (キーID 2)
ラジオ第1
開局日 1935年12月13日
放送対象地域 富山県
コールサイン JOIG
親局 富山 648kHz
ラジオ第2
放送対象地域 全国放送
コールサイン JOIC
親局 富山 1035kHz
FM
放送対象地域 富山県
コールサイン JOIG-FM
親局 81.5MHz
テンプレートを表示

NHK富山放送局(エヌエイチケイとやまほうそうきょく)は、富山県放送対象地域とする日本放送協会(NHK)の地域放送局。テレビとラジオで県域放送を行っている。

放送局データ[編集]

出典 [1]

AMラジオ放送概要[編集]

FMラジオ放送概要[編集]

デジタル放送概要[編集]

NHK総合のリモコンキーID
親局(呉羽)
中継局(総合、教育の順)
総合テレビのリモコンキーIDは原則として「1」であるが、富山県ではアナログ放送の親局が1chの北日本放送に割り当てられたため、NHKにはアナログの親局チャンネルでもある「3」が割り当てられた。

アナログ放送概要[編集]

以下は2011年7月24日の12時で終了した時点のもの。

親局
  • 総合テレビ 3ch JOIG-TV(富山局)
  • 教育テレビ 10ch JOIC-TV(富山局)
中継局

歴史[編集]

支局[編集]

お天気カメラ設置ポイント[編集]

主な制作番組[編集]

現在[編集]

総合テレビ
  • おはよう富山(平日 6:55 - 7:00、7:45 - 8:00)
  • ニュース富山人(平日 18:10 - 19:00)
  • ニュースとやま845(平日 20:45 - 21:00)
    • 祝日は、20:55から『東海北陸のニュース・気象情報』を放送。
  • 越中とやまスペシャル(不定期金曜日 19:30 - 19:55、再放送:不定期土曜日 9:30 - 9:55[13]または不定期日曜日 13:05 - 13:30)
  • ニュースとやま(土日祝 18:45 - 18:59)
ラジオ第1放送
  • ラジオ富山人(金曜日 17:05 - 17:55)

過去[編集]

総合テレビ
FM放送
  • 今晩は富山です
総合テレビ・BSプレミアム

アナウンサー・キャスター[編集]

  • 氏名の後の*は、過去に富山局勤務経験があるアナウンサー。
氏名 前任地 担当番組
アナウンサー
梶原典明* 名古屋 ニュース富山人
(キャスター)
石井智也 新潟
鹿沼健介 佐賀 放送部副部長
富山県のニュース
齋藤湧希 初任地 富山県のニュース
柴田拡正
岩﨑果歩
契約キャスター
石黒綾佳 名古屋
(契約キャスター)[16]
ニュース富山人
(キャスター)
舟本真理* 北日本放送
鈴木佑実* 静岡
(契約キャスター)
おはよう富山
松村優花 エフエム岩手
杉山千尋
気象予報士
芦沢涼 ニュース富山人

共同キャンペーン[編集]

2020年4月24日から、富山県内のテレビ・ラジオ局と共同で新型コロナウイルス対策のキャンペーンを展開した[17]。共同出演者は以下のとおり(いずれも放送時点)。

  • テレビ(4月 - 5月)[18]:梶原典明(富山局)・上野透(北日本放送)・西美香チューリップテレビ)・吉村尚郎(富山テレビ放送
  • テレビ(5月 - ):石井智也(富山局)・網谷辰海(北日本放送)・日比あゆみ(チューリップテレビ)・矢野美沙(富山テレビ放送)
  • ラジオ(行動編):梶原典明(富山局)・小林淳子(北日本放送)・今井隆信富山エフエム放送
  • ラジオ(3密を避けよう編):梶原典明(富山局)・木下一哉(北日本放送)・堀池真緒(富山エフエム放送)
  • ラジオ(手洗い編):梶原典明(富山局)・佐藤栄治(北日本放送)・堀池真緒(富山エフエム放送)
  • ラジオ(相互理解編):石井智也(富山局)・陸田陽子(北日本放送)・堀池真緒(富山エフエム放送)
  • ラジオ(油断禁物編):石井智也(富山局)・柳川明子(北日本放送)・今井隆信(富山エフエム放送)

脚注[編集]

  1. ^ 受信情報 - NHK富山放送局
  2. ^ 『地域と向き合った70年』(2006年3月15日、NHK富山放送局発行)12ページより。
  3. ^ 『地域と向き合った70年』(2006年3月15日、NHK富山放送局発行)13ページより。
  4. ^ 『地域と向き合った70年』(2006年3月15日、NHK富山放送局発行)14ページより
  5. ^ a b 『地域と向き合った70年』(2006年3月15日、NHK富山放送局発行)15ページより。
  6. ^ 北陸3県のNHK総合テレビ及び民放テレビ3局同時に開始。いずれも地方初。
  7. ^ a b 『地域と向き合った70年』(2006年3月15日、NHK富山放送局発行)16ページより。
  8. ^ 日本放送協会放送文化調査研究所放送情報調査部 『NHK年鑑'85』 日本放送出版協会、1985年、101頁。 
  9. ^ 『地域と向き合った70年』(2006年3月15日、NHK富山放送局発行)24ページより。
  10. ^ 新富山放送会館の整備方針・概要について (PDF)”. NHK経営委員会 (2018年3月27日). 2018年9月26日閲覧。
  11. ^ “NHK新館移転 富山中央署跡へ”. 中日新聞 (中日新聞社). (2017年4月19日) 
  12. ^ a b アクセスマップ - NHK富山放送局
  13. ^ 土曜日の再放送は『ナビゲーション』の再放送がない場合に限られる。
  14. ^ NHKドラマ 富山発スペシャルドラマ「港町相撲ボーイズ」
  15. ^ Toyama Just Now No.535-1:12月16日夜は、伏木舞台のNHKドラマ「港町相撲ボーイズ」!”. 富山県経営管理部広報課 (2011年12月7日). 2020年2月28日閲覧。
  16. ^ これからよろしくお願いします☆(石黒キャスター)
  17. ^ 上野透ブログ みんなで乗り越えよう!”. 北日本放送 (2020年4月24日). 2020年4月29日閲覧。
  18. ^ 民放の新型コロナ対応 ~視聴者・リスナーに向けて 地域内での共同キャンペーン - 日本民間放送連盟

外部リンク[編集]