ニュース845 (NHK名古屋)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ニュース845』(ニュースはちよんご)は、NHK総合テレビ東海3県名古屋岐阜の各NHK放送局)で放送されているローカルニュース番組である。『ニュース845東海』と呼ばれることもある。また、過去の番組のテロップ表記が『ニュース東海845』だったためこの呼称をする場合もある。それと、過去には『NHKニュース・名古屋』『ニュースウエーブ845』『ニュースダイジェスト東海(『NHKニュース9』が30分編成だった頃、番組終了間際10分間の東海ニュースとして放送ししていた)』と言った番組名でNHK名古屋放送局が東海地方今日最後のニュースを放送していた時期もあった。

2013年3月11日よりリアルタイム字幕放送を実施している(祝日は除く)。NHKの地域ニュース番組としては東京に次いで2番目。[1]

本項目では、2012年4月30日から2017年度まで祝日に放送されていた東海北陸地方向けの放送についても記す。

放送内容[編集]

  • ストレートニュースを中心に放送される[2]。プロ野球のシーズン中の場合、気象情報の前にプロ野球の試合の途中経過ないしは結果も放送され、中日ドラゴンズ戦が行われている場合は、スコアボードや継投(終了時は勝利・セーブ・敗戦投手)など詳細を報じた画面が表示される。番組の最後には気象情報も放送される(全国の天気→東海地方の警報・注意報→天気の順[3])。

東海・北陸地方向け放送[編集]

  • 2012年度からは祝日の放送内容が変更され、静岡県福井県石川県富山県静岡福井金沢富山の各NHK放送局)でも放送され、2012年4月30日昭和の日振替休日から放送を行っていた。この場合、タイトルは『ニュース845』で変更はないが、一部新聞や電子番組表上では「ニュース845東海北陸」と表記されており、この場合は前述のリアルタイム字幕放送には対応していなかった。
  • 東海・北陸地方向けの『ニュース845』は2017年度一杯で終了したが、2018年度は5月1日・2日にいずれも平日だったが、静岡・福井・金沢・富山の各放送局が各県別の「ニュース845」を休止したため、臨時ネットされた。

放送時間[編集]

※ 祝日は休止し、20:55 - 21:00に東海・北陸地方向けの「ニュース・気象情報」を放送。[4]
※ 中日ドラゴンズ戦中継が延長の場合、20:55までの分は放送休止。

キャスター[編集]

20:55からの県内ニュースのタイトル[編集]

いずれも2017年9月末を持って終了。

脚注[編集]

  1. ^ 関西845NHK大阪放送局)も同日から開始。
  2. ^ 2017年9月までは、20:55からの県内ニュースを挟む前には地域の映像を流していた。
  3. ^ 祝日は東海北陸地方の警報→天気の順。
  4. ^ 2011年度までは、静岡県・北陸3県ともに各県域のニュースを、2017年9月までは20:55以降、各局別に県域のニュースを放送していた。現行の放送体制は2018年度より実施。

関連項目[編集]