永井多恵子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ながい たえこ
永井 多恵子
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 東京都
生年月日 (1938-01-30) 1938年1月30日(80歳)
最終学歴 早稲田大学第一文学部卒業
職歴 NHK放送総局アナウンス室NHK解説委員室NHK浦和放送局長→NHK解説委員室→財団法人せたがや文化財団→NHK副会長→財団法人せたがや文化財団
活動期間 1960年1980年(アナウンサーとして)
担当番組・活動
備考
現:公益財団法人せたがや文化財団理事長

永井 多恵子(ながい たえこ、旧姓:高島、1938年1月30日 - )は、公益財団法人せたがや文化財団理事長で、元NHK役職員(アナウンサー解説委員、副会長を歴任)。

人物[編集]

東京都出身。早稲田大学第一文学部を卒業後、1960年NHKにアナウンサーとして入局。以来ずっと東京アナウンス室に在籍し、経済番組の司会など主として報道番組を担当。1980年、アナウンス現場を離れ解説委員室に異動。女性問題や文化・教育問題にスポットを当てた解説や番組の制作に携わった。

1990年、当時の浦和放送局(現・さいたま放送局)長に就任。NHK史上初の女性局長であった。3年務めた後解説委員室に復帰し、1995年、NHKを役職定年に合わせて退職した[1]

退職後は今の公益財団法人せたがや文化財団に招かれ、1996年世田谷文化生活情報センター館長に就任。在野で活動していたが、2005年橋本元一会長の下で副会長として招聘され一旦財団を退職、10年ぶりのNHK復帰となった[2]。しかし2008年NHKの株インサイダー取引問題で、橋本に連座する形で副会長を引責辞任した[3]

辞任後は財団に戻り副理事長を経て、2013年6月に理事長となった。また日本バレーボール協会評議員など、多くの団体の外部役員も務めている。

過去の出演番組[編集]

  • 永井多恵子のあなたとNHK - NHKの再生に向けた取り組みを永井副会長自らが語るとともに、中央・国際番組審議委員会の審議内容について説明した。

脚注[編集]

  1. ^ NHKでは幹部級の役職についた職員は54歳~57歳にその役職の定年を迎えることになっている。
  2. ^ NHKの役員となった者は、在任期間中他の一切の公務を兼ねることが禁じられている。
  3. ^ “NHK橋本会長が辞任 2代続けての引責”. 共同通信社. 47NEWS. (2008年1月24日). http://www.47news.jp/CN/200801/CN2008012401000530.html 2013年1月11日閲覧。 

外部リンク[編集]

せたがやアーツナビ(公益財団法人せたがや文化財団公式サイト)