島桂次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
島 桂次
(しま けいじ)
生誕 1927年8月30日
日本の旗 日本 栃木県上都賀郡足尾町
死没 (1996-06-23) 1996年6月23日(満68歳没)
国籍 日本
教育 東北大学文学部美学科
職業 ジャーナリスト
活動期間 1952年 - 1991年
代表経歴 NHK会長
政治部記者
肩書き NHK会長
政治部記者
配偶者

島 桂次(しま けいじ、1927年8月30日 - 1996年6月23日)は、第15代NHK会長、元NHK政治部記者。

来歴[編集]

栃木県上都賀郡足尾町出身。東北大学文学部美学科卒業後、1952年4月NHKに入局。初任地はNHK盛岡放送局政治部記者となり池田勇人の総理番記者となり、その後、宏池会を担当。 1973年、ニュースセンター次長となり、1973年9月に放送総局副総局長の堀四志男の指示の下、報道番組部長として、1974年4月『ニュースセンター9時』、1976年4月に『NHK特集』をスタートさせる[1]。1976年、アメリカ総局長、1977年、放送総局主幹、1978年、報道局次長、1980年、報道局長兼放送総局副総局長などを経て、1982年理事、1980年専務理事、1988年副会長、1989年4月に会長に就任。

その後、1991年に永田町、霞ヶ関、丸の内界隈の権力闘争とNHK内部の権力闘争がリンクしていき、結果として1991年7月に会長辞任。辞任後、既存メディアでの情報発信の場を奪われた事を機会に、1994年6月インサイダー編集長の高野孟と共同で「(株)島メディアネットワーク(略称:SMN)」を設立[2]。「新聞や放送じゃ分からない日本、つまり霧のかかった日本、分かりにくい日本の霧を晴らす情報にウエートを置いて発信する」ことに挑戦するため、インターネットポータルサービスの普及が浸透していなかった時代にニュースWebサイトを設立[3][4]。1996年6月23日、急性呼吸不全のため68歳で死去。

人物[編集]

政治記者時代[編集]

1960年、島はフランクリン・ルーズベルトの例にならって党首の演説会をテレビでやろうと発案、その企画実現に奔走した。当時は立会い演説会が一般的であった。マスコミ嫌いで知られた池田勇人首相と懇意だった関係で「これからは政治家もマスコミに顔を出して、直接国民と話さなければ駄目ですよ」等と何とか説得。これにより民社党委員長・西尾末広日本社会党委員長浅沼稲次郎も出ざるを得なくなり、三党による党首立会演説会が実現した。これが同年10月12日、有名な浅沼稲次郎暗殺事件があった演説会である。当日の島は官邸記者クラブの招待で川崎球場日本シリーズを観戦していて事件をラジオで知り、慌てて総理大臣官邸に着くと池田から「お前がよけいなことを企画するから、えらいことが起こったんだぞ」と怒鳴り散らされたという。NHKは浅沼刺殺の瞬間を直後のテレビニュースで放送した。これは一国の公党の党首が公衆の面前で暗殺され、その映像が全国に伝わるというテレビ報道にとってひとつのエポックとなった[5]

宏池会の担当を長らくしてた事もあり、田中角栄を始めとする政治家と親交を深め自由民主党と強いパイプを築き、「自民党の代理店」と呼ばれた。

局長時代[編集]

アメリカ総局長に異動されたが、そうした経験を生かし、テレビの演出を変革した。アメリカ流の「キャスター」を使った「ニュースショー」や、職域を超えたプロジェクトによる大型ドキュメンタリー番組をつくった。

1981年2月4日、いわゆる「ロッキード・三木発言カット事件」と言う、『ニュースセンター9時』で放送を予定していた特集「ロッキード事件五年-田中角栄の光と影」で政治関連部分の一部が突如業務命令で放送中止になるというが起きた。この事件を利用して自分に敵対的な人物で日本放送労働組合委員長だった上田哲の派閥というレッテルを貼ることで一掃したと言われている。この事件を機に島はNHKでの主導権を確立した。強いリーダーシップを発揮し、あさま山荘事件では長時間中断なしの放映を決断させたと言われる[6]

NHK会長時代[編集]

1989年4月、NHK会長に就任以後、当時:NHK経営委員会委員長であった住友銀行頭取であった磯田一郎と組んで「商業化」路線を推進した[7]。また、島は他方で、NHKの組織を抜本的にスリム化する構想も持っており、NHK教育テレビジョンラジオ第2放送を削減しようとした。また、報道をのぞく番組制作部門は全て番組制作会社へ外注すればよいという方針で、組織改革の中で番組制作局の「部」を「プロダクション」と改称した。
  • GNN構想の失敗とNHK会長職の引責辞任
    • 1991年2月7日、1991年東京都知事選挙に報道局長・NHK特別主幹であった磯村尚徳が立候補した、同年4月、公示時に当時:自民党本部幹事長小沢一郎が現職の鈴木俊一を公認せず、磯村を公認。これに自民党東京都連が反発し、事実上の分裂選挙となった。この選挙結果が党内で確執が生じ、その確執が磯村を引っ張り出したのが島の側近であった海老沢と云われ影響が島まで及び、結果、島は海老沢の理事職を解任し左遷しさせた。
      1991年4月、島がCNNに刺激され、欧米の放送局と提携したニュース専門局であるGNN(Global News Network)構想を発表。島は衛星ロケット費用が安いという理由でゼネラル・エレクトリックに委託したが、同年4月18日、フロリダ州ケープカナベラル空軍基地から打ち上げられたBS-3Hを積んだアトラスIロケットが軌道を離れ、二度目の放送衛星の打ち上げに失敗した[9][10]。その後、島は、国会の逓信委員会で打ち上げ失敗の問題を巡って質疑していたが、この時、当時:逓信委員会の委員長であった野中広務は、ロケット打ち上げ失敗時に何をしていたのかと質疑し、島は、「GEで打ち上げのモニターを監視していた」と答弁した。しかし、朝日新聞の1991年7月2日付朝刊社会面トップにて、「NHK島会長、国会答弁に疑問」という特ダネ記事を掲載され、数日後、東京スポーツが「NHK島会長、愛人と海外出張」と書いたことを契機に、国会での虚偽答弁、経費流用疑惑等々が質疑され、7月に会長職を引責辞任した[11][12]

著書[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^
  2. ^ http://www.smn.co.jp/about/
  3. ^ 朝日新聞 1995年1月3日付
  4. ^ http://www.huffingtonpost.jp/asahi-shimbun-media-lab/web-media-news-tech_b_8036930.html
  5. ^ 『シマゲジ風雲録―放送と権力・40年』 145-147頁
  6. ^ NHK―問われる公共放送
  7. ^ http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51292431.html 島桂次 2006年05月15日
  8. ^
  9. ^
  10. ^ きょうは何の日 4月18日 長崎新聞
  11. ^ 野中は著書の中で「私は逓信委員長として『責任と出所進退を明らかにすべきだ』と迫ったことがある。私の発言が止めを刺す形で、島会長は辞任する。が、実は、この時もいきなり“辞めろ”と言ったわけではない。それ以前にNHKに対し何度か事実の確認を様々なルートでしていたのである。それにもかかわらず、平然と嘘を続けたことに対して私は怒った。ゼネラル・エレクトリックの本社で衛星の打ち上げを見ていたと国会で答弁をした島氏は、実はロス市内のホテルにいた」
  12. ^ 野中広務 「私は闘う」


関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • TOKYO KALEIDO SCOOP - 株式会社ウェブキャスター(旧・島メディアネットワーク)が運営しているサイト