日高義樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日高 義樹
生誕 (1935-06-22) 1935年6月22日(86歳)
日本の旗 日本 愛知県知多郡東浦町
教育東京大学文学部英文科卒業
職業ジャーナリスト
代表経歴日高義樹のワシントン・リポート』(1995年~2011年)『ワシントンの日高義樹です』(2011年~2012年)

日高 義樹(ひだか よしき、1935年6月22日 - )は、日本のジャーナリストである。アメリカ合衆国在住。ハドソン研究所客員上級研究員、全米商工会議所会長首席顧問、ハーバード大学ケネディスクールタウブマンセンター諮問委員。

人物[編集]

1935年昭和10年)生まれ、愛知県知多郡東浦町出身。愛知県立刈谷高等学校を経て、東京大学文学部英文科卒業。

親米派の論客として改憲論、特に日本国憲法第9条改訂の立場をとるジャーナリストとして知られる。

2010年代後半以降はメディア登場がない。

NHK時代[編集]

1959年昭和34年)、NHK入局。福岡放送局佐世保放送局(現・支局)、外信部を経てワシントン特派員、ニューヨーク特派員・支局長、ワシントン支局長、理事待遇アメリカ総局長を歴任した。

また、1985年昭和60年)には、時のNHK副会長島桂次と協力してNHKエンタープライズを設立、自らアメリカ代表となった。その後も、島のNHK会長就任(1989年)に尽力したといわれる[要出典]

1992年より審議委員を務めた後、翌1993年に定年退職した。

NHK退職後[編集]

NHK退職後はアメリカ・ワシントンD.C.に渡り、フリーのジャーナリストとして活動。テレビ東京の冠番組日高義樹のワシントン・リポート」では、クリントン小ブッシュ両政権の国務長官国防長官などの閣僚級を合わせて40人以上、アメリカ議会の両党の議会指導者40人余、アメリカ軍幹部50数人、ハーバード大学の学者やワシントンD.C.の主要な官僚など多くの人物と対談した。また、この番組は原則として対談から3週間以内に放映されるため常に新しい情報が届けられる。なかでも、NHK時代から年始にヘンリー・キッシンジャー元国務長官に対し、国際情勢予測に関するインタビューを放映しており、これはその後のワシントン・リポートにも引き継がれた。

その他[編集]

横田基地(東京都)について、「未来永劫、アメリカに使われ続けてよいのか?」や「自分の国は自分で守るべきだ」という持論を持つ。

出演番組[編集]

著作[編集]

単著[編集]

2000年以前の著作は抜粋)

  • 『アメリカを知らない日本人』(講談社1973年
  • 『ペンタゴン ―米国防総省の内幕―』(日本放送出版協会、1973年)
  • 『アメリカの日本撃滅計画』(潮出版社、1973年)
  • 『アメリカの深謀 ―レーガンは最後に何を狙っているのか―』(PHP研究所1985年
  • 『「日本一流国家論」を嗤う!』(飛鳥新社1986年
  • 『アメリカ・パワー・エリートの驚くべき日本観』(潮出版社、1987年
  • 『兵器なき日米戦争』(飛鳥新社、1987年)
  • 『日米関係の危機 ―ワシントンからの緊急警告―』(PHP研究所、1991年
  • 『アメリカ内乱白人の論理 ―追いつめられた黒人と日本人への警告―』(光文社1992年
  • 『新・富国強兵論 ―経済の繁栄と軍事力の原則―』(光文社、1994年
  • 『日米政治破壊 ―アメリカの変質、取り残される日本―』(集英社、1995年
  • 『日本いまだ独立せず ―1966年からの取材秘録―』(集英社、1996年/集英社文庫、1998年
  • 『日本国に大統領が誕生する日 ―無政治国家再建への提言―』(集英社、1998年)
  • 『アメリカの怖さを知らない日本人』(PHP研究所、1999年
  • 『中国に振り回されるアメリカ』(PHP研究所、2000年
  • 『覚悟はよいか日本 ―「史上最強のアメリカ」にどう立ち向かうか―』(PHP研究所、2001年
  • 『どうする、日本 ―不況ではない、衰退だ!― 』(PHP研究所、2002年
  • 『世界大変動が始まった ―イラクの次は北朝鮮 ワシントン発緊急レポート―』(徳間書店、2002年)
  • 『アメリカの世界戦略を知らない日本人 ―「イラク戦」後、時代はこう動く―』(PHP研究所、2003年
  • 『アメリカは北朝鮮を核爆撃する ―その衝撃のシナリオ―』(徳間書店、2003年)
  • 『アメリカ軍が日本からいなくなる ―「金正日」後の世界―』(PHP研究所、2004年
  • 『日本人が知りたくないアメリカの本音』(徳間書店、2004年)
  • 『日本人が知らないアメリカひとり勝ち戦略 ―日米安保は終焉する―』(PHP研究所、2004年)
  • 『二〇〇五年、ブッシュは何をやるのか ―日本はどう生き残るか―』(徳間書店、2005年
  • 『日米は中国の覇権主義とどう戦うか』(徳間書店、2005年)
  • 『米中石油戦争がはじまった ―アメリカを知らない中国は敗れる―』(PHP研究所、2006年
  • 『米中冷戦の始まりを知らない日本人』(徳間書店、2006年)
  • 『ブッシュのあとの世界 「甦る大国・日本」叩きが始まる』(PHP研究所、2007年
  • 『アメリカの新国家戦略が日本を襲う』(徳間書店、2007年
  • 『資源世界大戦が始まった ―2015年日本の国家戦略―』(ダイヤモンド社2007年
  • 『アメリカ狂乱 ―次の大統領は誰か―』(徳間書店、2008年)
  • 『私の第七艦隊 ―世界最強艦隊からのルポ―』(2008年、集英社インターナショナル
  • 『不幸を選択したアメリカ』(PHP研究所、2009年)
  • 『オバマ外交で沈没する日本』(徳間書店、2009年)
  • 『アメリカの日本潰しが始まった』(徳間書店、2010年
  • 『いまアメリカで起きている本当のこと ―日本のメディアが伝えない世界の新潮流―』(PHP研究所、2011年
  • 『ロムニー大統領で日米新時代へ』(徳間書店、2012年
  • 『米中軍事同盟が始まる ―アメリカはいつまで日本を守るか―』(PHP研究所、2013年)
  • 『2020年「習近平」の終焉 ―アメリカは中国を本気で潰す―』(悟空出版、2019年)
  • 『アメリカは中国を破産させる ―ワシントン発最新軍事情報&世界戦略―』(悟空出版、2019年)
  • 『習近平が尖閣を占領する日』(かや書房、2021年)

漫画(原案担当)[編集]

翻訳[編集]

  • ローランド・エバンズ、ロバート・ノバック著『レーガン・レボリューション――アメリカの次の手を読む』(PHP研究所、1982年
  • ダニエル・ヤーギン著『石油の世紀――支配者たちの興亡(上下)』(日本放送出版協会、1991年)

外部リンク[編集]