NHK岡山放送局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
NHK岡山放送局
NHK logo 2020.svg
Lit City BLD.,Okayama 2.jpg
岡山放送局が入るリットシティビル
放送対象地域 岡山県
所在地 700-0024
岡山県岡山市北区駅元町15番1号
リットシティビル南棟1〜3階
北緯34度39分59秒 東経133度54分57秒 / 北緯34.66639度 東経133.91583度 / 34.66639; 133.91583座標: 北緯34度39分59秒 東経133度54分57秒 / 北緯34.66639度 東経133.91583度 / 34.66639; 133.91583
総合テレビ
開局日 1957年12月23日
コールサイン JOKK-DTV
親局 岡山 32ch (キーID 1)
Eテレ
コールサイン JOKB-DTV
親局 岡山 45ch (キーID 2)
ラジオ第1
開局日 1931年2月1日
コールサイン JOKK
親局 岡山 603kHz
ラジオ第2
コールサイン JOKB
親局 岡山 1386kHz
FM
コールサイン JOKK-FM
親局 88.7MHz
主な中継局
アナログテレビ
総合テレビ
新見 1ch、津山・笠岡 2ch
ほか
教育テレビ
笠岡・新見 4ch、津山 12ch
ほか
デジタルテレビ
新見:総合 15ch、教育 13ch
津山・久世:総合 22ch、教育 13ch
笠岡:総合 32ch、教育 45ch
高梁:総合 33ch、教育 31ch
和気・北房:総合 32ch、教育 13ch
ほか
ラジオ
ラジオ第1
津山 927kHz、新見 1341kHz
高梁 89.6MHz
ほか
ラジオ第2
津山1152kHz、新見1125kHz
FM放送
笠岡 83.7MHz、津山 85.5MHz
新見 86.0MHz、高梁 87.9MHz
ほか
特記事項:
1957年昭和32年)12月23日1969年(昭和44年)3月21日までは、テレビ放送は香川県も放送対象地域だった。
テンプレートを表示

NHK岡山放送局(エヌエイチケイおかやまほうそうきょく)は、岡山県放送対象地域とする日本放送協会(NHK)の地域放送局である。岡山・香川両県の民放テレビ局が両県を併せた地域を放送対象地域にしていることから、岡山県のみをエリアとする唯一のテレビ局でもある。

放送局・支局所在地[編集]

放送局概要[編集]

現在、NHK岡山放送局がある、リットシティビル全景(高層棟屋上にNHKがパラボラアンテナや情報カメラを設置している)

前述の通り、リットシティビルの南棟1 - 3階を使用しており、1階に車庫・時間外出入口、2階にエントランス・ロビー・テレビスタジオ・職員通用口、3階がオフィス・ラジオスタジオ・テレビスタジオのスタジオサブなどとなっている。

2階ロビー部分は「ハートプラザ」として一般公開されており、ロビー隣のテレビスタジオについても番組が制作されていない時にはロビーとの可動仕切りを開放して、「ハートプラザ」からスタジオ内部が見られるようになっているほか、ロビー部分をテレビスタジオの一部として使用する場合もある。また、ロビー東側の岡山シティミュージアムとの共有スペースである「ひかりの広場」は同局の実質的なオープンスタジオとなっており、生放送など各種公開イベントが行われているほか、かつては「月刊岡山トラのアナ」の収録も行われていた。

沿革[編集]

NHK岡山放送局初代局舎
  • 1931年(昭和6年)2月1日 - 岡山放送局開局、ラジオ第1放送開始(JOKK)。全国で10番目の開局であった。局舎(初代)・送信所は岡山市網浜町字赤坂ノ上[1]に置かれた[2]
  • 1934年(昭和9年)9月21日 - 室戸台風のため放送局への送電が途絶え、約29時間にわたって停波。これを教訓に敷地内に自家発電設備が配備される。
  • 1945年(昭和20年)
  • 1946年(昭和21年)9月1日 - ラジオ第2放送開始(JOKB)。
  • 1950年(昭和25年)6月1日 - 放送法施行に伴い社団法人日本放送協会が解散、特殊法人としての日本放送協会が一切の権利義務を継承。
  • 1957年(昭和32年)12月23日 - テレビジョン放送(現・総合テレビ)放送開始(JOKK-TV)当初は局舎内にテレビ関係の設備を設置するスペースがなかったため、金甲山テレビ送信所内に仮設のテレビスタジオとテレビマスターが設置された[3]
  • 1958年(昭和33年)4月 - ローカルニュース開始。
  • 1961年(昭和36年) - 局舎及びテレビマスターを岡山市(現・北区)丸の内(山陽放送本社ビルの隣)の旧NHK岡山放送会館(2代目局舎)へ、初代局舎敷地内にあった岡山局(ラジオ)を児島郡藤田村字錦[4]の錦ラジオ放送所へそれぞれ移転。
  • 1963年(昭和38年)6月29日 - 教育テレビ放送開始(JOKB-TV)。
  • 1964年(昭和39年)
  • 1983年(昭和58年)6月 - 総合テレビジョン音声多重放送開始。
  • 1986年(昭和61年)11月 - 総合テレビジョン文字多重放送開始。
  • 1991年平成3年)3月 - 教育テレビジョン音声多重放送開始。
  • 2005年(平成17年)
    • 8月27日 - 岡山市(現・北区)駅元町のリットシティビル[5]南棟(低層棟)1〜3階へ放送会館を移転(3代目局舎)。リットシティビルの放送会館部分のフロアはNHKが区分所有(移転契約時に岡山市から買取)。新放送会館からの放送は8月22日から開始。同時にアナログ・地上デジタル対応統合送出マスター運用開始[6]
    • 8月30日 - 北房AMラジオ放送局(ラジオ第1放送)開局。
  • 2006年(平成18年)
  • 2007年(平成19年)7月1日 - 岡山放送局独自のワンセグ放送開始[7]
  • 2011年(平成23年)
    • 2月1日 - 開局80周年。開局80周年記念キャッチコピー「まいにち、びっくり箱」が2010年9月から2011年2月まで使用。
    • 7月24日 - アナログ放送終了。
  • 2018年(平成30年)
    • 4月改編より週末・祝日(年末年始も含む)のニュース・気象情報はテレビ・ラジオともに終日広島からの中国地方向け放送に変更(原則として選挙及び災害等を除く)。これにより、岡山県のニュース・気象情報は平日のみの放送となる。
  • 2021年(令和3年)
    • 2月1日 - 開局90周年
    • 3月1日 - 高梁ラジオ中継局(ラジオ第1放送、FM補完中継局)開局[8][9]

情報カメラ設置ポイント[編集]

主なテレビチャンネル及びラジオ周波数[編集]

親局[編集]

金甲山放送所(玉野市)
  • デジタル総合テレビジョン(リモコンキーID:1)32ch(JOKK-DTV、2kW)
  • デジタル教育テレビジョン(リモコンキーID:2)45ch(JOKB-DTV、2kW)
  • FM放送 88.7MHz(JOKK-FM、1kW)

以下の地上アナログ放送は2011年7月24日に運用終了・停波。

錦ラジオ放送所(岡山市南区)
  • ラジオ第1放送 603kHz(JOKK、5kW)
  • ラジオ第2放送 1386kHz(JOKB、5kW)

中継局[編集]

テレビジョン放送、FM放送[編集]

FMの中継局を設置している局、アナログUHFテレビ出力10W以上の局、全放送事業者が地上デジタル放送の中継局を設置している局、放送区域内世帯数1万世帯以上の局を掲載(テレビ放送開局順)。その他の中継局については「岡山県・香川県の放送#放送送信所」を参照されたい。

局名 アナログ総合
(停波時点)
アナログ教育
(停波時点)
デジタル総合 デジタル教育 FM放送 中継局所在地
チャンネル 出力 チャンネル 出力 チャンネル 出力 チャンネル 出力 周波数 出力
岡山 5ch 10kW 3ch 10kW 32ch 2kW 45ch 2kW 88.7MHz 1kW 金甲山
津山 2ch 75W 12ch 75W 22ch 50W 13ch 50W 85.5MHz 100W 黒沢山
笠岡 2ch 100W 4ch 100W 32ch 30W 45ch 30W 83.7MHz 100W 塚の丸山
高梁
(高梁松山)
2ch 10W 12ch 10W - - - - 87.9MHz 10W 鶏足山
39ch 3W 45ch 3W 33ch 1W 31ch 1W - - 愛宕山
新見 1ch 10W 4ch 10W 15ch 3W 13ch 3W 86.0MHz 10W 鳶が巣山
井原 58ch 3W 47ch 3W 32ch 0.3W 13ch 0.3W 82.9MHz 3W 城山
備前 57ch 3W 55ch 3W 32ch 0.3W 45ch 0.3W 82.6MHz 3W 笹尾山
久世 1ch 3W 4ch 3W 22ch 1W 13ch 1W 83.9MHz 10W 笹向山
美作 1ch 0.1W 4ch 0.1W 49ch 0.3W 47ch 0.3W - - 塩垂山
柵原 1ch 0.1W 4ch 0.1W - - - - 84.7MHz 10W あたご山
三石 1ch 1W 12ch 1W 49ch 0.3W 51ch 0.3W 84.5MHz 1W 愛宕山
和気 1ch 3W 7ch 3W 32ch 1W 13ch 1W 82.0MHz 1W 城山
児島 1ch 10W 12ch 10W 32ch 3W 51ch 3W 85.6MHz 10W 神道山
日生 49ch 1W 51ch 1W 32ch 0.1W 45ch 0.1W 83.3MHz 0.5W 楯越山
北房 1ch 3W 4ch 3W 32ch 1W 13ch 1W 84.6MHz 3W 飯ノ山
哲西 1ch 10W 4ch 10W 32ch 3W 34ch 3W 84.1MHz 1W 雨請山
蒜山 6ch 10W 12ch 10W 32ch 3W 29ch 3W - - 高張山
奥津 2ch 3W 7ch 3W - - - - - - 大釣山
有漢 49ch 3W 51ch 3W 22ch 0.3W 13ch 0.3W 82.5MHz 3W 権現山
大原 1ch 1W 4ch 1W 44ch 0.3W 46ch 0.3W 84.9MHz 10W 竹山
湯原 55ch 3W 53ch 3W 26ch 0.3W 33ch 0.3W - - 大沼山
美作加茂 55ch 3W 53ch 3W 32ch 0.3W 13ch 0.3W 86.3MHz 1W 青生山
水島 58ch 10W 54ch 10W 32ch 1W 45ch 1W - - -
岡山北 43ch 10W 41ch 10W - - - - - - 鳥山
岡山津島 - - - - 40ch 1W 45ch 1W - -
岡山東 56ch 3W 47ch 3W - - - - - - -
玉野和田 56ch 3W 58ch 3W 36ch 0.3W 40ch 0.3W - - 神登山
津山南 49ch 3W 51ch 3W - - - - - - 神南備山
備前瀬戸 52ch 10W 50ch 10W 40ch 1W 48ch 1W - - 鉄砲山
山陽 39ch 10W 37ch 10W 32ch 1W 45ch 1W - - 善応寺山
玉島 37ch 3W 39ch 3W 36ch 0.3W 34ch 0.3W - - 野呂山
備前佐伯 56ch 3W 54ch 3W 22ch 0.3W 13ch 0.3W - - -
総社 58ch 10W 55ch 10W 32ch 1W 45ch 1W - - 伊予部山
長船 61ch 3W 59ch 3W 39ch 0.3W 37ch 0.3W - - 高松山
周匝 41ch 3W 43ch 3W 49ch 0.3W 47ch 0.3W - - 茶臼山
備前伊里 56ch 1W 54ch 1W 39ch 0.1W 37ch 0.1W - - -
牛窓 59ch 1W 51ch 1W 22ch 0.1W 38ch 0.1W - - -
津山東 40ch 30W - - - - - - - - 鳥山
備前塩田 55ch 0.1W 51ch 0.1W 38ch 0.01W 40ch 0.01W - - -
虫明 49ch 1W 51ch 1W 48ch 0.1W 52ch 0.1W - - 城山
神根 48ch 0.1W 46ch 0.1W 37ch 0.01W 39ch 0.01W - - -
吉永高田 58ch 0.1W 56ch 0.1W 41ch 0.01W 42ch 0.01W - - -

AM放送[編集]

  • ラジオ第1放送 岡山 603kHz(5kW)、津山 927kHz(1kW)、新見 1341kHz(100W)、久世 1323kHz(100W)、北房 1584kHz(100W)、高梁 89.6MHz(10W)
  • ラジオ第2放送 岡山 1386kHz(5kW)、津山 1152kHz(100W)、新見 1125kHz(100W)

平成30年7月豪雨関連報道[編集]

  • 2018年7月7日に発生した、真備町地区を主とした県内各地の大水害報道に関連して、広範囲の大規模災害報道に対応するには現在所属している現職のアナウンサーだけでは、長期にわたる災害報道に対応出来なくなって来た。
  • これに対応する為に、過去に岡山放送局に所属していてリポート番組を経験し、県内各地の事情に詳しいアナウンサーが応援の為に各地より急遽派遣され、交代しながら被災地からの現場レポートを中心に、各時間帯のローカルニュース報道や、被災者向け情報番組のキャスターを務めた。
  • さらに、岡山に勤務経験のなかった伊藤雄彦等のベテランや中堅のアナウンサーも出張で加わり、今後にも繋がる新たな縁の一角を為して任務に当たった。
  • 過去に帯番組を持っていたアナウンサー達の情報発信に対して、多くの被災者からの『お便りFAX』や『メール』などで励まされた旨の声が寄せられ、各番組内でも随時紹介された。

応援アナウンサー[編集]

岡山放送局制作の主な番組[編集]

2021年4月から[12]

総合テレビ[編集]

  • おはよう岡山(月曜 - 金曜 7:45 - 8:00、7:51からは『NHKニュースおはようちゅうごく』のタイトルで広島から放送)
  • 岡山県のニュース(月曜 - 金曜 12:15 - 12:20)
  • もぎたて!(月曜 - 金曜 18:10 - 19:00[13]
  • 岡山ニュース845(月曜 - 金曜 20:45 - 21:00)
  • @okayama(金曜〈不定期〉19:30 - 19:55)
  • ラウンドちゅうごく(金曜〈不定期〉19:30 - 19:55)※中国ブロック番組のため広島局制作が多いが、企画により岡山局制作の場合あり

ラジオ第1・FM[編集]

  • ニュース・気象情報など※土日・祝日・年末年始は、終日中国地方向け放送のため岡山県向け放送はなし。斜字はFMサイマル放送
    • 7:20 - 7:25、9:55 - 10:00、12:15 - 12:20、13:55 - 14:00、18:50 - 19:00
  • ラジオdeもぎたて!(ラジオ第1、原則水曜 17:05 - 17:55[14]
  • 岡山ラジオ・おからじ!(ラジオ第1、年6回、金曜 17:05 - 17:55[15]

過去に制作した番組[編集]

総合テレビ[編集]

ラジオ第1放送[編集]

  • こんにちはラジオセンターせとうち

アナウンサー・キャスター[編集]

  • 氏名の後の*は、過去に岡山局での勤務経験のあるアナウンサー。
氏名 前任地 担当番組
アナウンサー
勝呂恭佑 仙台 もぎたて!
(キャスター)
徳永圭一 東京アナウンス室 放送部副部長
岡山県のニュース
北村紀一郎* NHK放送文化研究所 岡山県のニュース
永松隆太朗* 青森
姫野美南 初任地
松本真季
契約キャスター
小畠優花 広島 ひるまえ直送便
もぎたて!
ラジオdeもぎたて!
おからじ!
勝川沙友里
平田理奈
気象予報士
中島望 ウェザーマップ所属
もぎたて!

民間放送との共同キャンペーン[編集]

2020年新型コロナウイルス(COVID-19)の世界的な大流行に伴い感染予防を呼びかけるキャンペーンを民間放送各局と展開。テレビでは岡山県と香川県[16]、ラジオでは岡山県の各局と展開。また、テレビにおいては四国ブロックのNHK高松放送局も参加している。参加局などは以下のとおり(いずれも2020年時点)。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 現在の岡山市中区赤坂台。
  2. ^ 1961年に岡山市丸の内へ局舎が移転後、跡地の土地・建物は岡山市へ売却され、1966年跡地に岡山市立青年の家が開所された。初代局舎(鉄筋コンクリート平屋建)は、青年の家開所後は同施設の別館として研修室などとして利用されていたが、2008年3月30日に同施設が閉所された後は、地元町内会の集会所として使用されている。
  3. ^ 1969年3月高松放送局がテレビジョン放送が開始するまでは、香川県も放送対象地域としていた。また、大阪放送局姫路市内に中継局を設けるまでは、兵庫県播磨地方も放送対象となっていた。
  4. ^ 現在の岡山市南区藤田
  5. ^ 岡山駅西口再開発事業第二工区ビル
  6. ^ 旧放送会館は移転後に岡山市に売却された後、旧放送会館に隣接する心臓病センター榊原病院に借用され、2007年5月から同病院別館(事務棟)として2012年9月まで使用されていた。その後は取り壊され、2020年3月現在は有料駐車場(烏城二の丸パーキング)となっている。
  7. ^ 2006年12月1日 - 2007年6月30日までは、広島放送局のワンセグ放送をそのまま放送。
  8. ^ 高梁ラジオ中継局2021年3月1日開局”. NHK岡山放送局. 2021年2月24日閲覧。
  9. ^ 中継局名称は「NHK高梁FM補完第1」。岡山県内のFM補完中継局としては、RSKラジオの岡山FM補完中継局(RSK岡山FM、2018年開局)に次いで2局目の開局となった。
  10. ^ 以前は、宇高国道フェリー宇野営業所に設置されていたが、情報カメラのハイビジョン化とともに移転。
  11. ^ 以前は、真庭市立八束小学校に設置されていたが、校舎建て替えを機に移転(NHK岡山スタッフブログより)。
  12. ^ NHKオンライン 2021年度前半期 定時番組の部門種別(各地域) (PDF)
  13. ^ 実質的には18:59まで。
  14. ^ 大相撲中継等で休止の場合がある。
  15. ^ 中国地方向けで放送。
  16. ^ 岡山・香川 新型コロナウイルスから命と暮らしを守ろう”. 香川県総務部知事公室広聴広報課 (2020年5月11日). 2020年5月16日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]