NHK大津放送局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
NHK大津放送局
NHK logo.svg
NHK Otsu Broadcasting Station Bldg 20090509-001.jpg
NHK大津放送局
所在地 520-0806
滋賀県大津市打出浜3番30号
総合テレビ
開局日 1971年4月1日
放送対象地域 滋賀県
コールサイン JOQP-DTV
親局 大津 26ch (キーID 1)
Eテレ
親局 大津 *13[1]ch (キーID 2)
ラジオ第1
放送対象地域 滋賀県
コールサイン JOQP
親局 彦根 945kHz
FM
放送対象地域 滋賀県
コールサイン JOQP-FM
親局 湖南 84.0MHz
主な中継局
デジタルテレビ
彦根26ch
甲賀26ch
大津石山21ch
大津藤尾26ch
甲賀大原39ch
東近江八日市39ch
甲賀信楽26ch
テンプレートを表示

NHK大津放送局(エヌエイチケイおおつほうそうきょく)は、滋賀県放送対象地域とする日本放送協会(NHK)の放送局総合テレビ第1放送FM放送で滋賀県域向けの放送を行っている。

沿革[編集]

  • 1941年11月1日 - 社団法人日本放送協会大阪中央放送局大津出張所として開設。
  • 1942年2月25日 - 彦根臨時放送所開局(電波管制に伴う措置)。
  • 1945年10月26日 - 彦根臨時放送所、彦根中継放送所に改称。
  • 1946年9月1日 - 彦根中継放送所の呼出符号、JOBK5に決定。
  • 1948年5月1日 - 大津出張所、大津支局に改称。彦根中継放送所を管轄下に。
  • 1948年7月1日 - 彦根中継放送所の呼出符号、JOBSに変更。
  • 1950年6月1日 - 放送法施行に伴い社団法人日本放送協会が解散、特殊法人としての日本放送協会が一切の権利義務を継承。
  • 1951年7月1日 - 大津支局、大津放送局に改称。
  • 1960年9月1日 - 大津VHFテレビジョン実験局開局。
  • 1962年2月21日 - 大津UHFテレビジョン実験局開局。
  • 1964年12月1日 - 第1放送でローカル放送を開始。
  • 1966年3月1日 - 大津テレビジョン中継局がUHFで開局(7月1日 大津実験局廃止)。
  • 1967年3月11日 - 局舎落成(3月12日 運用開始)。
  • 1970年12月1日 - FM放送でローカル放送を開始(呼出符号JOQP-FM)。
  • 1971年4月1日 - 総合テレビでローカル放送を開始(中継局から放送局へ。呼出符号JOQP-TV)。
  • 1982年11月1日 - 第1放送の呼出符号、JOQPに変更。
  • 2005年4月1日 - 総合テレビのデジタル放送を開始(呼出符号JOQP-DTV)。
  • 2011年7月24日 - アナログ放送終了。翌日の午前0時までに完全停波。
  • 2019年度内 - 大津市京町三丁目1番8号へ局舎移転運用開始予定。

送信所(親局)[編集]

主な中継所[編集]

  • Eテレ大阪放送局(JOBB-DTV)大津中継局 13ch(30W)
  • 第2放送は滋賀県内に送信・中継施設は存在せず、大阪放送局(送信所:羽曳野市)JOBB・828kHz(300kW)が担っている。

報道室[編集]

  • 彦根

お天気カメラ[編集]

※アメニティ石山寺リバープレミアと彦根は名神高速道路JR東海東海道新幹線が確認できる。

主な大津局制作番組[編集]

  • おうみ発630(平日 18:30 - 19:00)総合テレビ
  • おうみ845(平日 20:45 - 21:00)総合テレビ
  • FMおうみi(毎月最終金曜 18:00 - 18:50)FM放送
  • ニュース・気象情報(平日 12:15 - 12:20、18:55 - 19:00)第1放送・FM放送

アナウンサー・キャスター・リポーター[編集]

アナウンサー[編集]

キャスター[編集]

リポーター[編集]

表彰[編集]

その他[編集]

  • 毎年3月第1日曜日に開催されるびわ湖毎日マラソンでは、当局に中継拠点が置かれるが、制作は大阪放送局が担当している。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]