NHKさいたま放送局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
NHKさいたま放送局
NHK logo.svg
NHKさいたま放送局.JPG
国道17号に面するさいたま放送局
所在地 330-9310
公式サイト
FM
放送対象地域 埼玉県
コールサイン JOLP-FM
親局 さいたま 85.1MHz
主な中継局
ラジオ
秩父FM 83.5MHz
テンプレートを表示
NHKさいたま放送局

NHKさいたま放送局(エヌエイチケイさいたまほうそうきょく)は、NHK地方放送局のひとつである。埼玉県内向けにFM放送を行っている。AM放送および地上テレビジョン放送は関東広域扱いとして、管轄の東京本局からカバー・中継されている。

概要[編集]

FM放送[編集]

コールサイン JOLP-FM

テレビジョン放送[編集]

  • NHKオンラインの自局サイトにおいて、地域放送局としては珍しく、県内関係ニュースの動画配信を行った。この取り組みは2008年(平成20年)5月13日の『お元気ですか日本列島』でも紹介された。この取り組みはNHKの中でも先進的なもので、その後数年をかけ順次全国に広げられていった。

テレビ中継局[編集]

掲載はさいたま局の管理下にある埼玉県内の送信所限定。

県南部・県東部の大半の地域は東京スカイツリーの放送エリアのめやすである[1]

デジタル[編集]

局名 チャンネル 空中線電力 偏波面
総合
ID:1)
教育
(ID:2)
児玉 13 26 3W 垂直
小川 13 26 1W 水平
秩父 13 26 10W 垂直
小鹿野 19 17 1W 水平

※1W以上の出力の送信所のみ掲載。1W未満の中継局については、NHKさいたま放送局公式サイトを参照。

報道別館[編集]

  • 首都直下地震による災害等で、東京渋谷のNHK放送センターおよび都内の代替放送施設からの送出が不可能になった場合、さいたま放送局に隣接する施設(報道別館)から災害関連の放送を行うことができる。当面は、ラジオ放送およびインターネットでの情報発信を行う。訓練の意味合いから、2013年9月1日にこの施設からの放送が行われた。

建て替え[編集]

現在の放送会館は1966年竣工、地上3階、延べ床面積約2460平方メートルの規模で、老朽化とスペースの狭さが問題となっている。前述の通り隣接地に報道別館を建設したり、後述のように営業部を一時的にさいたま新都心に移動し狭隘化したスペースを広げるなどの努力が行われている状況である。 東日本大震災以降の経営計画では、新しく放送会館を建設する際、東京本局のバックアップ機能を整備[2]し、敷地面積約3千平方メートル・延べ床面積約5千平方メートルの広さを確保した単独建設が望ましいことが記されており、官公庁・マスコミなどが集中する浦和駅周辺で整備を検討している。

報道室・通信部・営業センター[編集]

放送部報道室
  • 所沢地域報道室(所沢市)
  • 秩父地域(秩父市)
放送部通信部
春日部(春日部市)
営業部営業センター
  • 大宮(さいたま市大宮区)
  • 川越(川越市)
営業拠点については、業務効率化のため2015年度に見直しを行うことが発表されており、局内の営業部をさいたま新都心に移転させた上で大宮営業センターと統合、両者担当区域の一部を川越センターに移した上で同所を「さいたま西営業センター」に改称するというもの。公式サイト[3]で発表されたスケジュールは以下の通り。
  • 6月22日 - 営業部を局内からさいたま新都心に移転
  • 6月29日 - 川越営業センターをカーニープレイス川越へ移転
  • 7月16日 - 大宮営業センターの業務終了、担当エリアを分割して振り分け
  • 7月22日 - 川越営業センターを「さいたま西営業センター」に改称

情報カメラ[編集]

※他にも、宝登山荒川長瀞町)、羊山公園芝桜の丘(秩父市)、菖蒲城あやめ園、コスモスふれあいロード(久喜市)で毎年季節限定で設置。

沿革[編集]

主なさいたま局制作番組[編集]

県域FM
※新番組発足に合わせ、「浦和レッズ」「大宮アルディージャ」戦を中心に不定期で放送。
総合テレビ入中

アナウンサー・キャスター[編集]

アナウンサー[編集]

キャスター[編集]

その他[編集]

  • 『埼玉県のニュース』の項目内で「詐欺警戒情報」を随時配信している。

関連人物[編集]

  • 永井多恵子(元NHK副会長。1990 - 1993年、当時の浦和放送局でNHKの女性正職員として史上初の放送局長を務めた)
  • 荒木美和(正職員アナウンサー〈初任地は新潟〉になる前はリポーター)

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]