高岡万葉テレビ中継局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高岡万葉テレビ中継局(たかおかまんようテレビちゅうけいきょく)は、かつて富山県高岡市にあった地上アナログテレビ中継局である。

概要[編集]

  • 当テレビ中継局は、ゴースト障害対策として高岡市東海老坂字馬鞍2056番地の城山に置かれ、高岡市中心部などへ電波を発射していた[1]
  • なお、デジタルテレビ中継局については置局予定がなく[2]、当テレビ中継局は、2011年7月24日をもって廃止された。

中継局概要[編集]

[要文献特定詳細情報]

放送局 チャンネル 空中線電力 ERP 放送対象地域 放送区域内世帯数 開局年月
TUTチューリップテレビ 42ch 映像10W/音声2.5W 映像81W/音声20W 富山県 約4万6000世帯 1990年10月1日
BBT富山テレビ 44ch 1981年12月
NHK富山教育テレビ 46ch 全国
NHK富山総合テレビ 48ch 富山県
KNB北日本放送 50ch
  • 正式局名は、高岡万葉テレビ中継放送所である。
  • 海抜高:234m

脚注[編集]

  1. ^ 地域情報”. 高岡市テレビ受信者相談センター. 2016年2月26日閲覧。
  2. ^ アナログ放送中継局に対応するデジタル放送中継局一覧”. 総務省 (2009年9月30日). 2015年10月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月26日閲覧。