FMかほく

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
特定非営利活動法人FMかほく
愛称 エフエムかほく
コールサイン JOZZ5AM-FM
周波数/送信出力 78.7 MHz/20 W
本社・所在地
〒929-1177
石川県かほく市白尾ル88番地
設立日 2007年6月26日
開局日 2008年7月21日
演奏所 所在地と同じ
送信所 河北郡内灘町字大根布地内
中継局 なし
放送区域 かほく市、津幡町の各一部地域、内灘町
ネット配信 TuneIn Radio
その他は本文参照
公式サイト http://fm.kahoku.net/

特定非営利活動法人FMかほく(エフエムかほく)は、石川県かほく市河北郡津幡町の各一部地域および内灘町放送区域として超短波放送FM放送)をする特定地上基幹放送事業者である。

エフエムかほく愛称コミュニティ放送を行っている。

概要[編集]

石川県ではラジオななお以来、約12年ぶり5局目のコミュニティ放送局である。2008年平成20年)7月21日に本放送開始[1][2]

コールサインはJOZZ5AM-FM、周波数は78.7MHz、送信所は内灘町風力発電所に設置。

番組編成[編集]

毎時00分・30分より「地域応援番組」と称した地元在住者がパーソナリティとなった番組を24分間放送し、1分間のCMを挟み、その後4分番組(ミニ番組)を放送し1分間のCMを放送。これを30分ごとに繰り返すことが基本となるユニークな放送形態である。

空いた時間はその再放送・外部製作番組および音楽放送で構成し、J-WAVEミュージックバードなど衛星ラジオ放送の配信は行われていない(石川県内のコミュニティ放送局では初)。

ミニ番組では、朝日新聞社が配信する音声配信ニュース『朝日新聞 アルキキ[3]』(朝日新聞によるニュース配信は北陸地方のコミュニティFMで唯一[4])、日本気象が提供する天気予報(FMかほくお天気情報)、消防本部かほく市・津幡町・内灘町)や津幡警察署からの広報も放送。かほく市・津幡町とは災害協定も結ばれている。

原則24時間放送で、放送開始基点を6:55と定めている。深夜帯から翌朝の6:55までは音楽などを放送している。なお、生放送番組は祝祭日お盆期間・年末年始は休止となる。

主な番組[編集]

詳細は番組表または番組紹介を参照。

毎日[編集]

オールナイトサウンド
  • 21:00 - 翌朝6:54(月曜 - 金曜)、21:30 - 翌朝6:54(土曜、日曜)

月曜日 - 金曜日(祝日等を除く)[編集]

地域応援番組(基本的に生放送・一部録音放送あり)
  • 9:00 - 12:00、14:00 - 15:00、18:00 - 19:30の各定時
なるほどインタビュー
  • 月曜日 - 金曜日:17:00 - 17:24(生放送)、20:30 - 20:54(再放送)他

パーソナリティは日替わりで、1人が欠席した場合は代替でほかのパーソナリティが担当する。パーソナリティによってオープニングのジングルやBGM、内容・脚色が違うのが特徴。番組内では生電話でインタビューするコーナーが展開されており、内容は以下のとおり。

  • 月曜日
    • 暮らし
  • 火曜日
    • 園芸・農業相談(JAグリーンかほく)
  • 水曜日
    • 安全
  • 木曜日
    • 防災
  • 金曜日
    • コミュニティ

新聞の拾い読みコーナでは、北國新聞北陸中日新聞に掲載されている、FMかほく放送エリア内のニュースをピックアップしている。

土曜日・日曜日[編集]

  • 原則として平日の生放送番組などを再放送。

4分間番組[編集]

朝日新聞 アルキキ
  • 1日6回放送(6:55〜、7:55〜、12:55〜、13:55〜、18:55〜、19:55〜)。朝日新聞のニュースをHOYAが開発した「Voice Text」にて読み上げる。2018年3月から放送されている。
FMかほくお天気情報
  • 日本気象が提供する天気予報。前項と同じく2018年3月から放送されている。
津幡町・内灘町消防本部、県警からのお知らせ
  • 各署から防火運動などのお知らせを放送。

天気・防災・防犯

  • 毎時25分より、お天気情報、火事、地震、行方不明、獣の出没、詐欺、不審者などをお知らせしている。

主なパーソナリティ[編集]

2019年現在。

インターネット配信[編集]

2010年(平成22年)6月1日からインターネットラジオでの配信を開始。SimulRadio(えふえむ・エヌ・ワンで実施)やJCBAインターネットサイマルラジオラジオかなざわラジオこまつ・ラジオななおで実施)での配信ではなく、FMかほく独自での配信を実施[5][6]

2011年(平成23年)からは、新たにUstreamStickam JAPAN!(2019年時点で両方とも配信を終了している)、スマートフォン向けの配信を開始した。

現在[編集]

パソコン向け
スマートフォン用アプリ

過去[編集]

パソコン向け
  • SHOUTcast Radio(緊急時は津幡町の緊急放送を配信)
  • Ustream(緊急時は津幡町の緊急放送を配信)
  • Stickam JAPAN!(緊急放送の配信なし)
スマートフォン用アプリ

地域密着型[編集]

FMかほくでは提携しているスーパーマーケットや施設などに、それらのクーポンとラジオへのメッセージ用紙がついた『かほくマガジン』を設置。ラックの最下部には応募BOXがある。

パーソナリティも一部番組を除いてすべてかほくエリア出身である。ただし、FMかほくは特定非営利活動法人であるためパーソナリティは「ボランティアパーソナリティ」と称される。なお、ボランティアパーソナリティについては常時募集している。

その他[編集]

FMかほくの番組表は、北陸中日新聞(「金沢」面)、北國新聞(ラジオ欄)、読売新聞北陸支社発行分の「石川」面、コミュニティFMでは石川・富山両県で唯一の掲載局)に掲載されている。北國新聞では2009年(平成21年)4月1日より、えふえむ・エヌ・ワンとともに番組表が掲載されるようになった。

FMかほくでは、2012年1月11日からYouTube動画を投稿し、店舗を宣伝だけでなく動画で紹介するかほく.netTV(かほくドットネットティーヴィー)を開始。

脚注[編集]

  1. ^ コミュニティ放送局(FM放送局)に予備免許 北陸総合通信局 報道発表資料 平成20年4月24日(国立国会図書館のアーカイブ:2009年1月13日収集)
  2. ^ コミュニティ放送局(FM放送局)に免許 〜 河北郡市地域で初、7月21日「海の日」から放送開始予定 〜 同上 平成20年7月15日(国立国会図書館のアーカイブ:2009年1月13日収集)
  3. ^ 音声ニュース配信 朝日新聞アルキキ - 朝日新聞デジタル
  4. ^ 生放送番組では、北國新聞や北陸中日新聞の紙面を紹介するコーナーがあるが、公式のニュース配信コーナーではない。
  5. ^ FMかほくがネットラジオ - 読売新聞 2010年5月29日
  6. ^ 「金沢北近郊」面 北陸中日新聞 2010年6月3日朝刊

外部リンク[編集]