赤瀬川隼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

赤瀬川 隼(あかせがわ しゅん、本名:赤瀬川隼彦、1931年11月5日 - 2015年1月26日)は、日本の小説家三重県生まれ。大分第一高等学校(現大分県立大分上野丘高等学校)卒業。旧制中学の同級生に、磯崎新がいた。

住友銀行、外国語教育機関書店などに勤務した後、1983年に『球は転々宇宙間』で吉川英治文学新人賞を受賞しデビュー。『白球残映』にて第113回直木賞受賞。63歳8ヶ月での受賞は歴代4番目に高齢である。『一塁手の生還』等野球をテーマにした小説が多い。

2015年1月26日、肺炎のため死去[1]。83歳没。

係累[編集]

帽子作家の赤瀬川晴子は妹。2014年に死去した芥川賞作家で芸術家赤瀬川原平(尾辻克彦)は。長女は『人麻呂の暗号』の著者である藤村由加の一人[2]

著書[編集]

  • 『映画館を出ると焼跡だった』草思社 1982「焼跡の友人 映画だけが青春だった」文春文庫
  • 球は転々宇宙間』文芸春秋 1982 のち文庫
  • 『消えた外套』講談社 1984
  • 『影のプレーヤー』文芸春秋 1985 「捕手はまだか」文庫
  • 『さすらいのビヤ樽球団』講談社 1985 のち文庫
  • 『潮もかなひぬ』文芸春秋 1985 のち文庫
  • 『ブラック・ジャパン』新潮社 1985 のち文庫
  • 『青磁のひと』新潮社 1986
  • 『花子三十、番茶も出花』潮出版社 1986
  • 『明治村幻影』中央公論社 1986
  • 『夢スタジアム スポーツショートノヴェル』徳間書店 1986
  • 『王国燃ゆ 小説大友宗麟』講談社 1987 のち学陽書房人物文庫
  • 『梶川一行の犯罪』文芸春秋 1987 「深夜球場」文庫
  • 『助っ人道中球栗毛』サンケイ出版 1987
  • 『幻影の街』集英社 1989
  • 『恋人たちの午後』文芸春秋 1989
  • 『ダイヤモンドの四季』新潮社 1989 のち文庫
  • 『雨に打たれて』実業之日本社 1990
  • 『野球の匂いと音がする』筑摩書房 1990
  • 『獅子たちの曳光 西鉄ライオンズ銘々伝』文芸春秋 1991 のち文庫
  • 『ビール片手に野球談義』実業之日本社 1991
  • 『ラジオデイズの彼方へ』筑摩書房 1991
  • 『朝焼けの賦 小説・村田新八』講談社 1992 のち文庫
  • 『それ行けミステリーズ』文芸春秋 1992 のち文庫
  • 『女は挑む男は惑う 赤瀬川隼の「女」再発見』主婦と生活社 1993
  • 『虹のスコアボード』実業之日本社 1993
  • 『夢のあかし』徳間書店 1993
  • 『あ、またシネマ彗星だ』キネマ旬報社 1995
  • 『影たちの饗宴 名画座立見席』実業之日本社 1995
  • 白球残映』文芸春秋 1995 のち文庫
  • 『ミューズの女神』大成建設 1995
  • 『四人の食卓』集英社 1995
  • 『みんなで一人旅』文芸春秋 1996
  • 『少年は大リーグをめざす』集英社文庫 1998
  • 『天紙風筆』新人物往来社 1998
  • 『漣の家 長編ロマン』実業之日本社 1999
  • 『つれづれつらつら 暮らしの散歩道』興陽館新書 2000
  • 『人は道草を食って生きる』主婦の友社 2001
  • 『冬晴れの街』実業之日本社 2001
  • 『秋日和』光文社 2003 のち文庫
  • 『甚五郎異聞』日本放送出版協会 2004

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 直木賞作家の赤瀬川隼さんが死去 産経新聞 2015年1月27日閲覧
  2. ^ 川本武ほか『本棚が見たい!2』p.48(ダイヤモンド社1996年