吉武博文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
吉武 博文 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ヨシタケ ヒロフミ
ラテン文字 YOSHITAKE Hirofumi
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1960年6月8日(55歳)
出身地 大分県
ユース
チーム
1976-1978 大分県立大分上野丘高校
1979-1982 大分大学
監督歴
チーム
2009-2014  日本 U-17
2016- FC今治
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

吉武 博文(よしたけ ひろふみ、1960年6月8日[1] - )は、大分県出身の元サッカー選手、サッカー指導者。日本サッカー協会公認S級コーチ。元中学校教諭。

来歴[編集]

大分県立大分上野丘高校ではサッカー部に所属して、1年および3年次にインターハイ、2年次に国民体育大会にそれぞれ出場した[2]

1983年に大分大学を卒業後は蒲江町立深島中学校に数学教師として赴任[2]。その後、大分市立明野中学校に赴任してサッカー部監督に就任。同校では永井秀樹三浦淳宏らを指導した。1992年から1995年はチェコに渡り、プラハの日本人学校にて教師を務める[3]。1996年に大分トリニータU-15コーチに就任、その後は大分県サッカー協会県トレセンコーチ、日本サッカー協会ナショナルトレセン九州担当チーフコーチ等を歴任。またこの当時は盲学校教諭を6年間務めている。

2009年2011 FIFA U-17ワールドカップ出場を目指すU-15日本代表監督に就任。AFC U-16選手権2010でベスト4に入り2011 FIFA U-17ワールドカップの出場権を獲得。2011年1月13日に2013 FIFA U-17ワールドカップを目指す、U-15日本代表監督に就任し、U-17日本代表監督と兼任することになった。2011 FIFA U-17ワールドカップでは18年ぶりにベスト8に進出し、フェアプレー賞も受賞。

AFC U-16選手権2012で準優勝し、2013 FIFA U-17ワールドカップの出場権を獲得。U-17ワールドカップではグループリーグを3戦全勝で突破したものの、決勝トーナメント1回戦で敗れベスト16で終わった。

2016年よりFC今治の監督に就任した

学歴[編集]

指導歴・実績[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 価値ある目標設定を 吉武さん(日本サッカー協会)が講演 宮古毎日新聞 2006年5月21日付
  2. ^ a b 記念講演(PDF)、在京大分中学・大分上野丘高校同窓会、2016年2月23日閲覧
  3. ^ [http://mainichi.jp/articles/20160306/ddl/k38/040/321000c 旬!ひと・グループ FC今治新監督・吉武博文さん /愛媛] - 毎日新聞、2016年3月6日配信

関連項目[編集]