臼杵陽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

臼杵 陽(うすき あきら、1956年6月14日 - )は、日本政治学者日本女子大学文学部・同大学院文学研究科教授。専門は、現代中東政治・中東地域研究。

来歴・人物[編集]

大分県中津市生まれ。大分県立大分上野丘高等学校東京外国語大学外国語学部卒業。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。大学院在学中、在ヨルダン日本大使館専門調査員を務める。佐賀大学講師・助教授、国立民族学博物館教授を経て、日本女子大学文学部・同大学院文学研究科教授。日本中東学会[1]事務局長(2003-04年度)および同学会会長(2011-12年度)。2008年度大同生命地域研究奨励賞[2]、第23回アジア・太平洋賞特別賞(『大川周明-天皇とイスラームのはざまで』青土社、2010年、に対して)を受賞[3]。2012年度より大同生命地域研究賞選考委員[4]。京都大学博士(地域研究)[5]。論文の題は「パレスチナ/イスラエル地域政治の研究:民族・宗教・国家の現代的相関をめぐる考察 (A study of Palestine/Israel politics : reflections on the relations between nation, religion and state in contemporary context)」[6]

パレスチナ/イスラエルを中心とする中東地域研究・中東現代政治史の研究[7]、とりわけ中東イスラーム世界出身のユダヤ教徒であるミズラヒーム研究[8]に従事するとともに、アジア・太平洋戦争期日本の「回教・回教徒問題」あるいは大川周明[9]などによる戦前日本のイスラーム研究[10]、さらに満川亀太郎などの戦前日本の「猶太問題」[11]あるいは現代ユダヤ研究についても関心をもっている。

学歴[編集]

職歴[編集]

  • 1984年 - 在ヨルダン日本大使館専門調査員
  • 1988年 - 佐賀大学教養部講師
  • 1990年 - 佐賀大学教養部助教授
  • 1990年 - エルサレム・ヘブライ大学トルーマン平和研究所客員研究員
  • 1995年 - 国立民族学博物館地域研究企画交流センター助教授
  • 1996年 - 総合研究大学院大学地域文化研究科助教授(併任)
  • 2002年 - 国立民族学博物館地域研究企画交流センター教授
  • 2002年 - 総合研究大学院大学地域文化研究科教授(併任)
  • 2005年 - 日本女子大学文学部・同大学院文学研究科教授
  • 2006年 - 東京大学大学院人文社会系研究科次世代人文学開発センター客員教授
  • 2007年 - 京都大学地域研究統合情報センター客員教授(2008年度末まで)
  • 2016年 - 日本女子大学図書館長

著書[編集]

単著[編集]

  • 『見えざるユダヤ人――イスラエルの「東洋」』(平凡社, 1998年)
  • 『中東和平への道』(山川出版社, 1999年)
  • 『原理主義』(岩波書店, 1999年)
  • 『イスラムの近代を読みなおす』(毎日新聞社, 2001年)
  • 『世界化するパレスチナ/イスラエル紛争』(岩波書店, 2004年)
  • 『イスラエル』(岩波書店[岩波新書1182], 2009年)
  • 『イスラームはなぜ敵とされたのか――憎悪の系譜学』(青土社, 2009年)
  • 『大川周明――イスラームと天皇のはざまで』(青土社, 2010年)
  • 『アラブ革命の衝撃――世界でいま何が起きているのか』(青土社, 2011年)
  • 『世界史の中のパレスチナ問題』(講談社[講談社現代新書2189],2013年)
  • 『「中東」の世界史――西洋の衝撃から紛争・テロの時代まで』(作品社, 2018年)

共著[編集]

共編著[編集]

  • 松原正毅小杉泰)『岐路に立つ世界を語る――9・11以後の危機と希望』(平凡社, 2002年)
  • (酒井啓子)『イスラーム地域の国家とナショナリズム』(東京大学出版会, 2005年)
  • 市川裕大塚和夫手島勲矢)『ユダヤ人と国民国家――「政教分離」を再考する』(岩波書店, 2008年)
  • (臼杵陽監修・赤尾光春・早尾貴紀編)『ディアスポラから世界を読む――離散を架橋するために』(明石書店, 2009年)
  • (臼杵陽監修・赤尾光春・早尾貴紀編)『シオニズムの解剖―― 現代ユダヤ世界におけるディアスポラとイスラエルの相克』(人文書院, 2011年)
  • (臼杵陽・鈴木啓之共編著)『パレスチナを知るための60章』(明石書店, 2016年)

監訳[編集]

  • バーナード・ルイス著・臼杵陽監訳・今松泰・福田義昭訳)『イスラム世界は何故没落したか?――西洋近代と中東』(日本評論社, 2003年)
  • (ダン・コンシャーボク著、ダウド・アラミー著・臼杵陽監修・翻訳)『双方の視点から描く パレスチナ/イスラエル紛争史』(岩波書店, 2011年)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]