竹山裕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
竹山 裕
たけやま ゆたか
生年月日 (1933-12-05) 1933年12月5日(83歳)
出生地 静岡県
出身校 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
前職 日本水産
所属政党 自由民主党
称号 旭日大綬章

内閣 小渕内閣
在任期間 1998年7月30日 - 1999年1月14日

選挙区 静岡県選挙区
当選回数 4回
在任期間 1983年7月9日 - 2007年7月28日
テンプレートを表示

竹山 裕(たけやま ゆたか、1933年12月5日 - )は、日本政治家自由民主党の元参議院議員(4期)。裁判官弾劾裁判所裁判長。父は元静岡県知事・元衆議院議員竹山祐太郎静岡県出身。

人物[編集]

2004年の倉田寛之参議院議長の後任として取り沙汰されたが、公設第一秘書に登録していた夫人の勤務実態にかんする問題が取り沙汰され、参議院議長になることがなかった。

経歴[編集]

選挙歴[編集]

当落 選挙 施行日 選挙区 政党 得票数 得票率 得票順位
/候補者数
比例区 比例順位
/候補者数
第13回参議院議員通常選挙 1983年6月26日 静岡県選挙区 自由民主党 421,038 28.8 1/5 - -
第15回参議院議員通常選挙 1989年7月23日 静岡県選挙区 自由民主党 443,008 25.7 2/9 - -
第17回参議院議員通常選挙 1995年7月23日 静岡県選挙区 自由民主党 383,740 30.9 2/6 - -
第19回参議院議員通常選挙 2001年7月29日 静岡県選挙区 自由民主党 552,894 31.7 1/6 - -
当選回数4回 (参議院議員4)

著作[編集]

※(雑誌掲載記事)

  • 「この国を考える(52)未来を拓く鍵は科学技術の振興にある」『月刊自由民主』(通号621)、2004年12月。
  • 「環境変化に対応した本質的な変革を目指せ-平成9年1月23日(第140回国会)-(党代表質問・参議院)『月刊自由民主』(通号528)、1997年3月。
  • 「新しい投資分野の創出を急げ (第129回国会党〔自由民主党〕代表質問)『月刊自由民主』(通号 493)、1994年4月。


議会
先代:
倉田寛之
日本の旗 参議院予算委員長
1999年
次代:
岡野裕
先代:
新設
日本の旗 参議院行政監視委員長
1998年
次代:
続訓弘
先代:
鎌田要人
日本の旗 参議院内閣委員長
1997年
次代:
廃止
先代:
岩本久人
日本の旗 参議院地方行政委員長
1995年 - 1996年
次代:
菅野壽
先代:
大河原太一郎
日本の旗 参議院大蔵委員長
1991年 - 1992年
次代:
野末陳平
公職
先代:
谷垣禎一
日本の旗 科学技術庁長官
第57代:1998年 - 1999年
次代:
有馬朗人
先代:
谷垣禎一
日本の旗 総理府原子力委員会委員長
第57代:1998年 - 1999年
次代:
有馬朗人
党職
先代:
村上正邦
自由民主党参院議員会長
第24代:2001年 - 2004年
次代:
青木幹雄