山崎力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗前参議院議員 山崎 力
生年月日 (1947-05-08) 1947年5月8日(70歳)
出身地 青森県青森市
出身校 中央大学法学部法律学科
学位・資格 法学士
前職 読売新聞社政治部記者
参議院議員秘書
環境庁長官秘書官
所属委員会 農林水産委員会
国の統治機構に関する調査会(会長)
世襲 3世
祖父・山崎岩男(元衆議院議員・元青森県知事)
父・山崎竜男(元参議院議員・元環境庁長官)
選出選挙区 青森県選挙区
当選回数 3回
所属党派 自由民主党額賀派
ウェブサイト 山崎力のヤマチャンネル
テンプレートを表示

山崎 力(やまざき つとむ 、1947年5月8日 - )は、日本政治家自由民主党所属の前参議院議員(3期)。参議院総務委員長予算委員長総務副大臣を務めた。祖父は衆議院議員青森県知事を務めた山崎岩男、父は参議院議員・環境庁長官を務めた山崎竜男、また次女は青森県外ヶ浜町町長に当選した山崎結子(2017年4月24日就任予定、同県内初の女性首長)[1]

来歴・人物[編集]

東京都立日比谷高等学校を経て、1972年中央大学法学部卒業。同年 読売新聞社入社。以後、父の秘書を経て日本新党の結党に参加。1993年第40回衆議院議員総選挙に日本新党公認(公示時点では無所属で日本新党推薦、選挙期間中に追加公認)で出馬した[要出典]が落選。その後、新進党青森副会長に就任。1995年第17回参議院議員通常選挙では新進党公認で青森県選挙区から出馬し、初当選した。

新進党解党後は改革クラブを経て、2000年自由民主党に入党。入党後、橋本派に入会した[要出典]2001年第19回参議院議員通常選挙に自民党公認で出馬し、再選。2007年第21回参議院議員通常選挙では、民主党新人の平山幸司に敗れ落選。

2010年第22回参議院議員通常選挙に自民党公認で青森県選挙区から出馬し、民主党新人の波多野里奈らを破って国政に復帰した。

2013年8月2日参議院予算委員長に就任。2014年退任[2]

2016年第24回参議院議員通常選挙では自民党公認で青森県選挙区から出馬し、民進党新人の田名部匡代に8052票差で落選[3]

政策[編集]

不祥事[編集]

  • 2013年、山崎自身が代表を務める政党支部を通して自身の資金管理団体などに1563万円を寄付し、税の優遇を受けていたことがわかった[8]

主な所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “県内初の女性首長に当選証書…青森、現職最年少”. 読売新聞. (2017年3月28日). http://www.yomiuri.co.jp/election/local/20170328-OYT1T50029.html 2017年3月29日閲覧。 
  2. ^ 公式ページ プロフィール
  3. ^ 山崎力 参院選2016”. 読売新聞. 2016年7月11日閲覧。
  4. ^ 毎日新聞2010年参院選アンケート
  5. ^ 公式ページ 政策
  6. ^ 公式ページ 政策
  7. ^ 公式ページ 政策
  8. ^ 「国会議員17人、寄付還流 党支部介し税優遇受ける」、朝日新聞、2013年4月20日
  9. ^ a b 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年

外部リンク[編集]


議会
先代:
石井一
日本の旗 参議院予算委員長
2013年 - 2014年
次代:
岸宏一
先代:
田村公平
日本の旗 参議院総務委員長
2002年 - 2003年
次代:
景山俊太郎
公職
先代:
今井宏
山本公一
日本の旗 総務副大臣
菅義偉と共同
2005 - 2006
次代:
大野松茂
田村憲久
先代:
(役職創設)
日本の旗 内閣府大臣政務官
渡辺具能西川公也と共同

2001年
次代:
仲道俊哉阪上善秀渡辺博道