日韓議員連盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日韓議員連盟(にっかんぎいんれんめい)は、自由民主党を中心に結成される日本超党派議員連盟

概要[編集]

前身は冷戦まっただ中1972年アメリカの意向で発足した日韓議員懇親会で、1975年に現在の名称に改称された。冷戦時代は韓国の議員との交流などを積極的に行い、友好関係促進により西側諸国として団結して東側諸国に対抗することを目的にされた。

日本社会党がアメリカを敵対視し、ソ連などの東側諸国である北朝鮮を支持し交流していたのに対抗して自由民主党民社党など自由民主主義を標榜としていた議員が多数在籍してきた。その名残で前内閣総理大臣安倍晋三をはじめ大半を自由民主党の議員で構成する。

軍事政権時代は韓国に批判的だった左派2002年北朝鮮による日本人拉致問題発覚後に旧社会党議員だった民主党議員や公明党日本共産党なども参加してきたため連盟も変わってきた。民主党議員のみの民主党日韓議員交流委員会と日韓議員連盟の両方に所属している民主党議員が多い。

冷戦中で韓国が軍事政権だった時では、政権同士の関係の緊張も指導者の意を受けた側近や補佐役が交渉チャンネルとして役割を果たしてきた。しかし、韓国の民主化後や冷戦崩壊後に日韓間でいわゆる歴史認識問題や領有権問題が懸案となり、水面下の交渉チャンネルは機能しなくなった。過去の日韓関係では一定の役割を果たしてきた日韓協力委員会や日韓議員連盟といった両国指導層のネットワークも、今では日韓間を調整する能力を持っていない[1]

他に日韓関係の議員連盟としては朝鮮通信使交流議員の会日韓海底トンネル推進議員連盟等が存在する。

活動[編集]

  • 2013年11月29日、日本・東京で合同総会。韓国側から日本における外国人参政権を実現するように要請し、日本側は「法案の実現に向けて努力する」と声明を発表した[2]。また、靖国神社参拝について、河村建夫日韓議員連盟幹事長から「国のために献身した同胞の英霊に尊崇の念を表すことはどこの国でもしている」と説明を行い、黄祐呂会長から「『過去の反省』上に立つ未来志向的な関係をどう構築していくべきかについて、両国国会議員が深く悩んでみる必要がある」と応じた。総会の雰囲気について、姜昌一幹事長は「日本国内の雰囲気が非常によくないのに驚いた」と感想を述べている[3]
  • 2014年10月25日、韓国・ソウルで合同総会。「日本側は河野談話村山談話など歴代政権の立場を継承することを再確認した」「日本側は河野談話、村山談話の精神にふさわしい行動をとることにした」などの声明を発表した。なお、産経新聞加藤達也前ソウル支局長が朴槿恵大統領の名誉を傷つけたとして起訴され、拘束されている問題(産経新聞韓国大統領名誉毀損問題)については、韓国側の反対によって日韓の懸念事項として扱わないことで、日韓で合意された[4]
  • 2015年5月11日、韓国・ソウルで合同幹事会。軍艦島などの「明治日本の産業革命遺産」の世界文化遺産登録に韓国政府が反対していることについて、政治問題化しないよう韓国側に理解を求め、22日に継続して協議することを確認した[5]。しかしながら、韓国側は翌日の国会本会議で、日本政府が「明治日本の産業革命遺産」の世界文化遺産への登録を推進していることを糾弾する決議を可決、採択した[6]
  • 2017年12月11日、日本で行われた合同幹事会で慰安婦問題日韓合意などについて議論。共同宣言では韓国側の「合意は慰安婦や国民の気持ちを反映していない」という主張に配慮し、慰安婦問題日韓合意の韓国側の履行が行われていない問題の記載を行わず、その代わりに、日本側が村山談話や河野談話の立場を継承していくことを再確認したという内容で取りまとめられた。また、韓国人の特別永住者に対する日本への地方参政権付与についても日本が迅速な法整備に向けて努力することも全会一致で採用された[7]
  • 2018年12月、日韓議員連盟の額賀福志郎会長と河村建夫幹事長が訪韓し、韓日議員連盟の姜昌一会長、李洛淵首相と面談。徴用工訴訟問題について、韓国の裁判所で被害事実が認められた徴用被害者に対する日本企業の賠償を前提に、韓国政府が財団を設立してその他の徴用被害者を慰労するという解決策を練った[8]
  • 2019年8月23日、日韓議員連盟と韓日議員連盟は、韓国政府が前日に日韓秘密軍事情報保護協定(GSOMIA)を破棄することを表明したことを受けて、東京で同年9月18日に開催する予定だった両議連の合同総会を延期することを決めた[9]
  • 2021年1月12日、首都圏で新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言が発令される中、東京・帝国ホテルで開催され、200人余りが参加した在日本大韓民国民団(民団)主催の新年会に、公明党山口那津男代表、日韓議員連盟の額賀福志郎会長ら与野党の議員19人が出席した[10]。(駐日大韓民国大使や訪日予定だった韓国の国会議員は首都圏の緊急事態宣言に伴い出席を見送った[11])

主な所属議員(一部)[編集]

役員[編集]

日韓議員連盟会長額賀福志郎

所属議員[編集]

過去に所属していた議員[編集]

過去に所属していた元議員[編集]

脚註[編集]

  1. ^ 相互不信の連鎖を断ち切る時――国交50年の日韓関係
  2. ^ 「第36回日韓・韓日議員連盟合同総会」共同声明[1][2]
  3. ^ 中央日報 2013年11月30日10時08分 2年ぶりに会った韓日議員130人、総会の雰囲気は…[3]
  4. ^ 朝日新聞 2014年10月25日22時11分 日韓の議連総会、共同声明で慰安婦問題に言及 [4]
  5. ^ 統合ニュース 2015/05/08 18:35 産業革命施設の世界遺産登録問題 日本と22日に協議=韓国[5]
  6. ^ 朝日新聞 2015年5月12日20時24分 韓国の国会、日本の産業革命遺産めぐり糾弾決議を可決[6]
  7. ^ 産経新聞 2017.12.11 21:55 日韓・韓日議連が共同声明 日韓合意履行求める文言なし 外国人地方参政権付与は明記 [7]
  8. ^ 中央日報 2019年05月22日07時37分 文大統領の一言でオールストップした韓日関係、与党が出口探る(1)[8]
  9. ^ 日韓・韓日両議連 合同総会9月開催を延期 11月再調整も開催めど立たず”. 毎日新聞 (2019年8月23日). 2019年8月24日閲覧。
  10. ^ 「民団の建物に石が飛んできて…僑胞の死活かかっている」”. 朝鮮日報 (Wayback Machine アーカイブ) (2021年1月15日). 2021年12月1日閲覧。
  11. ^ 韓日議連の訪日延期に 日本の新型コロナ急拡大で”. 聯合ニュース (2021年1月7日). 2021年1月21日閲覧。
  12. ^ a b c d “黄祐呂(ファン・ウヨ)韓日議員連盟会長による安倍総理表敬”. 外務省. (平成25-01-09). https://www.mofa.go.jp/mofaj/kaidan/s_abe2/130109_02.html 
  13. ^ a b c d “韓日議員連盟幹部一行による安倍総理大臣表敬”. 外務省. (平成27-07-10). https://www.mofa.go.jp/mofaj/a_o/na/kr/page4_001307.html 
  14. ^ a b c d e “韓日議員連盟幹部一行による安倍総理大臣表敬”. 外務省. (平成29-12-11). https://www.mofa.go.jp/mofaj/a_o/na/kr/page11_000060.html 
  15. ^ “일한의원연맹 간사장에 '7선 의원' 다케다 전 총무상”. 중앙일보. (2021年12月14日). https://news.v.daum.net/v/20211214160415947? 
  16. ^ 中央日報 日韓議員連盟の幹事長に武田良太前総務相
  17. ^ あいさわ一郎とは”. あいさわ一郎. 2021年12月3日閲覧。
  18. ^ 『“成熟”で日韓大きく成長 』”. 麻生太郎 (2008年3月7日). 2021年12月3日閲覧。
  19. ^ a b “韓日・日韓議連が東京で合同幹事会開催 関係改善策など協議”. 聯合ニュース. (2021年7月14日). https://jp.yna.co.kr/view/AJP20210714004000882 2021年12月3日閲覧。 
  20. ^ a b “真の友好・親善に努力 日韓議員連盟総会 市田書記局長があいさつ”. 赤旗. (2010年11月11日(木)). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik10/2010-11-11/2010111102_05_1.html 
  21. ^ a b c d “志位委員長が顧問就任 日韓議連が総会開く”. 赤旗. (2013年2月16日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2013-02-16/2013021602_02_1.html 
  22. ^ プロフィール”. 自由民主党 衆議院議員 西村あきひろ. 2021年12月3日閲覧。
  23. ^ 岸本周平 (2014年7月18日). “日韓の架け橋―議員連盟の役割”. BLOGS. 2020年12月31日閲覧。
  24. ^ “朝鮮半島非核化へ議論 済州フォーラム 笠井氏が発言”. 赤旗. (2018年6月30日(土)). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-06-30/2018063002_04_1.html 
  25. ^ “日韓 違い認める余裕を 「関係はガラス細工の繊細さ」 白真勲・参院議員に聞く”. 西日本新聞. (2019年8月9日). https://www.nishinippon.co.jp/item/n/533950/ 
  26. ^ “<民団岐阜本部>野田議員を祝福…日韓議連女性部会長就任”. 民団新聞. (2017年6月28日). https://www.mindan.org/old/front/newsDetail8f82.html 
  27. ^ “林芳正氏・小渕優子氏…「知韓派議員」も世代交代”. 朝鮮日報日本語版. (2021年11月1日). http://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2021110180004 
  28. ^ “日韓議員連盟会合 穀田議員が主張”. 赤旗. (2019年8月1日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik19/2019-08-01/2019080101_04_1.html 
  29. ^ “「いくら議連が頑張っても日韓問題が解決できない」中谷元議員が明かす日韓議連の実情 “徴用工問題”の着地点は”. ABEMA Prime. (2019年8月1日). https://times.abema.tv/articles/-/7034656 
  30. ^ 活動日誌 こくたが駆く”. 日本共産党 こくた恵二. 2021年12月3日閲覧。
  31. ^ 西村やすとし 国会活動”. 西村やすとし オフィシャルサイト. 2021年11月18日閲覧。
  32. ^ プロフィール”. 赤嶺政賢. 2021年11月19日閲覧。
  33. ^ プロフィール・実績”. 井上さとし. 2021年11月19日閲覧。
  34. ^ 自民党参議院議員 石井まさひろ”. 石井まさひろ事務所. 2021年11月18日閲覧。
  35. ^ 7月11日 その2929 『逢坂誠二の徒然日記』(4573)”. おおさか誠二. 2021年12月6日閲覧。
  36. ^ 主な所属議連”. 自民党副幹事長 参議院議員 大野泰正. 2021年12月3日閲覧。
  37. ^ a b c d 議員活動 日韓議員連盟の総会に出席”. 日本共産党元衆議院議員 しまづ幸広. 2021年12月6日閲覧。
  38. ^ a b 日韓議連・額賀氏、韓日議連来日時に改善に向けた意見交換意欲”. 産経新聞. 2021年11月18日閲覧。
  39. ^ a b c d “韓日の新政権発足を機に関係改善を 両国議員が会合”. 聯合ニュース. (2021年11月1日). https://news.yahoo.co.jp/articles/089af66960ebead5ddef0cef925195775542ca54 
  40. ^ 11月1日小林しげき日誌【日韓議連】”. 小林しげき. 2021年12月6日閲覧。
  41. ^ 活動日記”. 日本共産党 衆議院議員 塩川鉄也. 2021年12月3日閲覧。
  42. ^ プロフィール”. きいたかし. 2021年11月22日閲覧。
  43. ^ ブログ”. 国重とおる. 2021年11月18日閲覧。
  44. ^ @syunsuke_takei. "日韓議連の会議に出席のためソウルに" (ツイート). Twitterより2021年12月6日閲覧
  45. ^ 活動報告・活動履歴 2017年12月10日日韓議員連盟総会”. 長島昭久. 2021年11月22日閲覧。
  46. ^ 議会・政党での活動 中谷一馬の議会・政党での活動”. 中谷一馬. 2021年11月22日閲覧。
  47. ^ 日本経済新聞 日韓議連の河村氏が訪韓 韓日議連会長と会談へ
  48. ^ 私が日韓議連を辞めた理由 韓国には堪忍袋の緒が切れた”. 衆議院議員 城内実 月刊正論3月号. 2021年12月6日閲覧。
  49. ^ a b c 秘書日記 2010年10月25日「議員連盟裏話」土橋雄宇”. 衆議院議員 手塚よしお:立憲民主党 東京5区 目黒 世田谷. 2021年12月6日閲覧。
  50. ^ “韓日議員連盟幹部一行による安倍総理大臣表敬”. 外務省. (平成28-01-13). https://www.mofa.go.jp/mofaj/a_o/na/kr/page4_01694.html 
  51. ^ 江田五月活動日誌 2015年12月”. 江田五月. 2021年12月6日閲覧。
  52. ^ 韓国出張 その① 若手国会議員間の交流”. 衆議院議員 高井たかし. 2021年12月6日閲覧。
  53. ^ 日韓議員連盟の女性議員団で韓国を訪問しました”. 辻元清美. 2021年12月6日閲覧。
  54. ^ 過去の活動日誌”. 前衆議院議員 本田平直. 2021年12月6日閲覧。
  55. ^ プロフィール 三日月大造”. 2021年11月21日閲覧。
  56. ^ 活動ブログ 日韓・韓日議員連盟合同総会”. 辻元清美. 2021年12月6日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]