西村明宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
西村 明宏
にしむら あきひろ
Nishimura Akihiro (2019).png
内閣官房副長官在任時に公開された肖像写真
生年月日 (1960-07-16) 1960年7月16日(62歳)
出生地 日本の旗 日本 福岡県北九州市
出身校 早稲田大学政治経済学部政治学科
早稲田大学大学院政治学研究科修了
前職 衆議院議員政策秘書
所属政党 自由民主党安倍派
称号 政治学修士
公式サイト 西村あきひろ オフィシャルウェブサイト

内閣 第2次岸田改造内閣
在任期間 2022年8月10日 - 現職

日本の旗 内閣官房副長官(政務担当)
内閣 第4次安倍再改造内閣
在任期間 2019年9月11日 - 2020年9月16日

選挙区 宮城3区
当選回数 6回
在任期間 2003年11月9日 - 2009年7月21日
2012年12月16日 - 現職
テンプレートを表示

西村 明宏(にしむら あきひろ、1960年7月16日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(6期)、環境大臣(第31代)、内閣府特命担当大臣(原子力防災)

内閣官房副長官第4次安倍再改造内閣)、国土交通副大臣内閣府副大臣復興副大臣第2次安倍改造内閣第3次安倍内閣)、内閣府大臣政務官第1次安倍改造内閣福田康夫内閣)、衆議院国土交通委員長を歴任。

父は書家の西村天峰(にしむら てんぽう、本名:西村 明〈にしむら あきら〉)、1930年 - 2011年8月7日[1])。

来歴[編集]

福岡県北九州市生まれ(現住所は宮城県名取市手倉田字諏訪[2])。福岡県立小倉高等学校を経て[3]早稲田大学政治経済学部政治学科卒業。同大学院政治学研究科修了[4]

大学の先輩である三塚博衆議院議員の政策秘書などを務め[5]、後継指名を受けて2003年11月9日第43回衆議院議員総選挙自由民主党公認で宮城3区から出馬し、初当選。2005年9月11日第44回衆議院議員総選挙で再選。

2007年9月第1次安倍内閣内閣府大臣政務官に任命された。

2009年8月30日第45回衆議院議員総選挙では、公明党の推薦も受けたが[6]比例復活も出来ずに落選した。

2012年12月16日第46回衆議院議員総選挙で自民党から宮城3区に出馬し、3選。国政に復帰する。

2014年9月4日第2次安倍改造内閣国土交通副大臣復興副大臣に任命され[7]翌月3日、兼ねて内閣府副大臣に任命された[8]。2014年12月14日第47回衆議院議員総選挙で自民党から宮城3区に出馬し、4選。

2017年8月、衆議院国土交通委員長に就任[9]。同年10月22日第48回衆議院議員総選挙野党の新人2人相手に完勝し、5選。

2018年10月、自民党経済産業部会長に就任[10]

2019年3月17日、自民党宮城県連会長に就任[11]。同年9月、第4次安倍再改造内閣内閣官房副長官に任命された。[12]

2020年9月29日、自民党政務調査会副会長兼事務局長、選挙対策委員会筆頭副委員長に就任。

2021年10月31日、第49回衆議院議員総選挙で6選。

2022年8月10日、第2次岸田改造内閣において環境大臣に任命され、初入閣[13][14]

政策・主張[編集]

憲法[編集]

  • 憲法改正について、2017年、2021年のアンケートで「どちらかといえば賛成」と回答[15][16]
  • 憲法を改正し緊急事態条項を設けることについて、2021年の毎日新聞社のアンケートで「賛成」と回答[18]

外交・安全保障[編集]

  • 「他国からの攻撃が予想される場合には敵基地攻撃もためらうべきではない」との問題提起に対し、2017年、2021年のアンケートで「どちらとも言えない」と回答[15][16]
  • 北朝鮮に対しては対話よりも圧力を優先すべきだ」との問題提起に対し、2017年、2021年のアンケートで「どちらかと言えば賛成」と回答[15][16]

ジェンダー[編集]

  • 選択的夫婦別姓制度の導入について、2014年、2017年のアンケートでは「反対」と回答[19][15]。2021年のアンケートでは「どちらかといえば反対」と回答[16]
  • 同性婚を可能とする法改正について、2017年のアンケートで「どちらとも言えない」と回答[15]。2021年の朝日新聞社のアンケートでは「どちらとも言えない」と回答[16]。同年のNHKのアンケートでは回答しなかった[17]
  • LGBTなど性的少数者をめぐる理解増進法案を早期に成立させるべきか」との問題提起に対し、2021年のアンケートで「どちらとも言えない」と回答[16]
  • クオータ制の導入について、2021年のアンケートで回答しなかった[17]

消費税増税[編集]

  • 2012年の公開アンケートにおいて、消費税2014年4月に8%、2015年10月に10%まで引き上げる法律が成立したことについて「引き上げは必要だが、時期は先送りすべきだ」と回答している[20]
  • 2014年の公開アンケートにおいて、「2017年4月に消費税率を10%に引き上げるべきだ」と回答している[21]
  • 2017年の公開アンケートにおいて、消費税2019年10月に10%に引き上げることについて「賛成」と回答している[22]

その他[編集]

  • 森友学園を巡る公文書改竄問題で、財務省が開示を拒んでいた「赤木ファイル」が2021年6月22日、大阪地裁の命令によって公開された[24]。国の対応をどう考えるかとの問いに対し、2021年の毎日新聞社のアンケートで「これ以上、調査や説明は必要ない」と回答[18]
  • 原発は日本に必要だと2014年のアンケートで回答[23]
  • 原子力発電への依存度について今後どうするべきか」との問題提起に対し、2021年のアンケートで回答しなかった[17]

旧統一教会との関係[編集]

  • 2017年5月9日、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)系の日刊紙「ワシントン・タイムズ」主催による「日米議員・有識者懇談会」が衆議院第一議員会館で開催。西村は懇談会に出席し、のちの取材で「米国議員が来日するので出席してほしいと別の議員から誘いを受け、会議の前に顔を出した」と答えた[26]。教団の北米総会長(当時)のキム・ギフンは懇談会で「ワシントン・タイムズ代表団と日本の国会議員約100人が出会った場所で『真の父母様』の考えを紹介でき、とても満足しています」と述べた[26]
  • 2019年6月9日、統一教会の友好団体幹部が講師に招かれた集会「激動の二〇一九年 日本の行くべき道 安全保障フォーラム 宮城県大会」が仙台国際センターで開催。西村は同集会で宮城県代表世話人を務めた[27][28]
  • 2022年8月10日の環境相就任記者会見において、西村は当時自身が会長を務めていた自由民主党宮城県連に当該会合への案内があったことから「世話人を引き受けたというのは事実だ」と認めたうえで、当該イベントへの出欠に関して「率直にあまり記憶がない」「会合が多く、記憶がない」などと話し、「事務所に確認したが出欠の記録が残っていないためわからない」とする一方で、他の世話人が著名な保守系の識者であったので、当該イベントが旧統一教会と関係があるという認識はなく、指摘があって初めて知ったことであり、旧統一教会とは「直接の関係は持っていないし、主催だと認識している会合に出席したことは今までない」と釈明し、「今後は旧統一教会とは一切関係を持たず、疑念を抱かれることがないように適切に対応したい」と語った[29][30][31]

選挙歴[編集]

当落 選挙 執行日 年齢 選挙区 政党 得票数 得票率 定数 得票順位
/候補者数
政党内比例順位
/政党当選者数
第43回衆議院議員総選挙 2003年11月9日 43 宮城3区 自由民主党 7万4045票 46.35% 1 1/3 /
第44回衆議院議員総選挙 2005年9月11日 45 宮城3区 自由民主党 9万8269票 52.26% 1 1/3 /
第45回衆議院議員総選挙 2009年8月30日 49 宮城3区 自由民主党 8万5897票 43.49% 1 2/3 /
第46回衆議院議員総選挙 2012年12月16日 52 宮城3区 自由民主党 8万8801票 58.24% 1 1/3 /
第47回衆議院議員総選挙 2014年12月14日 54 宮城3区 自由民主党 7万6246票 54.49% 1 1/3 /
第48回衆議院議員総選挙 2017年10月22日 57 宮城3区 自由民主党 9万2893票 60.31% 1 1/3 /
第49回衆議院議員総選挙 2021年10月31日 61 宮城3区 自由民主党 9万6210票 59.27% 1 1/3 /

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 訃報: 西村天峰さん 81歳=書家、西村明宏・元衆院議員の父/福岡 - 毎日jp(毎日新聞)
  2. ^ 自由民主党宮城県支部連合会 政治資金収支報告書(平成30年分定期公表) (PDF)”. 宮城県選挙管理委員会 (2019年11月29日). 2019年12月2日閲覧。
  3. ^ 明陵同窓会”. 2019年4月6日閲覧。
  4. ^ プロフィール
  5. ^ 宮城3区 主な候補者の横顔
  6. ^ 公明、比例15人を公認…自民128人も追加推薦 読売新聞 2009年8月6日
  7. ^ 『官報』 平成26年(2014年)9月9日 本紙第6371号 p. 7
  8. ^ 『官報』 平成26年10月7日 本紙第6389号 p. 9
  9. ^ 自民、衆院委員長ら了承 森英介憲法審査会長は続投 産経ニュース
  10. ^ 小泉進次郎氏、自民厚労部会長に
  11. ^ 『第64回自由民主党宮城県連定時大会』 | 自由民主党 宮城県支部連合会
  12. ^ 第4次安倍第2次改造内閣 閣僚等名簿” (日本語). 首相官邸ホームページ. 2019年9月17日閲覧。
  13. ^ 日本放送協会. “内閣改造 環境相に安倍派の西村明宏氏起用へ 初入閣 | NHK”. NHKニュース. 2022年8月9日閲覧。
  14. ^ 西村明宏元官房副長官を環境相に起用 自民・安倍派 内閣改造” (日本語). 毎日新聞. 2022年8月9日閲覧。
  15. ^ a b c d e f g h 西村明宏”. 2017衆院選 候補者アンケート(朝日・東大谷口研究室共同調査). 朝日新聞社. 2021年10月22日閲覧。
  16. ^ a b c d e f g 西村明宏”. 朝日・東大谷口研究室共同調査 - 2021衆議院選挙. 朝日新聞社. 2021年10月22日閲覧。
  17. ^ a b c d 宮城3区”. NHK 衆議院選挙2021 候補者アンケート. 2021年10月21日閲覧。
  18. ^ a b 自民 宮城3区 西村明宏”. 第49回衆院選. 毎日新聞社. 2022年6月7日閲覧。
  19. ^ “朝日・東大谷口研究室共同調査 - 2014衆院選”. 朝日新聞 (朝日新聞社). http://www.asahi.com/senkyo/sousenkyo47/asahitodai/ 2020年11月30日閲覧。 
  20. ^ “2012衆院選 宮城3区 西村 明宏”. 毎日新聞 (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A04003001001 2020年11月30日閲覧。 
  21. ^ “2014衆院選”. 朝日新聞 (朝日新聞社). http://www.asahi.com/senkyo/sousenkyo47/carta/AZZZZZ05O.htm 2020年11月30日閲覧。 
  22. ^ a b “第48回衆院選 自民 宮城3区 西村明宏”. 毎日新聞. オリジナルの2020年12月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20201212070918/https://mainichi.jp/senkyo/48shu/meikan/?mid=A04003003003 2021年12月9日閲覧。 
  23. ^ a b “2014衆院選 宮城3区 西村 明宏”. 毎日新聞 (毎日新聞社). https://senkyo.mainichi.jp/47shu/meikan.html?mid=A04003002002&st=tk 2020年11月30日閲覧。 
  24. ^ 原田晋也、皆川剛 (2021年6月23日). “森友問題「赤木ファイル」黒塗りでも読み解けたこと、残った謎 安倍昭恵氏の削除は初日に指示”. 東京新聞. https://www.tokyo-np.co.jp/article/112153 2021年9月21日閲覧。 
  25. ^ 特定秘密保護法 国会議員の投票行動”. 東京新聞. 2014年12月13日閲覧。
  26. ^ a b 旧統一教会幹部らが自民党本部を訪問し議員会館でも…「国会議員に真の父母様の考えを紹介」桜を見る会にも“教団の関連団体”幹部が参加 | TBS NEWS DIG” (日本語). TBS NEWS DIG. 2022年8月9日閲覧。
  27. ^ 環境相で初入閣予定の西村明宏氏、教団側出席の会合に参加”. 朝日新聞 (2022年8月10日). 2022年8月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年8月10日閲覧。
  28. ^ 藤倉善郎 (2021年10月27日). “やや日刊カルト新聞: 【衆院選2021】総力特集・カルト候補ぜんぶ載せ!”. やや日刊カルト新聞. 2022年8月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年8月9日閲覧。
  29. ^ 西村環境大臣 旧統一教会の「代表世話人引き受けたが出席の記憶ない」” (日本語). テレ朝news. 2022年8月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年8月11日閲覧。
  30. ^ 西村新環境大臣 就任会見で旧統一教会関係のイベントの代表世話人認めるも参加したかは「記憶がない」 | TBS NEWS DIG (1ページ)” (日本語). TBS NEWS DIG. 2022年8月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年8月11日閲覧。
  31. ^ 「世話人引き受けた」 旧統一教会関連会合で西村環境相” (日本語). 産経ニュース. SANKEI DIGITAL INC. (2022年8月11日). 2022年8月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年8月11日閲覧。
  32. ^ “2020年12月号_2面”. 全国たばこ新聞 (全国たばこ販売協同組合連合会). (2020年11月25日). http://zenkyou.xsrv.jp/wp-content/uploads/2020/11/2020%E5%B9%B412%E6%9C%88%E5%8F%B7_2%E9%9D%A2.pdf 2020年11月30日閲覧。 
  33. ^ a b c 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年
  34. ^ 理事・会員リスト パチンコチェーンストア協会

外部リンク[編集]

公職
先代
山口壯
日本の旗 環境大臣
第31代:2022年 -
次代
現職
先代
山口壯
日本の旗 特命担当大臣原子力防災
第14代:2022年 -
次代
現職
先代
西村康稔
日本の旗 内閣官房副長官(政務担当・衆議院)
2019年 - 2020年
次代
坂井学
先代
高木毅
野上浩太郎
日本の旗 国土交通副大臣
北川イッセイと共同

2014年 - 2015年
次代
土井亨
山本順三
先代
谷公一
浜田昌良
岡田広
愛知治郎
日本の旗 復興副大臣
浜田昌良
長島忠美と共同

2014年 - 2015年
次代
長島忠美
若松謙維
山本順三
先代
岡下信子
田村耕太郎
谷本龍哉
日本の旗 内閣府大臣政務官
戸井田徹
加藤勝信と共同

2007年 - 2008年
次代
宇野治
並木正芳
松浪健太
議会
先代
西銘恒三郎
日本の旗 衆議院国土交通委員長
2017年 - 2018年
次代
谷公一