森美秀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
森美秀
もり よしひで
生年月日 1919年8月8日
出生地 千葉県勝浦市
没年月日 (1988-05-15) 1988年5月15日(満68歳没)
出身校 玉川塾(専門部)
前職 日本冶金工業取締役
昭和火薬代表取締役社長
所属政党 自由民主党
親族 父・森矗昶
兄・森曉
兄・森清
妹・安西満江
妹・三木睦子
妹・田中三重子
従兄・岩瀬亮
長男・森英介

選挙区 千葉県第3区
当選回数 7回
在任期間 1969年12月29日 - 1988年5月15日

日本の旗 第17代 環境庁長官
内閣 第2次中曽根第2次改造内閣
在任期間 1985年12月28日 - 1986年7月22日
テンプレートを表示

森 美秀(もり よしひで、1919年8月8日 - 1988年5月15日)は、日本政治家企業家自由民主党衆議院議員千葉県勝浦市出身。長男は自由民主党衆議院議員の森英介

来歴・人物[編集]

父は森コンツェルンの総帥で衆議院議員の森矗昶森清森曉三木武夫夫人の睦子の弟にあたる。1940年玉川塾(専門部)を卒業し、日本冶金工業に入社する。戦後は、東亜精機代表取締役、苫小牧ファーム社長などを歴任。1949年9月3日、東京青年商工会議所(現、東京青年会議所)の発足に参画。発足当初のチャーター・メンバー48名のひとりとなる。

兄・清の急死により、後継者として1969年第32回衆議院議員総選挙に出馬し、初当選(当選同期に小沢一郎羽田孜梶山静六奥田敬和渡部恒三綿貫民輔塩崎潤森喜朗村田敬次郎松永光江藤隆美中山正暉浜田幸一など)。以後当選7回。自民党では園田直派を経て、義兄の三木武夫派-河本敏夫派に所属した。衆議院大蔵委員長、自民党国会対策副委員長、副幹事長、大蔵政務次官経済企画政務次官などを経て、1985年第2次中曽根内閣第2次改造内閣環境庁長官として初入閣。

1988年5月15日死去。享年68。長男・英介が地盤を引き継いで後継者となった。