井上卓一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

井上 卓一(いのうえ たくいち、1894年明治27年)12月5日 - 1979年昭和54年)12月7日[1])は、日本の弁護士政治家衆議院議員内閣官房副長官

経歴[編集]

岡山県勝南郡湯郷村(現美作市)出身[1]1923年早稲田大学専門部法律科を卒業[2]

東京で弁護士となり[1]、日本弁護士協会理事も務めた。その他、小石川区会議員、東京市会議員を歴任[2]

1946年4月、第22回衆議院議員総選挙で岡山県選挙区に日本自由党から出馬し当選。1947年4月の第23回総選挙で落選し、衆議院議員を一期務めた。1954年12月から第1次鳩山一郎内閣内閣官房副長官(事務担当)を務め[3]第2次鳩山一郎内閣内閣総理大臣秘書官に就任[2]

以後、自由民主党顧問、パイオニア (株) 監査役などを務めた[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』70頁。
  2. ^ a b c 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』37頁。
  3. ^ 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』467頁。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。