世耕弘成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
世耕 弘成
せこう ひろしげ
Hiroshige Seko cropped 2 John Kerry Shinzo Abe Fumio Kishida Katsunobu Kato and Hiroshige Seko 20130415.jpg
生年月日 1962年11月9日(51歳)
出生地 大阪府大阪市天王寺区
出身校 早稲田大学政経学部政治学科
ボストン大学コミュニケーション学部大学院
前職 会社員(NTT)
所属政党 自由民主党町村派
称号 政治学士
企業広報論修士
親族 妻:林久美子
祖父:世耕弘一
伯父:世耕政隆
公式サイト 参議院議員・世耕弘成

選挙区 和歌山県選挙区
当選回数 4回
任期 1998年 - 現職
議員会館 参議院議員会館1017号室

内閣 第1次安倍内閣
任期 2006年9月26日 - 2007年8月27日

内閣 第2次安倍内閣
任期 2012年12月26日 - 現職
テンプレートを表示

世耕 弘成(せこう ひろしげ、1962年11月9日 - )は、日本政治家自由民主党所属の参議院議員(4期)、内閣官房副長官第2次安倍内閣、政務担当・参議院)。学校法人近畿大学第4代理事長(前職)。

自民党政策調査会長代理、自民党参議院政策審議会長等を歴任した。

人物[編集]

大阪府大阪市天王寺区生まれ、和歌山県新宮市在住。父は学校法人近畿大学第3代理事長の世耕弘昭。祖父は元経済企画庁長官の世耕弘一伯父は元自治大臣の世耕政隆

大阪教育大学教育学部附属高等学校天王寺校舎ではノーベル賞受賞者京都大学山中伸弥教授と同期。[1]早稲田大学政治経済学部政治学科を卒業。1986年日本電信電話(NTT)に入社。1990年よりNTTからの派遣でボストン大学コミュニケーション学部大学院へ留学し、1992年修了、企業広報論修士号を取得。帰国後、関西支社経理部経営管理担当課長、本社広報部報道部門報道担当課長を務める。

1998年11月、伯父・世耕政隆の死去に伴う参議院和歌山県選挙区補欠選挙自由民主党公認で出馬し、初当選。森派に入会した。2001年第19回参議院議員通常選挙で再選。

参議院自民党副幹事長、同国会対策副委員長、自民党マルチメディア局長、同遊説局長等を歴任。2003年9月から2004年9月まで総務大臣政務官を務め、国会では主に総務委員会に所属。以降、参議院総務委員会理事、参議院自民党政策審議会副会長、自民党党改革実行本部事務局次長、同行政改革本部事務局次長、新憲法起草委員等を務める。学校法人近畿大学の副理事長にも就任。また和歌山県護国神社奉賛会の会長を務めている。

2005年9月11日第44回衆議院議員総選挙では、自民党広報本部長代理及び自民党幹事長補佐として自民党のメディア戦略を担当した。総選挙後の論座2005年11月号インタビュー「すべてセオリー通り、です。」では、民間の広告会社と協力しながらマスメディア対策を事細かに指揮していたことを明らかにしている。党の「コミュニケーション戦略チーム」においては、広報戦略・IT戦略を担当し、ホームページ上で募集している後援会員組織チーム世耕(自民党ネットサポーターズクラブの前身団体)を擁する。また、同年成立の障害者自立支援法の可決に大きな役割を果たす。

2006年9月26日安倍内閣の内閣総理大臣補佐官として政権入り。各国首脳会談に随行し安倍をサポート。国内だけではなく、海外メディアの取材も積極的に受け、世界に向けた情報を発信する。また、安倍内閣の最重要プロジェクトである「『美しい国づくり』プロジェクト」を推進、各界有識者の意見を集約する。

参議院自民党の閣僚枠(参議院枠)や公認候補差し替えについて進言し、参議院に切り込めば小泉を超えると焚きつけたとされ、参議院幹事長の片山虎之助に叱責されたが、「政策マターは自分だがこの件は違う」と述べた[2]

また、首席内閣総理大臣秘書官井上義行が、世耕ら首相補佐官の発言力拡大を警戒して安倍との面会をさせず、また安倍自身も世耕の進言を取り入れないなどの状況にあり、広報担当としての職務を満足に果たせない状況にあったとする報道もあった[3]。しかし、安倍は文藝春秋2008年2月号の手記で「マスコミとの間に必要以上に緊張関係をつくり、良好なコミュニケーションを持つことができなかった」「広報担当補佐官には大変なご苦労を掛けた」と説明している。2007年8月27日発足の第1次安倍改造内閣では広報担当の補佐官自体を置いておらず、首相補佐官を退任した。

2007年の第21回参議院議員通常選挙で3選。首相補佐官を退任後は、ねじれ国会となった同年9月の臨時国会以降の議院運営委員会筆頭理事に就任し、野党の議院運営委員長の下、国会運営の円滑化に奔走した。

2009年中川秀直らが進めた麻生おろしに加わり、若手議員を中心にした速やかな政策実現を求める有志議員の会を結成し代表世話人に就任。

2009年自由民主党総裁選挙では河野太郎の推薦人として名を連ねた。谷垣禎一陣営に圧倒的有利の状況下で、自身の後援会を総動員し、地元和歌山県に割り当てられた党員票4票のうち3票を河野支持に確保した[4][5]

2011年4月14日、東日本大震災の復興補正予算が議論される中、復興予算捻出のためのODA削減案に反対する超党派連合のメンバーとして名を連ねる[6][7]

2011年10月1日、父・弘昭の死去を受けて近畿大学の第4代理事長に就任した[8]

2012年7月7日号の週刊東洋経済にて、「(生活保護給付水準の)見直しに反対する人の根底にある考え方は、フルスペックの人権をすべて認めてほしいというものだ。つまり生活保護を受給していても、パチンコをやったり、お酒を頻繁に飲みに行くことは個人の自由だという。しかしわれわれは、税金で全額生活を見てもらっている以上、憲法上の権利は保障したうえで、一定の権利の制限があって仕方がないと考える。この根底にある考え方の違いが大きい。」と生活保護問題に対する見解を示している[9]

2012年10月5日、特別議員総会で、参議院自民党政策審議会長に就任した。併せて、自民党政策調査会長代理に就任した。同年12月26日発足の第2次安倍内閣では内閣官房副長官に就任。

2013年第23回参議院議員通常選挙で4選。同年9月11日、民主党参議院議員の林久美子と再婚していたことが明らかにされた[10]

「自民党の“参謀”」と呼ばれていることについて、非常に誇りに思っていると述べている[11]。一方、世論を操る人間と見なされることには嫌悪感を示し、特に、「自民党のゲッベルス」との評価があったことについては、「これは冗談じゃない。そんなつもりでやってないし、メディアをコントロールしたり操ったりできるなんて思っていませんから、あれは本当に嫌な評価でしたね」と述べている[11]

安倍晋三を深く尊敬し、日本を立て直せる唯一の人物としている[5]。また、「(自由民主党総裁選挙に)安倍さんが出てくれるなら、参謀として粉骨砕身がんばりたいと思う。他の人で参謀をやる気はありません」と述べている[5]

略歴[編集]

政策[編集]

ネットと政治に関する主な活動[編集]

ネット選挙
公職選挙法の改正に向け、自民党選挙制度調査会内に「インターネットを使った選挙運動に関するワーキングチーム」を設置、座長として平成18年5月に改正案をまとめた。その後、法改正の実現化に向け党内の調整を図っている。
医薬品のネット販売規制への批判
2009年6月に施行された改正薬事法に関する省令において、ネット上での医薬品販売(1類・2類)が原則禁止になることに疑義を抱き、施行前に超党派の国会議員に呼びかけシンポジウムを開催、有識者、消費者、事業者とともに医薬品通信販売規制の問題と課題を検証し、緊急共同声明を取りまとめた。
ネットを使った政治献金
2009年6月、民主党参議院議員の鈴木寛らと超党派で「個人献金の拡大に向けた新たな献金スキームに関する提言」をまとめ、全国銀行協会日本クレジット協会へネット献金の一般化を申し入れた。

主な役職等[編集]

著作[編集]

(単行本)

  • 『自民党改造プロジェクト650日』新潮社、2006年。
  • 『プロフェッショナル広報戦略』ゴマブックス、2005年。

(雑誌掲載記事)

  • 「NTTの「2010年問題」わたしの提言 「経営形態はNTTが考えるべき ネット利活用推進が最優先課題」」『日経コミュニケーション』 2009年11月15日号
  • 「政策道場 「特別予算勘定」を創設せよ」『日経ビジネス』 2009年2月16日号
  • 「「安倍圧勝」をデザインする(福田康夫は絶対に出馬する-安倍VS福田参謀インタビュー-)」『文藝春秋』84(11)、2006年。
  • 「すべてセオリー通り、です。(特集 総選挙PART2 徹底検証 メディアの敗北、その時、世論が動いた)『論座』(通号126)、2005年。
  • 「政務官日誌(25)総務省 行政相談を広く国民の身近な存在に」『時評』46(4)(通号493)2004年。
  • 「慣習に流されないために(全公開 国会議員の24時間)『論座』(通号89)、2002年。

脚注[編集]

  1. ^ ノーベル賞・山中教授、独創的“集金術”!マラソンで資金稼ぎも
  2. ^ 安倍内閣「功名が辻」の吉と凶 文藝春秋 2006年11月号
  3. ^ 週刊文春2007年2月1日号
  4. ^ “安倍さんを再び総裁に! あの自民“参謀”が今語る怒り「『ゲッベルス』冗談じゃない」(2/4ページ)”. 産経新聞 (産業経済新聞社). (2012年4月29日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120429/stt12042918000002-n2.htm 2012年9月15日閲覧。 
  5. ^ a b c “安倍さんを再び総裁に! あの自民“参謀”が今語る怒り「『ゲッベルス』冗談じゃない」(3/4ページ)”. 産経新聞 (産業経済新聞社). (2012年4月29日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120429/stt12042918000002-n3.htm 2012年9月15日閲覧。 
  6. ^ 超党派議員がODA削減反対で一致 政府に申し入れへ
  7. ^ 平成23年4月14日第一次補正予算におけるODA削減に関する勉強会
  8. ^ 学校法人 近畿大学 理事長の選任について(お知らせ) 近畿大学ニュース 2011年10月3日閲覧
  9. ^ 生活保護の給付水準下げ自立意欲高める、権利の制限は仕方ない--参議院議員・世耕弘成 | トレンド | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト
  10. ^ 結婚:自民の世耕弘成さんと民主の林久美子さん 毎日新聞 2013年9月11日閲覧
  11. ^ a b “安倍さんを再び総裁に! あの自民“参謀”が今語る怒り「『ゲッベルス』冗談じゃない」(1/4ページ)”. 産経新聞 (産業経済新聞社). (2012年4月29日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120429/stt12042918000002-n1.htm 2012年9月15日閲覧。 
  12. ^ a b c d e f g 毎日jp (毎日新聞社). http://archive.today/3ypZv = 2013参院選 和歌山 世耕弘成 2014年4月19日閲覧。 

外部リンク[編集]

党職
先代:
岩城光英
自由民主党参議院政策審議会長
2012年
次代:
橋本聖子
学職
先代:
世耕弘昭
近畿大学理事長
2011年 - 2013年
次代:
清水由洋