道正邦彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

道正 邦彦(どうしょう くにひこ 1919年10月9日 - 2016年10月26日[1])は、日本官僚内閣官房副長官(事務担当)、労働事務次官

来歴[編集]

東京府立一中旧制静岡高校を経て、1944年、東京帝大法学部政治学科卒業。1947年、労働省に入省し、1973年、労働省労政局長、1975年、労働事務次官となった。1976年、福田赳夫内閣では内閣官房副長官としてダッカ日航機ハイジャック事件成田闘争の交渉にも関わった[2]

1979年以降、中央職業能力開発協会雇用促進事業団理事長財形住宅金融社長、会長(1988年)、1992年から2010年まで中高年齢者雇用福祉協会の理事、会長などを務めた[2]

2010年2月、みんなの党江田憲司議員の国会質問で90歳の元官僚が未だに公益法人の会長を務めていると取り上げられたことをきっかけとして引退した[2]

1994年11月3日叙勲一等瑞宝章

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “元内閣官房副長官の道正邦彦さん死去” (日本語) (HTML) (プレスリリース), 朝日新聞, (2016年11月4日), http://www.asahi.com/articles/ASJC462CSJC4UTFK00W.html 2016年11月4日閲覧。 
  2. ^ a b c 週刊現代 2010年5月1日号

関連項目[編集]