田中不破三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中 不破三(たなか ふわぞう、1901年明治34年)12月28日 - 1994年平成6年)3月8日[1])は、日本の鉄道官僚政治家衆議院議員内閣官房副長官

経歴[編集]

宮崎県出身[1]第一高等学校を卒業。1926年12月、高等試験行政科試験に合格。1927年東京帝国大学法学部政治学科を卒業。鉄道省に入省し広島駅助役となる[2]

以後、鉄道省事務官広島鉄道局経理部長、鉄道省監督局総務課長、同総務局主計課長、大臣官房文書課長、情報局情報官、技術院参技官、鉄道監、門司鉄道局長、鉄道総局総務局長などを歴任[3]

1949年1月、第24回衆議院議員総選挙宮崎県第2区民主党から出馬し当選。衆議院人事委員長、民主党政調会副会長、自由党副幹事長を歴任。1952年10月の第23回総選挙で落選し、衆議院議員を一期務めた。1953年3月から1954年12月まで、第4次吉田内閣第5次吉田内閣の内閣官房副長官に在任[4]

その他、鉄建建設興業 (株) 取締役を務めた[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『現代物故者事典 1994~1996』357頁。
  2. ^ 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』260頁。
  3. ^ a b 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』361頁。
  4. ^ 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』468頁。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『現代物故者事典 1994~1996』日外アソシエーツ、1997年。