郡祐一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
郡 祐一
こおり ゆういち
生年月日 1902年3月16日
出生地 茨城県大洗町
没年月日 (1983-12-28) 1983年12月28日(満81歳没)
出身校 東京帝国大学法学部
前職 内務省
所属政党 自由党→)
自由民主党
称号 参議院永年在職議員

日本の旗 第30代 法務大臣
内閣 第1次田中角栄内閣
在任期間 1972年7月7日 - 1972年12月22日

日本の旗 第24代 郵政大臣
内閣 第1次佐藤第1次改造内閣
在任期間 1965年6月3日 - 1966年8月1日

内閣 第1次岸改造内閣
在任期間 1957年7月10日 - 1958年6月12日

選挙区 茨城県地方区
当選回数 6回
在任期間 1950年6月4日 - 1974年7月7日
1975年4月27日 - 1983年7月9日

在任期間 1947年2月4日 - 1947年4月12日
テンプレートを表示

郡 祐一(こおり ゆういち、1902年(明治35年)3月16日 - 1983年昭和58年)12月28日)は、日本の政治家官僚

参議院議員(6期)、自治庁長官(9代)、郵政大臣(24代)、法務大臣(30代)を歴任。

来歴・人物[編集]

茨城県大洗町出身。旧制芝中学校(現芝中学校・高等学校)等を経て、東京帝国大学法学部卒業後内務省入りし、内閣官房副長官を経て、1950年第2回参議院議員通常選挙自由党公認で茨城県選挙区から立候補し当選(以後当選6回)。自治庁長官(第1次岸信介内閣)・郵政大臣(第1次佐藤栄作内閣)・法務大臣(第1次田中角栄内閣)・自由民主党参議院会長・党紀委員長などを歴任した。

1974年第10回参議院議員通常選挙で落選するが、1975年竹内藤男の茨城県知事選挙出馬に伴う補欠選挙で復帰、1983年の第13回参議院議員通常選挙で自由民主党新人の曽根田郁夫、日本社会党公認の高杉廸忠に敗れ、落選するまで務めた。

1982年に大洗町名誉町民。1983年12月28日死去。享年81。

選挙歴[編集]

当落 選挙 施行日 選挙区 政党 得票数 得票率 得票順位
/候補者数
比例区 比例順位
/候補者数
第2回参議院議員通常選挙 1950年6月4日 茨城県地方区 自由党 181,069 30.2 1/6 - -
第4回参議院議員通常選挙 1956年7月8日 茨城県地方区 自由民主党 155,658 23.8 2/4 - -
第6回参議院議員通常選挙 1962年7月1日 茨城県地方区 自由民主党 309,212 42.2 1/5 - -
第8回参議院議員通常選挙 1968年7月7日 茨城県地方区 自由民主党 404,669 53.0 1/4 - -
第10回参議院議員通常選挙 1974年7月7日 茨城県地方区 自由民主党 274,641 24.9 3/5 - -
第9回参議院議員補欠選挙 1975年4月27日 茨城県地方区 自由民主党 567,927 65.0 1/3 - -
第11回参議院議員通常選挙 1977年7月10日 茨城県地方区 自由民主党 336,265 33.8 1/5 - -
第13回参議院議員通常選挙 1983年6月26日 茨城県選挙区 自由民主党 258,102 28.6 3/4 - -
当選回数6回 (参議院議員6)
議会
先代:
寺尾豊
日本の旗 参議院議院運営委員長
第13代:1955年
次代:
石原幹市郎
先代:
中山福蔵
日本の旗 参議院法務委員長
1953年 - 1954年
次代:
高橋進太郎
公職
先代:
前尾繁三郎
日本の旗 法務大臣
第30代:1972年
次代:
田中伊三次
先代:
徳安実蔵
日本の旗 郵政大臣
第24代:1965年 - 1966年
次代:
新谷寅三郎
先代:
田中伊三次
日本の旗 自治庁長官
第9代:1957年 - 1958年
次代:
青木正
党職
先代:
平井太郎
自由民主党参院議員会長
第8代:1968年 - 1973年
次代:
安井謙