李家隆介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
李家隆介

李家 隆介(りのいえ たかすけ、慶応2年8月1866年) - 1933年7月23日)は、日本の内務官僚政治家県知事錦鶏間祗候下関市長。

経歴[編集]

長州藩御典医・李家隆彦の長男として京都で生まれる。京都府中学校神田共立学校大学予備門第一高等中学校を経て、1890年7月、帝国大学法科大学政治科を卒業。1891年4月、内閣試補となり、同年7月、内務省に転じ内務試補となった。

以後、大分県富山県の各参事官岡山県神奈川県の各書記官などを歴任。

1902年12月、富山県知事に就任。以後、石川県知事、静岡県知事、長崎県知事を歴任。1917年3月、長崎県知事を辞任し退官。同年12月15日、錦鶏間祗候を仰せ付けられた[1]1920年から1922年まで下関市長に在任した。

栄典・授章・授賞[編集]

位階
勲章等
外国勲章佩用允許

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第1613号、大正6年12月17日。
  2. ^ 『官報』第3721号「叙任及辞令」1895年11月21日。
  3. ^ 『官報』第4918号「叙任及辞令」1899年11月21日。
  4. ^ 『官報』第5547号「叙任及辞令」1901年12月27日。
  5. ^ 『官報』第468号「叙任及辞令」1914年2月21日。
  6. ^ 『官報』第6450号「叙任及辞令」1904年12月28日。
  7. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1907年3月31日。
  8. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  9. ^ 『官報』号外「辞令」1922年6月22日。
  10. ^ 『官報』第5778号「叙任及辞令」1902年10月6日。
  11. ^ 『官報』第7415号「叙任及辞令」1908年3月18日。

参考文献[編集]

  • 東京帝国大学編『東京帝国大学一覧 從大正2年 至大正3年』東京帝国大学、1913-1924年。
  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 『20世紀日本人名事典 そ-わ』日外アソシエーツ、2004年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 「内閣・李家隆介内閣試補被命ノ件」国立公文書館 請求番号:本館-2A-018-00・任A00242100

外部リンク[編集]