平塚広義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本の政治家
平塚 広義
ひらつか ひろよし
Hiratsuka Hiroyoshi.jpg
生年月日 1875年9月2日
出生地 山形県最上郡新庄小田島町
没年月日 (1948-01-26) 1948年1月26日(72歳没)
出身校 東京帝国大学
前職 台湾総督府総務長官
称号 正三位勲二等
配偶者 平塚シゲ

選挙区 勅選
在任期間 1939年12月19日 - 1947年5月2日
テンプレートを表示

平塚 広義(ひらつか ひろよし、旧字体 : 平塚 廣義1875年9月2日 - 1948年1月26日)は、日本内務官僚[1]。1府3県の知事、台湾総督府総務長官貴族院勅選議員などをつとめた。正三位勲二等山形県士族[1]。父は新庄藩士平塚榮次郎[1]、弟は蚕糸学者文化功労者平塚英吉、長男は俳優著述家九重京司(本名・平塚広雄)である[2][3]

来歴[編集]

  • 1875年(明治8年)9月2日 - 山形県最上郡新庄小田島町(現在の同県新庄市小田島町)に生まれる[1]。やがて第二高等学校に進学する。
  • 1902年(明治35年)3月 - 東京帝国大学法科大学政治科を卒業、内務省に入省する。三重県事務官・警察部長、新潟県事務官・警察部長、神奈川県事務官・警察部長、愛媛県・新潟県・兵庫県内務部長を歴任。
  • 1916年(大正5年)6月2日 - 1922年(大正11年)10月16日 - 栃木県知事を務める。
  • 1922年(大正11年)10月16日 - 1923年(大正12年)10月25日 - 長崎県知事を務める。
  • 1923年(大正12年)10月25日 - 1925年(大正14年)9月16日 - 兵庫県知事を務める。
  • 1925年(大正14年)9月16日 - 1929年(昭和4年)7月5日 - 東京府知事を務める。
  • 1932年(昭和7年)1月13日 - 1936年(昭和11年)9月2日 - 台湾総督府総務長官を務める。台湾拓殖副社長を兼務。
  • 1939年(昭和14年)12月19日 - 貴族院勅選議員に勅任される。当時は正三位勲二等。
  • 1947年(昭和22年)5月2日 - 貴族院廃止に伴い、貴族院議員を失職。
  • 1947年(昭和22年)6月3日 - 参議院 全国選出議員選挙管理委員会委員および同委員長を辞任する。
  • 1948年(昭和23年)1月26日 - 死去。満72歳没。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 臺灣新聞[1935], p.26.
  2. ^ キネ旬[1979], p.207-208.
  3. ^ 九重京司コトバンク、2015年3月10日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

画像外部リンク
台北寄基隆市信封
1935年9月30日付
(平塚筆の封書)


公職
先代:
木下信
日本の旗 台湾総督府総務長官
第14代:1932年 - 1936年
次代:
森岡二朗