赤池濃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
赤池濃

赤池 濃(あかいけ あつし、1879年1月27日 - 1945年9月10日)は、日本の内務官僚政治家静岡県知事警視総監貴族院議員

経歴[編集]

長野県埴科郡南条村(現・坂城町)出身[1]。赤池七右衛門の長男として生まれる。東京府立一中第一高等学校を経て、1902年7月、東京帝国大学法科大学法律学科(独法)を卒業。内務省に入り、京都府属となり内務部第一課に配属。同年11月、文官高等試験行政科試験に合格。1904年5月、内務属・大臣官房秘書課兼地方局勤務となり、以後、福島県参事官、同県事務官滋賀県事務官・警察部長、愛知県事務官・警察部長、兵庫県事務官・警察部長などを歴任。

1913年6月、内務省本省に戻り内務書記官に就任。以後、地方局府県課長、内務監察官、兼内務省参事官などを務め、1918年5月、静岡県知事に就任。1919年8月、朝鮮総督府に転じ、内務局長となり、さらに警務局長を務めた。

1922年6月、内閣拓務局長官に就任。同年10月、警視総監となり、1923年9月1日の関東大震災を迎えるが、同月5日に辞任。同年8月、貴族院勅選議員に任じられ、同和会に属して死去するまで在任した。1924年1月7日、警視総監に再任され[2]、同年6月まで務めた。

人物[編集]

反ユダヤ主義の思想を持ち、「日本民族会」や「国際政経学会」という反ユダヤ主義を研究する団体[要出典]の主要メンバーであった。貴族院でも反ユダヤ主義的な質問を行っている[3]

著作[編集]

  • 『孔子 - 万世の師』玄黄社、1928年。
  • 『政教より観たる論語新釈』早稲田大学出版部、1930年。
  • 『明の君臣の亡命と其の庇護』神乃日本社、1938年。
  • 『支那事変と猶太人』政経書房、1939年。

親族[編集]

  • 長男 赤池健(内務省官吏)

脚注[編集]

  1. ^ 平成23年10月のできごと‐坂城町
  2. ^ 『官報』第3411号「叙任及辞令」1924年1月9日。
  3. ^ 松浦寛『ユダヤ陰謀説の正体』ちくま新書、1999年。 ISBN 4-480-05823-0

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本近現代人物履歴事典』東京大学出版会、2002年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』1990年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。


公職
先代:
宇佐美勝夫
(内務部長官)
日本の旗 朝鮮総督府内務局長
第2代:1919 - 1919
次代:
大塚常三郎
先代:
野口淳吉
日本の旗 朝鮮総督府警務局長
第2代:1919 - 1922
次代:
丸山鶴吉