高橋守雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
警視総監在任中の高橋守雄

高橋 守雄(たかはし もりお、1883年明治16年)1月1日[1] - 1957年昭和32年)5月6日[2])は、日本の内務官僚である。

来歴・人物[編集]

熊本県上益城郡浜町(現山都町)に生まれる。士族・高橋彌八郎の長男[3]

済々黌を経て1908年東京帝国大学法科大学を卒業し、高等文官試験に合格。翌年内務省に入り、警視庁警視となる。1910年、家督を相続する[4]

その後、石川県事務官警察部長、岐阜県警察部長、新潟県警察部長、新潟県内務部長、京都府内務部長、内務監察官等を経て、1922年に第7代熊本市長となった。熊本市長時代には、市内の近代化を推進し、上水道や市電の整備、旧十三連隊跡の市街地編入の三大事業を完成させた。

その後も順調に昇進を続け、滋賀県知事、長野県知事、兵庫県知事、台湾総督府総務長官等を歴任した。そして、1934年、第34代警視総監に就任した。

退官後は熊本に帰り、1941年東洋語学専門学校理事、戦後は同校長となっている。同校は1950年、熊本短期大学となり、1954年4年制度の熊本商科大学を開校させ、初代学長になっている。同校は現在熊本学園大学となった。また、熊本市は彼の功績を讃え、熊本市名誉市民とした。また、彼は熊日社会賞を受賞、熊本県近代文化功労者にもなっている。

1957年に死去した。

龍田寮事件解決に貢献[編集]

ハンセン病患者の子弟の通学問題でこじれた龍田寮事件(黒髪校事件ともいう)を解決するために、ハンセン病患者の子弟3人を自宅に引き取り、問題の解決に大いに貢献した。

備考[編集]

  • 熊本城の近くにある「高橋公園」は、市の近代化に功績のあった彼の名からつけられたものである。
  • 熊本学園大学には彼を記念とした「高橋守雄記念ホール」がある。

家族・親族[編集]

高橋家

熊本市北坪井町[3]、東京目黒区上目黒[4]

  • 父・彌八郎(熊本県士族[3]
  • 母・キツ(熊本士族、渡邊源内の四女)[3]
1859年 -
  • 妻・東京士族、松南千秋の妹)[3]
1888年 -
  • 男・時中(銀行員)[4]
1911年 -
1914年 -
  • 同妻(大阪、新田宗一の二女)[4]
1917年 -
1919年 -
親戚
  • 新田宗一(実業家) - 新田帯革製造所(現ニッタ)代表。二男の妻の父。

脚注[編集]

  1. ^ 『新編日本の歴代知事』701頁。
  2. ^ 『朝日新聞』(東京本社発行)1957年5月6日夕刊7頁。
  3. ^ a b c d e 『人事興信録 第7版』た105-106頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年7月30日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g 『人事興信録 第14版 下』タ149頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年7月30日閲覧。

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第7版』人事興信所、1925年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第14版 下』人事興信所、1943年。
  • 熊本教育振興会編『肥後の人物ものがたり』熊本教育振興会、1988年
  • 中村勝実『警廃事件-われら警察を奪回す』(1994年)
  • 熊本県退職校長会 「近代熊本の基礎を築く 高橋守雄」 pp88-89 『熊本教育の人的遺産』(2010年)
  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。


公職
先代:
人見次郎
日本の旗 台湾総督府総務長官
第12代:1931年
次代:
木下信
先代:
佐柳藤太
Flag of Kumamoto, Kumamoto.svg 熊本市長
第7代:1922年 - 1925年
次代:
辛島知己