川島純幹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
川島純幹

川島 純幹(かわしま すみもと / じゅんかん、1863年12月12日文久3年11月2日)- 1920年大正9年)10月25日)は、日本の教育者内務官僚師範学校長、県知事玄洋社社員[1]。旧名・甚太郎[1]


経歴[編集]

筑前国出身。川島計の長男として生まれる。1886年帝国大学法学部を卒業。1892年2月、鹿児島高等中学造士館教授に就任し、同年12月、同舎監を兼任。1893年8月、佐賀県尋常師範学校長となり、さらに奈良県尋常師範学校長を務めた。

1897年5月、内務省に転じ滋賀県参事官に就任。以後、三重県警察部長、佐賀県大分県千葉県鳥取県の各書記官和歌山県事務官・第一部長兼第三部長[2]などを歴任。

1907年1月、滋賀県知事に就任し、1912年12月に休職。1913年2月、鳥取県知事となり、1914年6月に休職。1917年1月、福井県知事に就任。1919年4月に退任した。

栄典[編集]

著書[編集]

  • 『衆議院議員選挙要論』敬業社、1889年。
  • 『米国史』博文館、1890年。
  • 『日本歴史講義 第1集』敬業社、1891年。

脚注[編集]

  1. ^ a b 石瀧豊美『玄洋社・封印された実像』海鳥社、2010年、玄洋社社員名簿31頁。
  2. ^ 『官報』第6925号、明治39年7月30日。
  3. ^ 『官報』第7499号「叙任及辞令」1908年6月26日。
  4. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。

参考文献[編集]

  • 上田正昭他『日本人名大辞典』講談社、2001年。
  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。