武井守正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
武井守正

武井 守正(たけい もりまさ、天保13年3月25日1842年5月5日) - 大正15年(1926年12月4日)は日本武士姫路藩士)、政治家実業家幼名寅三。鳥取県再置後第2代知事男爵。作曲家武井守成の父。

経歴[編集]

父は姫路藩士・武井領八。藩校好古堂に学び安政4年(1857年)専業生に抜擢され、京都の宮原潜叟に儒学を、大坂の萩原広道に国学を学ぶ。

帰藩後好古堂授読を命ぜられたが、勤王派に加盟、国事に奔走し捕らえられた。維新後出獄し新政府に出仕。白石県権知事、平県権令などを歴任、内務省・農商務省各局長などを経て明治21年(1888年)10月鳥取県知事となり、明治24年(1891年)4月まで在任。明治25年(1892年)1月21日石川県知事に任命されたが、2月2日依願免官となる。明治24年(1891年)12月22日、貴族院勅選議員に任ぜられ[1]、大正12年(1923年)7月、枢密顧問官に転じた。

明治26年(1893年)から実業界に転じ帝国海上保険、日本商業銀行、明治商業銀行などを創立し役員となった。明治40年(1907年男爵を授けられた。1909年11月21日、錦鶏間祗候に任じられた[2]

栄典[編集]

系譜[編集]

武井家
  
武井領八━━武井守正━━武井守成

その他[編集]

明治11年(1878年竹橋事件を探知したのは有名。

鳥取県民に好感をもたれ、離任に際し県民の留任運動が起きている。

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第2546号、明治24年12月23日。
  2. ^ 『官報』第7950号、明治42年12月22日。
  3. ^ 『官報』第1932号「叙任及辞令」1889年12月5日。
  4. ^ 『官報』第6138号「叙任及辞令」1903年12月16日。
  5. ^ 『官報』第7273号「授爵・叙任及辞令」1907年9月25日。
  6. ^ 『官報』第1252号「叙任及辞令」1916年10月2日。
  7. ^ 『官報』第1499号・付録「辞令二」1931年12月28日。

参考文献[編集]

  • 『鳥取県大百科事典』(編集・新日本海新聞社鳥取県大百科事典編集委員会)1984年 545頁
  • 『日本の名家・名門 人物系譜総覧』 新人物往来社 2003年 411頁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


日本の爵位
先代:
叙爵
男爵
武井(守正)家初代
1907年 - 1926年
次代:
武井守成