神山郡廉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

神山 郡廉(こうやま くにきよ、1829年2月16日(文政12年1月13日) - 1909年明治42年)8月20日[1])は、幕末土佐藩士、明治期の内務官僚政治家県令元老院議官貴族院男爵議員錦鶏間祗候。通称・左多衛。雅号・郡風、君風[2]

経歴[編集]

土佐国高知城下中島町で、土佐藩士・神山久左衛の五男として生まれ、神山左平の養子となる。吉田東洋により藩の要職に抜擢された。慶応元年(1865年)、大目付に就任。慶応2年(1866年)、第二次長州征討に当たって、家老・福岡宮内と共に広島に赴き、幕府からの出兵督促を拒否した。慶応3年10月1867年)の大政奉還において、建白書に連署した[2]

王政復古後、慶応3年12月12日1868年1月3日)、参与に就任。以後、徴士、内国事務掛、行政官弁事、弁官事、職務進退撰挙掛、刑法官副知事などを歴任。明治4年11月25日1872年1月5日)、長浜県権令に就任。その後、長浜県が犬上県に改称された[3]

明治5年9月28日1872年10月30日)、島根県権令に転任。島根県集議所の開設、殖産振興、教育振興に尽力[4]1873年10月、和歌山県権令に転任。1874年10月、同県令に昇進。1875年6月から同年10月まで五等判事を兼任[3]。10年という長期間、県政を担った[5]1883年10月20日、県令を依願免本官となる[3]

1884年1月、元老院議官に就任。1887年5月24日、男爵を叙爵[6]1888年2月、高等法院陪席裁判官に就任[3]1890年7月、帝国議会開設に当たり貴族院男爵議員に選出された[7]。同年10月20日、錦鶏間祗候となる[8]1904年7月、任期満了により貴族院議員を退任[7]

晩年は悠々自適の生活を送り、貫名海屋の書の収集家として知られていた[2]

栄典[編集]

位階
勲章等

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『明治過去帳』新訂初版、1124頁。
  2. ^ a b c 『明治維新人名辞典』392頁。
  3. ^ a b c d 「職務進退・元老院 勅奏任官履歴原書 神山郡廉」
  4. ^ 『新編日本の歴代知事』777頁。
  5. ^ 『新編日本の歴代知事』733頁。
  6. ^ 『官報』第1169号、明治20年5月25日。
  7. ^ a b 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』71頁。
  8. ^ 『官報』第2195号、明治23年10月22日。
  9. ^ 『官報』第994号「叙任及辞令」1886年10月21日。
  10. ^ 『官報』第3266号「叙任及辞令」1894年5月22日。
  11. ^ 『官報』第6573号「叙任及辞令」1905年5月31日。
  12. ^ 『官報』第1928号「叙任及辞令」1889年11月30日。
  13. ^ 『官報』第2251号「叙任及辞令」1890年12月27日。
  14. ^ a b 『平成新修旧華族家系大成』上巻、587頁。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 日本歴史学会編『明治維新人名辞典』吉川弘文館、1981年。
  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』上巻、霞会館、1996年。
  • 安岡昭男編『幕末維新大人名事典』上巻、新人物往来社、2010年。
  • 大植四郎編『明治過去帳』新訂初版、東京美術、1971年(原著私家版1935年)。
  • 太政官「職務進退・元老院 勅奏任官履歴原書 神山郡廉」慶応3年。国立公文書館 請求番号:本館-2A-031-09・職00149100


日本の爵位
先代:
叙爵
男爵
神山(郡廉)家初代
1887年 - 1909年
次代:
神山郡昭