香川輝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
香川輝

香川 輝(かがわ てる、文久2年1月1862年) - 1923年大正12年)3月28日)は、日本内務官僚政友会県知事貫心流剣術の使い手で剣道五段

経歴[編集]

周防国出身。長州藩士・香川東一の二男として生まれる。大学予備門で学んだ。山岡鉄舟道場剣術を修練。

1881年7月、外務省に入り、後に内務省に転じた。1892年8月、秋田県書記官に就任。以後、内務省警保局主事沖縄県書記官鳥取県内務部長、佐賀県書記官、茨城県内務部長などを歴任。

1900年4月、鳥取県知事に就任。以後、佐賀県知事、朝鮮慶尚南道長官福井県知事を歴任。1919年4月、岡山県知事となる。県内における政友会勢力の拡張のため、1919年9月の県会議員選挙、1920年5月の第14回衆議院議員総選挙において選挙干渉を行った。1922年6月に岡山県知事を辞した。

栄典[編集]

著作[編集]

  • 『剣道極意』大正書院、1916年
  • 『袖珍剣道極意俗解』大正書院、1916年

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1907年3月31日。
  2. ^ 『官報』第7193号「叙任及辞令」1907年6月22日。

参考文献[編集]

  • 上田正昭他『日本人名大辞典』講談社、2001年。
  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。