沖守固

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
沖守固

沖 守固(おき もりかた、1841年8月13日天保12年6月27日) - 1912年10月7日)は、幕末鳥取藩士絵師明治内務官僚政治家元老院議官貴族院議員、錦鶏間祗候男爵。幼名は鶴、貞一郎、探(丹)三。号は九皐。

経歴[編集]

鳥取藩士・江戸詰絵師、沖一峨の長男として江戸で生まれる。父から画を学ぶ一方、漢文を萩原緑野、萩原没後は大橋訥庵に学ぶ。文久元年(1861年)沖家八代目を継ぐ(支配米30俵5人扶持、その外に年銀20枚)。同年11月には妹のちゑが、藩主池田慶徳の夫人・寛子のお付小姓として召し出されている。文久3年(1863年)御国勝手を命じられ4月に鳥取に移ったが、6月には藩主の伴として上京そのまま滞留を命じられ、周旋方として政務に奔走することになる。

明治2年(1869年)、徴士として新政府に出仕。鳥取藩権大参事大蔵省七等出仕などを歴任。明治4年11月1871年12月)、岩倉使節団に随行し欧米に遣わされ、自費で留学のためイギリスに留まった。

1878年1月に帰国し、同年8月、内務省に入り内務少書記官となる。1879年12月、群馬県大書記官に転じ、さらに外務省に移り少書記官・会計局長を務めた。

1881年11月、神奈川県令に就任し、神奈川県知事、長崎県知事(赴任せず)を歴任。1890年1月、元老院議官となり、同年9月29日、帝国議会開設に伴い貴族院勅選議員に任じられ[1]、死去するまで在任。

1891年4月、滋賀県知事に就任したが、翌月5月に発生した大津事件により辞任。以後、和歌山県大阪府愛知県の各知事を務めた。1900年5月、男爵を叙爵。1903年9月28日、錦鶏間祗候に任じられた[2]

栄典[編集]

位階
勲章等
外国勲章佩用允許

作品[編集]

作品名 技法 形状・員数 所有者 年代 款記・印章 備考
鳥居元忠陣中図 絹本着色 1幅 個人(鳥居家伝来品) 款記「九皐沖鶴薫沐謹寫」[10]
大楠公図 紙本着色 1幅 鳥取県立博物館 1856年 (安政3年)
高士雅会図 紙本着色 1幅 鳥取県立博物館 1857年 (安政4年)
肥後谷山水図 絹本着色 1幅 鳥取県立博物館 1867年 (慶応3年)
詫間樊六之像 紙本着色 1幅 鳥取県立博物館 款記「九皐沖守固(花押)」

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第2182号、明治23年10月6日。
  2. ^ 『官報』第6074号、明治36年9月29日。
  3. ^ 『官報』第4347号「叙任及辞令」1897年12月25日。
  4. ^ 『官報』第7051号「叙任及辞令」1906年12月28日。
  5. ^ 『官報』第1929号「叙任及辞令」1889年12月2日。
  6. ^ 『官報』第2251号「叙任及辞令」1890年12月27日。
  7. ^ 『官報』号外「授爵叙任及辞令」1900年5月9日。
  8. ^ 『官報』第5098号「叙任及辞令」1900年7月2日。
  9. ^ 『官報』第583号「賞勲叙任」1885年6月12日。
  10. ^ 中野正人(壬生町立歴史民俗資料館)編集 『壬生町合併50周年記念 大名鳥居家展』 壬生町 壬生町教育委員会、2005年10月15日、p.20。
  11. ^ 『平成新修旧華族家系大成』上巻、355頁。

参考文献[編集]

  • 『鳥取県の自然と歴史 -5- 藩政時代の絵師たち』 鳥取県立博物館、1983年3月30日。2013年1月31日に改訂版
  • 福井淳人 「沖守固 ─御用絵師から男爵へ」(社団法人 霞会館編 『大開港展シリーズ 第5回 岩倉使節団 内なる開国』 社団法人 霞会館〈霞会館資料第17輯〉、1993年7月、pp.206-217。霞会館資料展示委員会編集 『近代への曙と公家大名』 社団法人霞会館、1994年10月、pp.173-187)
  • 平成十年度 資料調査報告書 第二十六集 ─旧鳥取藩士・男爵 沖守固家資料─PDF)』 鳥取県立博物館、1999年3月31日
辞典類

ギャラリー[編集]

外部リンク[編集]


日本の爵位
先代:
叙爵
男爵
沖(守固)家初代
1900年 - 1912年
次代:
沖貞男