安場保和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
安場保和
やすば やすかず
Yasuba Yasukazu.jpg
安場保和
生年月日 天保6年4月17日1835年5月14日
出生地 日本の旗 日本 肥後国熊本藩
没年月日 (1899-05-23) 1899年5月23日(64歳没)
親族 後藤新平(娘婿)
テンプレートを表示

安場 保和(やすば やすかず、天保6年4月17日1835年5月14日) - 明治32年(1899年5月23日は、近代日本草創期の男性官僚政治家明治維新に功があり、華族に列して男爵となる。

肥後細川藩出身で薩摩長州藩閥政府と微妙な距離を保ちながらも、東北北海道地方の開発と近代化、草の根からの人材発掘に生涯を捧げる。福島県安積疏水オランダの技師、ファン・ドールンの招聘によって進めたのはその典型。当初の構想である東北地方を横貫して阿武隈川から猪苗代湖にいたり阿賀野川に抜ける大運河構想を破棄し鉄道建設に取って代わらせ、疏水方式による通航が出来ない通水のみの機能に絞って実現した。それにより、現在の郡山地方周辺の開発に土台を築いた功績は大きい。また、十綱橋の福島県費を使った建設をも行うなど、人心の慰留につとめた。

経歴[編集]

栄典[編集]

親族[編集]

  • 後藤新平の妻和子は、安場保和の次女[5]。胆沢県大参事時代に後藤新平、斎藤実を書生として引き立て、岩倉使節団帰国後の福島県令時代には、後藤新平を、福島洋学校須賀川医学校に紹介。
  • 養子 安場末喜(実業家・貴族院議員、安場保和の長女と結婚)

エピソード[編集]

  • 安場は、租税権頭に就任後、岩倉使節団の一員として米国を視察中に、自身の英語が通じないことがわかったため、「自分が同行するのは税金の無駄遣いだ」として使節団への同行を中止し日本に帰国したとされる[6]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第3880号、明治29年6月6日。
  2. ^ 『官報』第1476号「叙任及辞令」1888年6月2日。
  3. ^ 『官報』第1929号「叙任及辞令」1889年12月2日。
  4. ^ 『官報』第2207号「叙任及辞令」1890年11月6日。
  5. ^ 『日本の有名一族』、179頁。
  6. ^ 鶴見, 加藤 & 黒川 (2006, pp. 90-91)、『久米博士90年回顧録』下巻からの引用として。このため、日本史家のマリウス・B・ジャンセンの著書の中で安場は「岩倉使節団の中でただ1人の落第生」と評されている(同)。

参考文献[編集]


公職
先代:
武田敬孝
胆沢県知事(大参事)
第2代:1870年
次代:
嘉悦氏房
日本の爵位
先代:
叙爵
男爵
安場(保和)家初代
1896年 - 1899年
次代:
安場末喜