野手耐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
野手耐

野手 耐(ので たえる、1876年明治9年)8月17日 - 1945年昭和20年)8月6日[1])は、日本の朝鮮総督府内務官僚弁護士。官選県知事同志社高等商業学校長。

経歴[編集]

茨城県豊田郡(現下妻市)出身。自由民権運動家・野手一郎の長男として生まれる[1]同志社普通学校[2]第二高等学校を経て、1904年東京帝国大学法科大学を卒業。同年11月、文官高等試験行政科試験に合格。大蔵省に入省し主税局属となる[3][4]

その後、統監府に転じ、以後、朝鮮総督府鎮南浦税関長、同釜山税関長、同事務官、同逓信局海事課長、同海員審判所長、同営林廠長などを歴任し、1924年に退官[1][3]

1927年5月、埼玉県知事に就任[3]。同年11月、和歌山県知事に転任。財政難のため産業振興など必要な経費の他は、相当の節減を実施した。1929年7月、知事を休職[5]。同年8月8日、依願免本官となり退官した[6]。その後、広島市で弁護士として活動[2]

1938年12月、同志社からの懇請で同志社高等商業学校長に就任したが、教員の経験がなく、また同志社本部への強い主張を行ったことなどで軋轢が生じた。そのため、同志社は定年制を適用したため、1941年8月に校長を退職した[2]。その後、再び広島市で弁護士となるが、1945年8月の原爆投下により死去した[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『埼玉人物事典』626頁。
  2. ^ a b c 『同志社百年史 通史編二』1062-1063頁。
  3. ^ a b c 『新編日本の歴代知事』316頁。
  4. ^ 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』185頁。
  5. ^ 『新編日本の歴代知事』743頁。
  6. ^ 『官報』第784号、昭和4年8月9日。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 埼玉県教育委員会編『埼玉人物事典』埼玉県、1998年。
  • 『同志社百年史 通史編二』学校法人同志社、1978年。