関外余男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

関 外余男(せき とよお、1902年明治35年)1月3日[1] - 2000年平成12年)11月8日[2])は、日本の内務官僚。官選埼玉県知事陸軍司政長官。旧姓・乾。

経歴[編集]

石川県金沢市で乾芳久の五男として生まれ、関薫の養子となる[1]第四高等学校を首席で卒業。1924年11月、文官高等試験行政科試験に合格。1925年東京帝国大学法学部を卒業。内務省に入省し千葉県属となる[3]

以後、愛媛県経済部長、福井県書記官警察部長、対満事務局行政課長、徳島県書記官・総務部長、内務省監査官などを歴任[1]1942年8月、陸軍司政長官に発令され、第25軍軍政監部付(スマトラ島)として、ジャンビー州長官を1944年8月末まで務めた[4]

帰国後、内務省調査官、北陸行政協議会参事官、東海北陸行政協議会参事官、東海北陸地方総監府参事官を歴任。1945年8月、埼玉県知事に就任。1946年1月、公職追放となり退官した[1][3]

その後、神戸市助役、神戸市人事委員長、神戸工業監査役を務めた[1]

著作[編集]

  • 『地方官二十年』関外余男、1967年。
  • 『社会福祉の軌跡 : 私の中の歴史』兵庫県社会福祉協議会、1982年。
  • 『老年随想』兵庫県社会福祉協議会、1982年。
  • 『続 老年随想 : 八十過ぎ』兵庫県社会福祉協議会、1986年。
  • 『超老年随想』兵庫県社会福祉協議会、1989年。
  • 『続 超老年随想』兵庫県社会福祉協議会、1992年。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『新編日本の歴代知事』324頁。
  2. ^ 『現代物故者事典 2000-2002』337頁。
  3. ^ a b 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』246頁。
  4. ^ 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』138頁。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 『現代物故者事典 2000-2002』日外アソシエーツ、2003年。