宮脇倫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

宮脇 倫(みやわき りん[1] / ひとし[2]1904年明治37年)3月5日[2] - 1963年昭和38年)3月28日[1])は、日本の内務警察官僚。最後の官選埼玉県知事

経歴[編集]

長野県下伊那郡上郷村(現飯田市)に宮脇金一郎の二男として生まれる[2]第一高等学校を卒業。1926年12月、文官高等試験行政科試験に合格。1927年東京帝国大学法学部政治学科を卒業。内務省に入省し、警視庁に配属された[3]

以後、神田万世橋警察署長、三田警察署長、久松警察署長、警視庁特別警備隊長、新潟県商工水産課長、兵庫県警察部経済保安課長、石川県学務部長、秋田県内務部長、兼秋田県警察部長、茨城県内務部長、厚生省国民保険課長、同錬成体練課長などを歴任[2]

1947年3月、前任の西村実造が知事選に出馬のため辞任したことに伴い埼玉県知事に就任。県議会議員選挙、知事選挙などを執行して同年4月に知事を退任[2]公職追放となる[3]

その後、帝都高速度交通営団理事に就任。その他、埼玉県監査委員、埼玉県建築審査会委員、全日本不動産協会理事、人口と産業問題振興会理事などを務めた[2]

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 1 (政治・経済・社会篇)』1216頁。
  2. ^ a b c d e f 『新編日本の歴代知事』325頁。
  3. ^ a b 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』263頁。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 1 (政治・経済・社会篇)』日外アソシエーツ株式会社、2012年。