飯沼一省

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
いいぬま かずみ
飯沼 一省
Iinuma Kazumi.jpg
生誕 1892年2月15日
福島県若松市
死没 (1982-11-14) 1982年11月14日(90歳没)
出身校 東京帝国大学法学部
職業 内務次官
東京都長官
都市計画協会会長
宅地制度審議会会長
配偶者 南櫂子(南弘長女)

飯沼 一省(いいぬま かずみ、1892年(明治25年)2月15日 - 1982年(昭和57年)11月14日)は日本の内務官僚貴族院議員。戦前から戦後にかけ、日本の都市計画行政を牽引した人物の一人である。妻は南弘の娘・櫂子。

生涯[編集]

福島県会津若松市生まれ。父は白虎隊飯沼貞吉の弟で会津松平家家令・飯沼関弥。小石川の旧黒田小学校(現在の文京五中の敷地)、府立四中一高を経て、東京帝国大学法学部を卒業[1]後、内務省に入省[1]神社局総務課長[1]、都市計画課長[1]埼玉県知事[1]紀元二千六百年式典の事務局長[1]を務めた後、静岡県知事[1]広島県知事[1]神奈川県知事[1]、内務省神社局長[1]神祇院副総裁[1]を歴任した。

第二次世界大戦後1946年に貴族院議員に勅選[1]内務次官を務めた[1]あと、1947年には公選制度が始まる直前の東京都長官を務めた[1]

公職を退いた後は、都市計画協会の理事長や会長を務める傍ら、国土総合開発審議会宅地制度審議会(会長)、あるいは都市計画審議会などのメンバーとして、都市計画に関連する国の行政に協力した。とくに、1949年制定の広島平和記念都市建設法については法案の提出に尽力し、1968年に全面改正された都市計画法に関連しては、改正の方針を検討する宅地審議会の会長、ならびに改正後に新設された都市計画中央審議会の会長として、制度の定着に努力した。また、1960年からは、国際住宅都市計画連合(IFHP)の名誉副会長を務めた。会津会会長[2]。1982年11月14日死去。享年90。

著書[編集]

  • 『都市計画の理論と法制』
  • 『地方計画論』
  • 『都市計画夜話』
  • 『受益者負担論』

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n 『昭和史事典』 毎日新聞社〈別冊1億人の昭和史〉、1980年5月、21頁。
  2. ^ 福島民報 会津会百年(2012年3月1日-3月5日) (PDF)”. みやぎ会津会. 2013年10月20日閲覧。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦著『戦前期日本官僚制の制度、組織、人事』 東京大学出版会
  • 帝国秘密探偵社『大衆人事録 東京篇』(第13版)1939年

外部リンク[編集]

公職
先代:
大村清一
日本の旗 内務次官
第54代:1946年 - 1947年
次代:
斎藤昇